ポケモンカードニュース.com
今回はスピアーの「みちづればり」を活かしたデッキ構築でジムバトル優勝を果たしたCJ@CJ2838選手にスピアーデッキに関する解説をしていただきました。
TAG TEAM GXに対して無類の力を発揮するスピアーが活躍するデッキレシピをぜひチェックしてみてください。

自己紹介

CJと申します。都内のジムバトルやイベントを中心に参加しているリーマントレーナーです。

ポケモンカード歴は半年です。ポケカ友達を増やしたいので、ぜひ大会などでお会いした際は声かけてください!

スピアーを選んだ理由

一撃でどんな高HPのポケモンも落とせるスピアーの「みちづればり」にタッグチーム環境での可能性と魅力を感じ、使って楽しく、かつ、勝てるスピアーデッキを考えることにしました。

今回のデッキ構築はその試行錯誤の始まりですが、たまたま運が良く、優勝をつかむことができました。それだけ、上振れれば強いこともスピアーの魅力の一つだと思います。

スポンサーリンク

スピアロコンメガニウムラグラージ

【デッキレシピ】nLPnLN-MIdRwD-niNLQn

スポンサーリンク

デッキを作成した際の思考

みちづればりで、サイドを1枚差し出す代わりに相手のサイドを複数枚とって勝つことを想定したデッキのため、こちらのサイドを1枚でも多く残しておく必要があります。そのため、GXは採用を極力控えました。

デッキの回し方

序盤は、アロコンとウツギで、とにかくメガニウムとラグラージを立てます。

途中やむなく立てたアローラキュウコンGXはアセロラで回収してあげてください。

対タッグチームデッキを想定すると、ここまでで相手にサイド2枚まで取られても大丈夫です。

3ターン目から、「そうじゅくハーブ、ビードルをスピアーに進化、みちづればり。」と動けば、4-6、3-3、返しでとられて2-3、1-0で勝てます。

サイド3枚取られた(る)場合は、みちづればり打ったターンの返しで150ダメージが出ないようにします。

うまく回らない時の対応方法

正直、まだまだ不安定な構築なので、回らないときは回らないと思います。笑

アロコンで技を打ったり、ラグラージとメガニウムを壁にしたりして、春が来るまで耐えるのが吉かと思います。

タッグボルト環境でのスピアーデッキの得意な対面・苦手な対面

まだ試行回数は十分に重ねていませんが、タッグチームには有利と感じています。(セレバナの耐久などガン無視できますし)

ウルネク、アゴズガに対してもアロキュウやラグラージが有効なので有利だと感じています。

苦手なのは非GXデッキです。早くタッグチーム環境になって欲しいです。

ジムバトルでスピアーを使った感想

何より使っていて楽しいのが魅力です。

非エクで耐えてる盤面で、カエループと誤解されたりするとラッキーです。

相手にタッグチームを出してもらい、サイドを1→3→2、もしくは、3→3でとるのがシンプルに楽しいです。

今回のジムバトルの相手は、

  • 1回戦プテラ
  • 2回戦アゴズガ
  • 3回戦カラマネロ軸ウルネクミミゲン

でした。

非エクデッキはアロキュウとラグラージで頑張りつつ、締め、ややこしいHPのポケモンはスピアーで対処する感じで戦いました。

まとめ
タッグチーム環境=スピアーが活躍できる環境であると思いますので、引き続き、スピアーをブラッシュアップしていきたいと思っています。
このデッキはまだまだ構築途中ですので、良いアイデアがありましたら、ぜひ教えてください。ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事