ククイ博士SRが超高騰!!

ポケモンカードニュース.comです。

 

ウルトラシャイニーの発売により多くのカードが適正価格で取引されるようになりデッキ構築が行いやすくなりました。

 

そんな中ククイ博士SRが謎の高騰を見せており買取価格が4000円近くなることもあるようです。

 

今回はククイ博士の高騰をチェックしていきます。

衝撃ククイSR!!

ククイ博士の高額買取は多くのプレイヤーを驚かせました。

 

ククイ博士はSMシリーズ開始当初は弱い博士として認識されていました。

 

確かに2ドロー+打点20アップは非常に強力な効果です。(強欲な壺+打点アップ)

 

しかしながら、当時は最強博士と名高いオーキド博士の系譜を持つプラターヌ博士とNが君臨するXY環境であったためあまり注目を集めることはありませんでした。

 

むしろ「今回の博士は弱すぎる。プラターヌ落ちたらどうなるんだ」と話題になったことは記憶にあたらしいです。

 

そんなククイ博士がついに覚醒しました。プラターヌ博士に下剋上ができるでしょうか?

この高額買取はポケモンカード界隈を震撼させました。

スポンサーリンク

いったいなぜ高騰!?

ククイ博士の高騰の原因としては、打点調整の重要性に注目が集まりつつあるからではないでしょうか?

 

ククイ博士の+20はHP管理のシビアな環境において、相手の計算を狂わせることができます。

 

最近週流になってきた非GXポケモンに対しても打点を挙げることができるため、HP130ラインの地味に倒しにくかった比較的HPの高いたねポケモンを1撃で落とすことができれば一気に巻き返しをはかることができるでしょう。

 

また、スカイフィールドのない新スタンダードレギュレーション環境において、人気のゾロアークGXがカプテテフGXをライオットビートで気絶させていくためには場のポケモン6体x20+こだわりハチマキ(+30)+ククイ博士(+20)=170点を出していかなければなりません。食い尽くされた原野でさらに+10してHP180ラインを狙っていくこともできます。

 

バトル後半戦でうまく使うことができると非常に強力なカードとなるでしょう。

 

一方バトルの前半戦や初手ククイでは2ドローが弱くなってしまうため、タイミングが問われる一枚になりそうです。

スポンサーリンク

地味に再録が少ないノーマルククイもじわり値上がり

ククイ博士自体も再録が少ないカードです。

 

現在コレクションサン、一部のスターターデッキ、プロモでの収録であり比較的流通枚数の少ないカードとなっています。

 

ノーマルカードのククイ博士もじわりじわりと価格が上昇しています。

 

プレイ用であれば現在は100円程度で流通しているので早めに手に入れておいた方が良いかもしれません。

あまり管理をしていない店であればストレージに落ちている可能性もあるカードですので気がついたら集めておくとよいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事