バナナ団のあいさつ

どうも、対戦・開封・デッキ紹介をメインにYoutuber活動しているバナナ団です。
今回は、ダークオーダーで注目を集めたアローラベトベトンデッキを解説したいと思います。

なお、以下から「アローラベトベトンデッキ対スイクンGXデッキ」の対戦動画も視聴できるので、
よかったらチェックしてみてください!

デッキレシピと採用理由

 


まず、確定枠は以下になります。

・アローラベトベトン
・アローラベトベター
・ヤブクロン
・ダストダス
・ハイパーボール
・ネストボール
・シロナ
・グズマ
・リーリエ
・基本超エネルギー

次に、更なる強化が見込める、採用優先度の高いカードです。

・メタモン♢
・ミステリートレジャー
・フィールドブロワー

アローラベトベトンデッキは、1進化メインのデッキであるため、メタモン♢を採用することによって小回りが利くようになります。
ミステリートレジャーは、進化後のダストダスをサーチするために採用しています。
フィールドブロワーは、ベトベトンの「いかものぐい」から漏れてしまった道具を落とす役割と、相手のスタジアム除去するために採用しています。

その他カードの採用理由は以下となります。

・マーシャドー:ミステリートレジャーでサーチ可能かつ相手の初動に対する嫌がらせ行為のため
・カプ・テテフGX:ミステリートレジャーでサーチ可能かつ状況見てサポートをサーチするため
・アセロラ:アローラベトベトンを回収し、使いまわすため
・戒めの祠:非GX主体のデッキであり、GX主体のデッキに対して圧力をかけれるため
・ヤレユータン:サポートのドローソースが少ないため
・スーパーボール:アローラベトベトンをサーチするため ※ タイマーボールでも可

スポンサーリンク

アロベトデッキの回し方

序盤は、アローラベトベトンで相手の山札から道具をトラッシュしていき、相手の盤面作りの邪魔をしてください。
相手の邪魔を優先すると、自身の手札の枯渇が気になりますが、ヤレユータンを採用しているため、あまり気にする必要はないです。

また、ダストダスは超エネルギー1エネで技が繰り出せるので、盤面に並べることを焦る必要はないです。

上記の通りに、順当に相手を邪魔しながら、自身の盤面を整えることができれば、
あとは、グズマ等のサポートを駆使して、相手の盤面をかき回すだけです。

一点注意したいのが、ダストダスはHPが低いため、一撃できぜつさせられてしまうケースが多いです。
そのため、常に後続の準備はするようにしましょう。

スポンサーリンク

アロベトデッキが有利に立ち回れる相手

アローラベトベトンデッキは、マッシブーンGX等の超タイプが弱点のデッキに有利に立ち回ることができます。

現環境(2018年10月28日時点)では、闘タイプのデッキの勢力が上がってきているため、
アローラベトベトンデッキはアドバンテージを持って戦うことができます。
また、闘タイプのデッキはGXポケモンが多いため、サイドを2枚ずつ取ることができ、
サイドレースにもアドバンテージがあります。

また、ダークオーダーのもう一つ注目されているデッキに、
どうぐおとしのニダンギルデッキがありますが、このデッキに対しても有利に戦うことができます。

なぜなら、どうぐおとしのニダンギルデッキは、どうしても道具に頼りがちなデッキであるため、
アローラベトベトンのいかものぐいの餌食にすることができ、
タイプ相性を度外視できるような試合展開を望むことができます。

最後に流行りのズガドーンGXデッキです。
ズガドーンデッキは、アーゴヨンに頼ってしまう弱みがあるため、
超タイプが弱点であるアーゴヨンを餌食にすることで、有利に戦うことができます。

まとめ

アローラベトベトンデッキは○○と○○な強みがあり、
現環境で可能性の秘めたデッキの一つです。

周囲の仲間とは、一風変わったデッキを使ってみたい方に、
アローラベトベトンデッキはいかがでしょうか?

なお、改めて以下から「アローラベトベトンデッキ対スイクンGXデッキ」の対戦動画を視聴することができます。
アローラベトベトンデッキに興味が湧いた方はぜひチェックしてみてください!

それでは皆樣、良いポケカライフを!!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事