こんにちはポケモンカードニュース.comです。

ポケモンカードブームで多数の業者が参入し混乱を極めています。

今回はTwitterで精力的に活動されているポケカポリス@悪徳ポケカ速報@oripa_poliさんから詐欺オリパへの注意喚起やRTキャンペーンへの注意喚起に関する寄稿文をいただきました。

詐欺業者を追放することは完全には難しい状況ですが、今回の記事を読んでいただくことで、詐欺からの自己防衛を行なっていきましょう。

自己紹介

初めまして、今回ポケモンカードニュース.com様からありがたいお話をいただきまして、記事を書かせていただけることになりました。
私はTwitter上でポケモンカードに関する詐欺行為等の注意喚起を行っている者です。

あまりにもオリパ系の詐欺まがいのアカウントがTwitter上に蔓延しているためこういった活動をはじめました。
はじめてみると思ったよりも被害件数が多く、酷い時は毎日のように詐欺被害の相談、被害報告が来ているというのが現在の状況です。

私は専門家というわけではありませんが、今回は詐欺の手口、見分け方などを実例を交えてお伝えし、被害拡大を防ぐためにこのような記事を書かせていただくことになりました。

オリパ(オリジナルパック)について

被害件数が多く、被害額も大きいオリパ詐欺についてですが、まずオリパというのは何なのか?という所から簡単に解説していきます。
オリパはオリジナルパックの略称で、基本的にはカードショップが在庫処分をするために制作する「くじ」です。
大当たりで客を煽り、普段売れないようなカードを処分するのが目的です。

最近増えてきたのは、Twitter上に存在する個人のアカウントがオリパを制作・販売するケースです。
ポケカではほとんどのケースで製作者が利益を得るために作られています。
中身はランダムで、何が入っているのか当然分かりません。

ということを踏まえた上で、どういった詐欺が存在するのかを解説致します。
また、あらかじめお伝えしておきますが、前提として私はオリパ購入を推奨していません。
どうしても買いたいという方のために、比較的安全な買い方をお教えするというのが今回のコンセプトです。

スポンサーリンク

そもそも売れているのか?

ポケカバブルに乗じて「え?そんなのが売れるの?」というのが売れている現状です。
今では毎日のように新しいオリパ販売用のTwitterアカウントが生産されています。
数を数えてみると100以上はありそうです。
売れているという根拠は、それだけ被害報告がたくさん私の方にくるからです。
明らかに怪しいオリパアカウントにお金をわたしてしまい、被害にあう方が後を絶ちません。

スポンサーリンク

詐欺オリパについて

明確に詐欺である、もしくは詐欺であろうというケースです。
手口としては、高額な大当たりを宣伝文句にして1口5000円などの高額なオリパを販売します。
そして買った人にはハズレを大量に送ります。
これによって一度に大きな金額を稼ぐことが出来ます。単純な手口ですね。

このパターンはそもそもの開封報告から不満が続出します。
高額なオリパなので、口数が少なく、明らかに公開されている当たり数よりもハズレが多いことが判明します。

簡単な詐欺にあわないチェック項目

オリパ詐欺師には一定のパターンがあるので、抑えるポイントを知っておけば詐欺には会いません。
そちらの項目を箇条書きで紹介致します。

1.匿名

そのアカウントが匿名販売をしている場合は、絶対に購入をやめましょう。
メルカリ等での匿名決済で、詐欺し放題です。
詐欺をしてアカウントを消して、また作って詐欺をして・・・というループが出来てしまいます。

2.カードが画像(写真ではない)

インターネットからカードの画像を転載して、自分が持っているように見せかけるケースが多いです。
いわゆる「無在庫販売」といいます。持ってないものを持っているようにして売っています。
自分の持っているカードを並べて写真を撮っている所だけから買いましょう。

※大抵このケースは昔の高価カードや、ボックスなど希少なものをカードで出していたりしています。
※信頼のあるネットショップ・カードショップ(本物のお店)の場合はカード画像でも大丈夫です。

3.RTキャンペーンの締切日が遠い未来

大抵のアカウントが
・新規アカウントを作る
・適当にフォローする
・高額カードのプレゼントキャンペーンでフォロワーを得る
・フォロワーが数百人集まったらオリパを販売する

という流れを取ります。
この時、詐欺オリパはRTキャンペーンが終了する前に販売されます。

どういうことかと言いますと、RTキャンペーンが終わる前に詐欺オリパを売り逃げできれば
1円も出さなくてもフォロワーが集まるわけです。その後は逃げるだけでいいですからね。

