デデンネGXばかり注目されているナイトユニゾン

『かわいい顔をしているけど、これでいてダートじてんしゃ三枚分の山札削りを1枚でこなしている』

ナイトユニゾンで最も注目されている汎用ドローカードのデデンネGX。そしてそれ以外のGXとデザイナーズカードたち。

今、巷ではこれらのカードの話題でひっきりなしになっていますね。

ですが、ちょっと待ってください。ナイトユニゾンには面白い効果をもつカードがたくさん収録されていますよ!

今から筆者である私が、これは面白いと思ったカードをいくつか紹介していきますので、よろしければ皆さん、お付き合いください。

ナイトユニゾン収録の非GXカード個別記事はこちらから

・マーシャドー[リセットホール]

・キュレム

・闘タイプヌオー

・新ゼラオラ

・フレフワン

アゴジムシ

進化先のデンヂムシやクワガノンばかり注目されていますが、このアゴジムシもなかなか面白いワザを持っています。

無エネで起動できるワザ【エレキシグナル】は、どこからどう見ても雷ポケモン専用の、アローラロコンのワザ【みちしるべ】ですね。

無色エネルギーが1つ必要な点と、雷ポケモン限定な点が、アローラロコンより使い勝手を悪くしていますが、決して無視できる効果ではありません。

むしろ、クワガノンの入っている雷デッキなら、このポケモンでクワガノンとデンヂムシをサーチしたいところです。

次の自分の番に、サポートのデンジでふしぎなアメと雷エネルギーサーチ!ふしぎなアメでクワガノンに進化!デンヂムシの特性バッテリーと雷エネルギー手貼りでクワガノンのエネルギーが合計4つ!エレキほうで220点ダメージ!

この動きが【後攻2ターン目】で可能です。やべーなおい。もちろん、クワガノンではなくクワガノンGXにしてGXワザを使うのもいいですし、最悪ストロングチャージのクワガノンでも、一応仕事してくれます。

もちろん、デデンネGXやピカゼクGX、ゼラオラGX、カプ・コケコ◇にカプ・コケコGXまでサーチできるので、雷デッキのサーチャーとして活躍できます!

スポンサーリンク

コンパン

モルフォンGXの進化前カードコンパン。このカードも決して前座ではありませんよ?

コンパンのワザ【レーダーアイ】は、山札の上から7枚見て、その中にあるカードを1枚、手札に加えるという能力を持っています。

草エネルギー1枚で起動できますので、モルフォンGXデッキなら起動しやすく仕事してくれるでしょう。

このカードの最も素晴らしいところは、手札に加えるカードが何でもいいというところです。

サポートのキョウの罠でもアンズでも、進化先のモルフォンGXでも、スタジアムでもエネルギーでも何でもです。

似た効果のあるサーチグッズのエネくじ、スーパーボール、そして再録カードのポケギア3.0で起こりうる『対象なし』という悲劇が起きないです。

強力なアタッカーやデッキエンジンポケモンたちの進化前たねポケモンというものは、大抵強くないワザしか搭載していません。

イワンコ、ゾロア、マーイーカ、ベベノム(アイオープナー除く)などなど。

ですが、コンパンはたねポケモンとしても、ちゃんと仕事してくれるいいカードなのです!

スポンサーリンク

サメハダー

特性[ごうよくしんか]で自らのエネルギー加速を行える新サメハダー。

似たような特性は、タッグボルトで収録されているカメックスの特性[パワースコール]でしょう。

サメハダーはカメックスと違い、サメハダーに進化したときに1回限り、サメハダー自身にしかつけられないという欠点があります。

ですが、このサメハダーのデザイナーズカードとなっているゲッコウガ&ゾロアークGXなら、そこまで問題になる欠点でもないでしょう。

ワザの性能も、いわゆるおしながすヌオーのハイドロポンプと同じなので、最低限のアタッカー能力を持ち合わせています。

もし、ゲッコウガ&ゾロアークGXを使いたいけど、ガオガエンGXもダークライGXも高くて買えない!という方がいれば、このサメハダーを使ってあげてください。

ちなみに、進化前のキバニアですが、こちらはナイトユニゾンに収録されているキバニアよりも、プロモカードのキバニアのほうが優秀です。

プロモ第七弾として収録されているので、今が集め時となっています。サメハダーを使うのであれば、ストレージで買い揃えておきましょう。

ゲッコウガ

上のワザ【しとめる】が癖と威力が非常に強力です。

おたがいのポケモン全員の中からというところがミソであり、相手を倒すのではなく自分のポケモンを倒すことに価値を見出すコンボを使うのであれば、このゲッコウガが光ります。

