ポケモンカードプロモカードレッドのピカチュウが転売ヤーの手によって大量に買い占められてしまう。

 

ポケモンカードゲーム人気に便乗した転売ヤーによる買い占めがとまらないようです。

 

8月25日土曜日よりポケモンセンターのオープン20周年を記念して全国のポケモンセンター・ポケモンストア・ポケモンセンターオンラインで拡張パック・強化拡張パック購入ごとに杉森健氏が書いたアートによるプロモカード「レッドのピカチュウ」が配布されました。。

 

サトシのピカチュは20周年にふさわしい、美麗なフルアートのカードで注目を集めていた一枚です。

 

今回、問題になったのは転売目的にボックスを買い漁るいわゆる転売ヤーによるポケモンカードの買い占めであった。

 

昨今、ポケモンカードは空前のブームを迎えており通常の量販店含め品薄状態でパックの品切れが続いていました。

 

そこでこのプロモの配布に合わせて販売される再販ボックスを購入しようと多くの転売ヤーがポケモンセンターに現れたそうです。。

大量に購入された方に記念カードがわたってしまう

今回再販されたボックスは強化拡張パックサンムーン、光る伝説、禁断の光などが再入荷していたが、中には数十万円単位で買い占めを行なったひともいるそうです。

 

そうなった場合今回のプロモは5パックごとに配布を行うため、大量に購入されたかた大量にプロモカードが渡ってしまったようです。

 

その影響もありサトシのピカチュウはヤフーオークション、メルカリ、ショップに多く流出してしまったようです。

注意:写真は参考です。全ての方が転売目的とは限りません

 

大量購入が必要なかたもいるとは思いますが今後は多くのファンにカードが行き届くような配布方法になると良いですね。

 

追記:ポケモンセンターでの配布方法に問題があるということで10月中旬より新たに再配布を行うことが発表されました。公式が対応してくださったことで多くのファンに記念カードが届くことになりそうです。

現在ポケモンカード界隈では転売・品薄・オリパ業者など様々な問題が出現しています。今後もとうサイトでとりあげていきますので宜しくお願いします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事