また、特徴としてこのケースはRTキャンペーンのカードが大抵画像です。
もしくは、メルカリ等の写真を転載してますね。

4.当たり額を計算すると明らかに赤字

これは販売するために手段を選んでいないケースですね。
赤字といっても、ちょっとやそっとであれば仕入れルートを考慮すると黒字になることもあります。

今回言っているのはそういうケースではありません。
どういうことかと言いますと

例えば、5000円100口販売(合計50万円)で大当たりが70万円とか80万円あったらどうでしょう。
明らかに赤字ですよね。ハズレ含めると100万円近くになります。
繰り返しますがオリパ販売は利益を出すためにやっています。赤字を出すためにやっているわけではありません。
ですので、怪しくなります。

5.評判が悪い

これはわかりやすいですね、オリパ屋の名前で検索すると悪い評判がたくさん出てくる所からは買わない方がいいです。

6.販売実績がない

初回販売もこれに当たります。そもそも実績がなく、評判がないケースです。
こういう所からは、賢い人は買わないようにしましょう。
優良オリパであれば次回があるので、その時に買えば良いだけです。
また、初回販売にも関わらず2000円や5000円の高額オリパを出すケースは、さらに詐欺率アップです。

以上6項目が詐欺オリパ回避のチェック項目です。
これらに1つでも当てはまっている所から買った場合は、大損しても自業自得かもしれません。

実店舗のオリパについて

実店舗だから安心かと言われると、全くそうではありません。
少なくとも、ガチャガチャ形式の所は減ったら足すだけ形式なので、大抵当たりが入ってなかったりします。
酷い所はラストワン賞とか書きつつ、売れたら足すだけなので永遠にラストワンに到達しなかったりもします。

これは、TCG業界というものが昔から半分ヤクザのような業者が蔓延しているためでもあります。
いわゆる「アド」を取るために手段を選ばない店もありますし、そういった店のほうが利益が出るため生き残りがちです。

実店舗の場合は長くやっているため、評判を調べれば大抵出てきます。
実店舗のオリパを買う場合は、調べてからにするのがオススメです。

また、ショップであればシングル価格をチェックするのも重要です。
基本的にお店はシングル基準でオリパレートを決定するため、シングルが高い=オリパで損する確率が高い
ということになります。

優良オリパについて

私は「優良オリパ」という単語に違和感を感じるタイプなのですが、ネットオリパでも比較的良心的なところはあります。
個人的な基準ですと、優良な所はメルカリレートで80%以上還元しています。
また、意外かもしれませんが実店舗よりもネット通販のオリパのほうが優良店の還元率は高いです。
これは通販の場合、実店舗よりもかかる経費が少ないためです。
1000円以上のオリパを継続的に売っていて、未だ生き残っているオリパ店は、もしかすると普通のショップより損しないかもしれません。

優良店の特徴は1つです
「当たりを全て明記している」
これにつきます。

一部の大当たりだけを掲載して、全て載せてない所は基本的に詐欺同然です。
「その他にも当たりが」というのはどういう意図があるか考えましょう。
売れてから適当なカードを買いたいとか、当たりを明記するとハズレを出し過ぎた時に突っ込まれるとか
そういった詐欺師の思考が見え隠れしています。

RTキャンペーン詐欺について

最近目につくようになってきたので、こちらも書いておきます。
いわゆる「プレゼント詐欺」です。

手口としては、他人の写真や画像でプレゼントキャンペーンをして人を集めて
食いついた人全員に当選メッセージを送り、アフィリエイトの登録等をさせるケースです。

わかりやすくいうと、プレゼントで人を釣って集めたら、その人達に労働をしてもらって稼ぐモデルです。
もちろん報酬はありません。架空なので。
無料登録をさせれば、アフィリエイト等の報酬で1回数十円〜数百円が入ります。
100人釣れれば数万円になることもあるので、良い小遣い稼ぎになってしまっています。
被害者も何かを失うわけではないので、泣き寝入りしてもらえます。ノーリスクハイリターンですね、恐ろしいです。

反撃方法としては、元締めに通報することで報酬を凍結することが可能です。

見分け方としては目的がプレゼントだけになっているアカウントは大抵詐欺です。
また当選者を発表しないケースも詐欺です。DMで個人に送るとしているケースですね。
こちらは詐欺オリパ屋に多いです。

詐欺プレゼントをRTしてしまうと、被害者がどんどん増えてしまうので気をつけるようにしましょう。

記事としては以上になります。
細かい話をだいぶ省略しましたが、それでもこの長さになってしまいました。
この記事で少しでも詐欺の被害が少なくなれば幸いです。 written by ポケカポリス@悪徳ポケカ速報@oripa_poli

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事