海外先行のボルトロスGXがかみなり強化で強くなった?

ポケモンカードのカードの多くが日本で初収録されることが非常に多いです。

 

しかしながら、一部のカードは海外先行で収録されるケースもあります。海外のみのイラストのカードがあり非常に羨ましい限りです。(トレーナーズボックスに収録すると噂のカプテテフGXのイラスト違いも海外初出です)

 

今回は、海外先行収録のボルトロスGXについて解説します。ボルトロスGXは昨今のかみなりタイプ強化で使いやすくなっており注目が高まっています。

ボルトロスGXの性能は?

ボルトロスGXは

かみなりタイプ

HP180

でんきx1 charge  山札からでんきエネルギーを一枚このポケモンにつける

でんきx3 electric ball 140ダメージ 効果なし

でんきx3 Thundering HurricaneGX 四回コインを投げ表の数x100ダメージ

弱点 とうタイプx2 抵抗力 はがね-20 逃げる2エネルギー

という性能です。

 

でんきタイプのたねポケモンGXにはゼラオラGXがいますので比較されると考えられます。

 

ボルトロスGXの特徴としては上わざは自身のエネ加速で後攻1ターン目に1エネつけてChargeで2エネ目をつける、次のターンで3エネ目を手張りして高打点を狙っていくというカードですね。

 

しかしながら、かみなりタイプは近頃非常に強化を受けているため、カプ・コケコプリズムスターのエネ加速+サンダーマウンテンプリズムスターのエネルギー軽減で後攻1ターン目から140打点をノーリスクで繰り出すことができるのが強みと言えます。

 

かみなりタイプなのでエレキパワー対応であり、カプテテフGXの170点や2進化GXの210打点への調整が容易である点も強いです。ゼラオラGXと違い生き残ればワザが連打できるところが嬉しいですね。

スポンサーリンク

弱点がとうタイプなのは残念!!

ボルトロスは原作のゲームではでんき・ひこうタイプです。

 

ポケモンカードではひこうタイプの弱点はかみなりに設定されており、弱点をずらすことによりバトルを有利に進めることができます。(ダークオーダー収録のサンダーはかみなり弱点でした。)

 

しかしながら、ボルトロスはポケモンカードにおいてかみなりタイプの性質が重視されているようで現在まで一貫してとうタイプが弱点に設定されており、ボルトロスGXに関しても同様の設定となっています。

 

弱点がかみなりならばゼラオラGXやカプ・コケコGXと差別化することができて面白かったのにやや残念な印象です。

スポンサーリンク

海外先行ポケモンGXの収録はいつになる?

現在のところボルトロスの収録パックは不明です。

 

多くのプレイヤーの予想では海外で初出のボルトロスGXはGXウルトラシャイニーに収録されるのではと囁かれています。

 

ハイクラスパックGXウルトラシャイニーにはポケモンGXが40種類近く収録されると噂されており、このタイミングで日本収録される可能性は否定できません。

 

しかしながら、日本新規GXの場合GXウルトラシャイニーのSR、HR枠を食う可能性があるため、SR,HR枠で噂されているシロナやグズマが当たらなくなってしまうため悩ましいかも知れません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事