ウルトラシャイニーのカードリストが公開!!

こんにちは、ポケモンカードニュース.comです。

 

ウルトラシャイニーのカードリストが判明ました。

 

サンムーンシリーズを代表する強力なカードが多数収録されているため既存プレイヤーもこれからポケカを始めようとする方にも非常に嬉しいパックとなりそうです。

 

一方で今回の再録を受け、今まで手に入りにくかった汎用カードの価格が大幅に下落しました。

 

今回はウルトラシャイニーによる価格下落について考えていきます。

カードショップに大打撃!?

今回の価格下落で大きな影響受けているのはやはりシングルカードを扱うカードショップでしょう。

 

強力なポケモンGXやシロナグズマだけでなく、汎用レアノーマルのビーストエネルギー、フーパ、マーシャドー、アローラロコン、鋼鉄のフライパン、まんたんのくすりなど高価買取されていたカードは無数なら存在しています。

 

今回の増産再録を受けポケモンカードバブルは崩壊しつつあるとの見方もあります。

 

上記のような高額汎用カードはすでにメルカリなどでも大幅な価格の低下を認めています。

 

プレイヤーにとっては嬉しい価格下落もカードショップにとっては大損なんですね。

 

その証拠にポケモンカードの買取を一時停止したカードショップもあるようです。

 

このような買取一時停止は遊戯王のリンク召喚実装時の混乱を彷彿させます。リンク召喚とは2017年に遊戯王にあらたに実装された召喚方法であり、遊戯王にとってかなりインパクトのあったルール変更であるり多くのカードの方の価格が暴落し、カードショップが潰れたり、プレイヤーの引退を招いた大きな事件でした。

 

今回のウルトラシャイニーによる価格暴落も新規にポケモンカードを取り扱った店舗に大きな影響をら与えそうです。

 

私はポケモンカードの価格の不安定性からポケモンカードから撤退するショップが増えないかと懸念しています。

カードショップの危機はプレイヤーにとっての危機であることも念頭に置く必要はあるでしょう。

スポンサーリンク

転売屋にも打撃!?

今回のカード価格の暴落はおそらく転売を生業としている方にも大きな影響があると考えられます。

 

転売を生業とする方々は個人で転売を行う方が多いため、カードショップ以上に打撃を受けている可能性があります。

 

「ポケモンカードは儲からない」というイメージがつけば悪質な転売屋も少しづつ撤退していくのではないでしょうか?

 

本日は公式の影響力を強く感じた日になりました。ぜひ増産が続きポケモンカードがプレイしやすくなる日を楽しみにしています。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事