Skypeポケカ対戦が始まるまでの流れを紹介します。

「ポケカをもっと練習して上手くなりたいと考えるもののなかなか対戦相手を見つけられない方」には以前Skypeを使った対戦環境を整えると対戦相手の選択肢が広がるという記事をお届けしました。

実際に多くのプレイヤーの方からアンケートの回答やインタビューを受けていただき様々なSkype環境を提示することができ好評を得ることができました。

今回の記事ではさらに一歩踏み込み「Skype環境作ったけど相手が見つからない。」「今ひとつ一歩踏み込めない」といった方のためにSkype対戦の相手の探し方をチェックしていきましょう。

Skypeポケカ対戦相手を探す流れ

何と言ってもポケモンカードは対人対戦ゲームですので、対戦相手を見つけないことには練習や対戦ができません。

今回は

  • 対戦相手を見つけるまでの下準備
  • 対戦相手の見つけ方
  • 話しかけ方
  • いざバトルが行われるまで

をチェックしていきます。

スポンサーリンク

バトルの下準備

バトルの下準備はまずはSkype環境を整えることです。これは前回の私の記事をご参照ください。

次に自分のデッキ・グッズの確認を行いましょう。

  • キチンんと60枚揃っているか?
  • ダメージ計算用のダメカンorダイスはあるか?
  • GXマーカーやその代用物はあるか?
  • 自分のデッキのカードのテキストはきちんと把握しているか?

通信が始まってから60枚揃っていないことはお互いに時間のロスです。必ず確認しましょう。

また、実際の対面バトルではないので相手からダメカンなどを借りることはできません。用意しましょう

また、自分のカードのテキストをきちんと読んでおくことで対戦中にトラブルになりにくなるため最低限自分のカードのテキストは読み込んでおきましょう。

スポンサーリンク

対戦相手の見つけ方

対戦相手の見つけ方は大きく分けて3通りほぼあると考えています。

  1. 友人と対戦
  2. SNSで対戦
  3. SKYPE大会に参加

それぞれ性質が異なるので注意してみてください。

まずは友人と対戦これは一番ハードルが低い方法になります。友人同士でSkypeIDを交換して時間を合わせて対戦すれば良いです。気心のしれた仲なので楽しく対戦できるのではないでしょうか?

ただ、距離の近い友人であれば対面でやった方がいいような気もします。遠方の友人の場合や大会前の調整などにGOODかもしれません。

次にSNS(TWITTER)で対戦相手を募集するスタイルです。

私の中ではこのSNSを使ったフリー対戦の募集が面白みの一つのように感じています。

多くのプレイヤーが必ずしもいつでも対戦ができる環境に恵まれているわけではありません。

Skypeポケカ界では日夜対戦募集が行われています。

対戦相手の探し方としては検索で1.対戦相手を探す2.自分で募集をかけるという手法がメインでしょう。

検索で対戦相手を探す
1.Twitterで「skype ポケモンカード」「skype ポケカ」で検索!!
2.以外とたくさん募集しています。大体の人が条件「何時まで」「何回戦」「プロキシあり」「調整付き合ってね」「初心者です」を書いてくれているので条件のあった人に声をかけてみましょう。
自分で募集する場合
1.自分の条件をしっかりかきましょう
例 ポケモンカード初めて3ヶ月ほどの初心者です。対人経験はあまりありませんのでルールが怪しくなったら申し訳ありません。プロキシの使用ご理解ください。調整2回戦ほど対戦してくれる方募集中です。
例 CL千葉調整のため対戦してくれる方募集中です。デッキばれしたくないので出場予定のないプレイヤー希望です。プロキシOK。23時ぐらいまで募集。
2.Skypeポケカで検索しているプレイヤーは多いので募集直後でも集まることがあります。募集締め切ったら早めに埋まりましたと記載しましょう。2人目以降が来た時は募集埋まりましたまたよろしくお願いします。と挨拶しましょう。
次にスカイプ大会に参加する方法です。
当サイトでも募集記事を公開していますが戦道Sのように定期的にSkype大会が行われています。
Skype大会運営者はSkype対戦を知り尽くしたエキスパートです。スカイプ環境の作り方や対戦マナーに関して相談することもできます。
初めてのSkype対戦にスカイプ大会に出てみるのも手かもしれません。大会時には少し緩めなサイドイベントも行われているようです。

声かけから対戦まで

対戦相手を見つけたらまずは挨拶をしましょう。

普通の挨拶で大丈夫です。

「こんばんは、(FF外から失礼します)募集の件見ました対戦大丈夫でしょうか?どうぞよろしくお願いします。」

などと声をかければ良いと思います。

そうすればお互いフォローしてSkypeIDを交換しバトル開始となります。

先行後攻はどう決める?

スカイブ対戦の場合先攻後攻を決める際にじゃんけんだとテレビ電話特有のタイムラグがあるためうまくできません。

この対策として、「ダイスで目が大きい方」「偶数か奇数か」「コイントス当て」「エネルギーカード当て」などの方法で決めることが多いです。

お互い納得のいく方法で決めましょう。

カットはどうする?

スカイプ対戦であるためカットは基本的に割愛されます。

お互い信頼の上でのプレイになります。

上達するために・感想戦をしよう

せっかく相手とプライベートに対戦しているのですからバトル後、盤面を再現して感想戦をしてみるのも良いかもしれません。

いきなりの初対面で感想戦をすることが難しければ、口頭で話し合ってみるのも手かもしれません。

ポケカの情報もいろいろ共有できるので勉強になりますよ。

良好な関係を続けていきましょう

Skypeポケカで対戦したプレイヤーはその時だけの対戦者ではありません。

Skypeプレイヤーとして今後もお付き合いし、練習相手でありライバルとしてお互いを高め合える存在になることができます。

マナーを守っていいポケカができることを願います。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事