ポケモンカードニュース.com
今回はラティアス&ラティオスGXデッキを使用しMINT SHIBUYA店で行われたジムバトルで優勝されたふじ@clear_mind888選手にラティアス&ラティオスGXに関する寄稿文をいただきました。本記事で語られているようにラティアス&ラティオスGXは対TAG TEAM GXに刺さるカードです。「ラティラティデッキを組みたいけどなかなかまとまらない」という方はこの記事を是非チェックしてみてください。

ラティアス&ラティオスGXを選んだ理由

今回ラティアス&ラティオスGXを選んだ理由ですが、タッグボルトにトキワの森が登場した際、カラマネロを使用した超エネルギーを使ったデッキを作ろうと考えました。

最初の段階ではウルトラネクロズマを選択していたのですが、回数を重ね、また大型大会の結果等を見てウルトラネクロズマがHPに欠陥を抱えてることがわかりました。

HP190だとピカゼクのフルドライブ+エレキパワー2枚orエレパハチマキやレックウザに簡単に一撃で倒されてしまうなと感じました。

この悩みに対してアセロラが回答にならず頭を悩ませていた時、自身のカードプールのラティラティを見て、「ウルネクと似たような動きをしながらHP250でアセロラ使いながら動けるじゃん!」と革命が起こりました。ラスターパージの240打点は、ピカゼクとミミゲンを一撃、ブイカビとセレバナをハチマキで一撃。

その他環境にはびこるHPの多いポケモンに対してマウントを取れるので充分な選択理由があると踏んで構築まで踏み切りました。

ラティアス&ラティオスGXデッキレシピとコンセプト

ラティラティのデッキコンセプトは、カラマネロを育てつつギラティナかラティラティを相手のデッキによって選んで戦うというシンプルなものです。

そこら辺はカラマネロ入りのウルネクと同じようなものですね。

よくスターミーを入れてる構築を見かけましたが、スターミーの技を使うターンはとても無駄だなと感じ採用はしませんでした。

また、カラマネロなどに使うカードが多くリソースが切れることが多いのでジラーチを採用しました。

このカードを動かすエスケープボードもラティラティの逃げエネ1と噛み合っていて非常に使いやすかったですね。

スポンサーリンク

ラティアス&ラティオスGXデッキの回し方

回し方のコツ、みたいなのは感覚もあるので伝えづらいですが目指す盤面はジラーチ1、カラマネロ3、ギラティナorラティラティ1、その他1です。

この盤面を作ることを意識しながらカードを使っていきます。

また、手貼りやサイコリチャージのエネルギー配分にもしっかり注意して、次のターンエネルギーが無くて動けないということは無くします。

また、先1ではなるべくジラーチを前に立てて先1先2の2回のねがいぼしを狙います。これが決まるか否かでこの先のプレイのしやすさがかなり変わりますね。

あとは相手のデッキタイプを見て、大まかにいつからラティアス&ラティオスGXを使うか。ギラティナの優先度はどれぐらいかを判断しどちらで展開するかさえ間違えなければ大丈夫かなと思います。

スポンサーリンク

デッキがうまく回らないときの対応方法

前の段落で理想盤面の話はしたのですが、理想盤面が揃わない場合は、カラマネロにシステムを託している関係上とにかくイカを立てましょう。

「イカが立てば勝てます。イカが間に合わなければ負けます。」

だからこそ最新の注意を払ってサーチ系のカードは使いましょう。カードの種類は少ないですがベンチを埋めるタイミングやどのカードを出すかは選択肢が多いデッキと同じぐらいシビアです。あとねがいぼしで拾うカードもミスると取り返しがつかないので気をつけてくださいw

ラティアス&ラティオスGXデッキで想定したデッキタイプ

想定したデッキはピカゼク、ズガアゴ、ゾロアーク系統のデッキです。あとセレバナ。

前述してますがハチマキでセレバナが見れるのが1番大きいです。踏んだら負けるデッキが極端に少なく、対戦相手が最も想定しないタッグGXであるという意味でも使いました。

ギラティナでビートしてる途中に急にラティラティ出てグズマからバスターパージを決めるのは爽快ですw

ばらまき系の非GXはほんとにキツく、勝ち筋がかなり薄いので踏んだら白目で倒れます。

ジムバトルでの対面

当日は1回戦にゾロサナニンフを踏んでフェアリー弱点なのがきついと思いながらラティラティを隠せるだけ隠し、途中でタイミングよく出してサーナイトだけ狩りつつ確定1発で倒し、ラティラティが落ちないようにゲームメイクして勝ちました。

2回戦はマーシャドーのやぶれかぶれにハンドが壊されて負け確だーってなったんですけど、あるカードのおかげ(非公開)で拾えました。

3回戦のズガアゴではラティラティを出すとビックリヘッドで負けるので、場にGXを一体も出さずギラティナで勝ちました。

まとめ・現環境でのラティアス&ラティオスGXについて

現環境のラティラティは、絶妙なHP250を持ちながら環境に流行るポケモンを軒並み一撃で倒すことができ、強力な非GXのギラティナとも相性がよく環境のデッキになり得るパワーを普通に持っていてネタデッキとかではなく大会の一線で戦えるデッキだと考えています。

シティリーグとかに出る機会が今月あればこれを持っていってただろうなと思ってます。

そのため、今回紹介したデッキレシピでは2枚のカードを非公開とさせていただきました。

ヒントとしては「エネルギーを助けるカード」と「相手が萎えるようなアクションになるカード」の1枚ずつ別々のカードになります。

ラティアス&ラティオスGXを使いたいプレイヤーは是非今回の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事