ポケモンカード左下のマークは何?

 

ポケモンカードの左下にはカードのが収録されたパックがわかるエキスパンションマークがついています。SM1MとかSM7などのマークですこのマークを見ると収録されたパックが一目で分かる仕組みとなっています。

 

今回はそのさらに左、A・Bなどと記載されているマークについている謎のマークについて考察していきます。

その名はレギュレーションマーク

実はこのA・Bというマークには名前があります。そのなもレギュレーションマークです。

 

これは構築済みデッキに含入っている遊び方説明書に記載されている公式の名称です。

 

このマークの解説には「公式イベントなどで使用されるマークです。」と記載されています。なんとも気になるマークです。

 

このマークは現在のところ公式イベントどころか全く使われていないマークです。しかしながら、レギュレーションというポケモンカードゲームにおいて重要なワードが使われており今後の動向に注意が必要かと思われます。

スポンサーリンク

レギュレーションマークの移り変わり

レギュレーションマークはサンムーンシリーズから使われ始めたマークです。このマークが始まった当初はAというレギュレーションマークでした。

 

このAのレギュレーションマークはGXバトルブーストまで続きました。そのあとのスターターデッキ伝説及びコレクションウルトラサンウルトラムーンからはBというレギュレーションマークが使用されました。

 

この際、採録カードのこだわりハチマキ等はAのままでした。

 

そしてTAG TEAM GXとして発表されたピカチュウ&ゼクロムGXはCのレギュレーションマークが使われており、新シリーズの展開と共に変化していくことがわかります。

 

スポンサーリンク

実際はどのように使われる?

さてシリーズを追うごとに変化していくレギュレーションマークですが実際どのように運用されていくのでしょうか?

 

これは、ズバリ海外とレギュレーションを合わせるためのマークなのではないでしょうか?

 

WCSで知られているように世界のレギュレーションと日本のレギュ―レションは異なります。

 

日本ではXYシリーズ・SMシリーズとシリーズごとで区切る分化がありますが、アメリカではXYシリーズの途中でレギュレーションを区切りXY9以降というようなパック単位でのレギュレーション変更を行っていました。

 

また、日本とアメリカのパックの収録状況も異なります。

 

このようなわかりにくさを解決するための指標としてレギュレーションマークが使われる可能性があります。

近い将来Aのレギュレーションマークはレギュ落ちする!?

このまま海外とのレギュレーションの調整が進んだ場合、新作ゲームの発売に伴い新たなシリーズに変更になった際、いち早くAのレギュレーションマークがレギュ落ちする可能性があります。

 

AのレギュレーションマークにはカプテテフGXやゾロアークGX、マッシブーンGXなどの現在の環境に存在するカードが多数収録されています。

 

今後のクリーチャーズの意図によっては早い段階でのレギュレーション変更もありうることに注意しながらカードを集めることも重要かもしれません。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事