ポケモンカードニュース.com
今回はCL新潟の配信卓で話題となったメタグロスGXデッキを紹介します。
やぎ@メタグロス@Pokemon _YAGI選手はGXスタートデッキのメタグロスからポケモンカードを始め、相棒のメタグロスGXと共にCL新潟に挑み配信卓で活躍、そしてBEST64の好成績を残しています。
「自分自身のデッキを突き詰めて考える」ということを改めて考えさせられるインタビューとなりました。

CL新潟配信宅で話題となったメタグロスGXデッキを紹介

やぎ選手のメタグロスデッキ、色違いのメタグロスラインが非常に美しいですね。配信卓にて「こだわりを感じる」と言われていました。

 

2進化デッキでの採用率が高いアローラキュウコンG Xラインが採用されています。現代ポケカにおいて2進化デッキでは必須級のカードです。

最近注目を集め始めているラグラージ、ダダリンの採用が特徴的です。

 

早速、インタビューをチェックしてやぎ選手の思考・回し方を学んでいきましょう。

やぎ選手へのインタビュー

ポケモンカードニュース.com
こんにちは。CL新潟の配信卓を拝見させていただきましたが一見不利に見えるマッチアップながら、盤面を進めていく姿を楽しく拝見させていただきました。今回はインタビューさせていただき大変光栄です。

ポケモンカードニュース.com
早速ですが、今回のメタグロスGXデッキのコンセプトを教えていただけますか?

やぎ選手
環境に居る大体の相手に殴り勝つ事の出来るメタグロスと言ったコンセプトです。

ポケモンカードニュース.com
シンプルに殴っていくデッキですね。
メタグロスGXは150打点と、高打点ではないという印象もあります。
やはりグッズやサポートカードが大切そうな印象です。
グッズやサポートのポイントを教えていただけないでしょうか?

やぎ選手
1つはククイ博士です。微妙に足りない打点の補助をすると同時に相手の意表を突く事が出来ました。
例を上げるとダダリンを止めてなおかつハチマキの効かないケッキング。
単純に210まで耐久のある1進化GXポケモン等が挙げられます。
他にもダダリンサイド落ちの際にも問題無く打点を出せるように2枚採用しています。2つ目はボール系。特にネストとせせらぎの丘です。
ダンバルとアロコンを展開するためにどうしても枚数が足りないと感じた為、ネスト4投とアロコンとミズゴロウしか対応していないせせらぎの丘を採用しました。
このカードのお陰で試合中ネストでアロコンかダンバルのどちらかを持ってくるか悩まずにダンバルを選びやすくなっていたので負担軽減と言った点でも優秀でした。

ポケモンカードニュース.com
210点まで見ることができるのはエライですね。
ククイやダダリンを想定していないと一気にゲームプランが崩れてしまいそうです。
せせらぎの丘の「迷わないように」というところが強者と連戦が続くCLならではの大切な要素ですね。
実際にデッキを回す際はどのように回していきますか?

やぎ選手
基本的にはダンバルとアロコンを展開させる事と2ターン目にアルゴリズムを唱える事、相手の体力に合わせて打点の調整が出来るように必要牌を握っておく事ですね。

ポケモンカードニュース.com
2ターン目にはアルゴリズムGXですか?
エネ加速をすればギガハンマーが打てそうですが、アルゴリズムGXの方が優先度が高いのでしょうか?

やぎ選手
2ターン目におけるギガハンマーとアルゴリズムの優先度ですがその後の自分の動きが見えてない場合が多いので基本的にはアルゴリズムです。ギガハンマー後の動きが見えてないと言うのは「自分のその後の行動」、詳しく言うと続けてギガハンマーを撃つ体制が整ってなかったりした場合のことです。
ギガハンマーを打つ場合としては相手が非GXでサイドレース不利になる時だけです。

ポケモンカードニュース.com
なるほど、ではアルゴリズムではどのようなカードを持ってくるのでしょうか?
5枚の確定サーチはあらゆる盤面を展開できそうです。

やぎ選手
最重要なのは後続のメタグロスを立てる為のパーツ。
次にギガハンマーやはくぎんのかぜの為のエネ、その後は基本的に自由で打点調整のパーツや、サイドを巻き返せる満たんグズマのセット等が選択肢に入ります。

ポケモンカードニュース.com
ありがとうございます。
次にメタグロスGXデッキの得意なデッキタイプ・苦手なデッキタイプを教えていただけないでしょうか?

やぎ選手

こちらがワンパン出来、なおかつ相手が250を出すことの出来ないデッキに対しては満たんの薬で耐久する事が出来る為かなり有利です。基本的にはルガゾロ、キュウコンマッシルガン、特殊エネ型ジラサン等です。

逆に不利なのはメタグロスがワンパンする事が出来ないデッキや炎、(ダメージが)青天井系ですね。
サイドが不利になりがちで苦しいゲーム展開が多いです。
基本エネのジラサンやズガドーン、レックウザ、ウルネクがここに入ります。
一応青天井系は同じ速度でサイドを取ることが出来るので先に動ければ充分勝つ事が可能です。

ポケモンカードニュース.com
強者との戦いが続くチャンピオンズリーグですが、戦ってみた感想を教えていただけますか?

やぎ選手
予想してたよりアルゴリズムを妨害された回数が少なくアルゴリズムで加えたカードから安定してプラン通りに戦えたと思います。
今回自分の目標としては勝ち越す事を第一にしていたのですが7連勝という結果を残すことが出来とても満足です。

ポケモンカードニュース.com
CL新潟でメタグロスを握った理由を教えていただけますか?

やぎ選手
メタグロスはGXスタートデッキから初めてからずっと使い続けているので今回のCL新潟でもどこまでメタグロスで環境に対して戦えるかを知りたくて使わせていただきました。

ポケモンカードニュース.com
GXスタートデッキから初めて配信卓やCL勝ち越しはかなりスゴイ速さですね。
相棒ポケモンとともにここの結果を出すのは鳥肌が立ちました。
やぎ選手がポケモンカード上達するために気をつけていることはありますか?

やぎ選手
カードの効果をしっかりと把握する事や上手いと思ったプレイヤーからのアドバイスを聞きながらも何故そうなのかを自分なりに消化していく事でしょうか。

ポケモンカードニュース.com
インプットしながらも自分の頭で考えることが大切なんですね。
私も普段から気をつけながら精進します。やぎ選手と同様にGXスタートデッキから始めたプレイヤーも多いです、やぎ選手から何か伝えたいことはありますか?

やぎ選手
自分の好きなカードで勝てると当然ですがすごい楽しいので様々な環境外のデッキが活躍出来るよう、始めたばかりの方も自分の好きなカードを突き詰めて欲しいです!

ポケモンカードニュース.com
「突き詰めて考えて、自分の好きなカードで勝つ!」
当たり前のことで忘れてしまいがちですがめちゃくちゃ大切なことですね。
今回はすばらしいお話をありがとうございました。今後のご健闘を楽しみにしています。

まとめ・取材を終えて

GXスタートデッキから初めて配信卓・CLベスト64の好成績のやぎ選手へのインタビューをすることができました。

 

配信卓後のポニータ石井氏も驚いていましたが、早くも実力を持ったプレイヤーの台頭してきているということが嬉しいですね。

GXスタートデッキ世代の同世代プレイヤーへの刺激となっていることでしょう。

 

そして、「好きなカードで戦う」という当たり前ですが難しいことをやってのけるやぎ選手に大切なことを思い出されました。

 

最後になりますが、インタビューに応じていただいたやぎ選手本当にありがとうございました。今後の活躍を楽しみにしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事