たとえば、自分の必要ない非GXたねポケモンをしとめてサイド状況を不利にした次の番に、マチスの作戦を使ってサポートをたくさん使うという戦術です。

これにより、能動的にグズマやドローサポート、ジャッジマン、エネ破壊サポートなどを組み合わせるトリッキーで自由な戦術を生むことができます。

LO戦術でマチスゲッコウガを採用するのであれば、しとめる対象をねがいぼしジラーチにするとデッキが回りやすくていいでしょう。デッキ圧縮にはゾロアークGXを選択しておけば、ダブル無色エネルギーと悪エネルギーを共有しつつアタッカーとしても動いてくれそうですね。

日本ではあまり有名ではありませんが、ゾロアークGX、じならしマグカルゴ、マネリソヤレユータンのコントロールゾロアークでは取りえない、LOとビートダウンの2種類の戦略をスイッチできる新たなデッキ構築の可能性がありますね。

純粋な攻撃ワザとして使うのであれば、こちらのベンチを耐久力の高いタッグGXばかりにしておけば使えないことはないです。

一応、無色エネルギー2個で発動できますのでデッキを選ばない利点がありますが、手間のかかる2進化ポケモンだということを念頭において、しっかりアドバンテージを稼ぐ使い方をするようにしましょう。

カラマネロ

悪タイプとしてデザインされたカラマネロです。

悪エネルギー1つで発動可能なワザ【さいみんしはい】は、非常に厄介で強力なワザです。

相手の強力なアタッカーをトラッシュさせつつ、GXワザ以外のワザを自分が使うという、やっていいのかどうかレベルの怪しいワザとなっています。

このさいみんしはいは、使用したプレイヤーに3つのアドバンテージを与えてくれます。

1つ目は、相手の手札を確認できるということです。

こちらはワザを打ってしまっているので、即座に対応は不可能ですが、相手がジャッジマンやシロナを使わない限り、こちら側は相手の手札がほとんど透けて見えてしまいます。

つまり、その後の対応が非常にしやすいということです。これは試合をしていく上での最適解が導きやすいということです。

また、相手の手札を見れることから状況に応じてサポートのマーズを使うもいいですし、タッグボルトであまり注目されていなかったナツメの暗示を使って、自分のデッキには入っていない強力なサポートを使うことだってできます。あと、カラマネロのワザと似ているので使っていて楽しいです。

今までも、相手の手札を見るカードは収録されていましたが、新たにピーピングカードとしてこのカラマネロは活躍してくれそうです。

2つ目は、単純に相手のポケモンをトラッシュに送れるということです。

もし進化ポケモンならば、相手は弱いたねポケモンを長い間ベンチに晒しておかなければならなくなりますし、たねアタッカーとしても相手にレスキュータンカのサーチや使用を強制できます。

もし3回くらいさいみんしはいを決めることができれば、相手はまともにアタッカーを並べることができなくなるでしょう。

アタッカーだけではなくとも、たとえば超カラマネロやヌオー、アーゴヨン、メガニウムにラグラージといったポケモンがトラッシュに送られるだけで、そのデッキのエンジンに大きなダメージを与えることができます。

仮にレスキュータンカをほとんど採用しておらず、アタッカーも少ししかいないデッキが相手ならば、さいみんしはいしているだけで勝てます。

3つ目は、相手の強力なワザを悪エネ1つで打てるという規格外のコストパフォーマンスが望めるということです。

これの最も理想的な対象はタッグチームGXです。

今発表されている7種類のタッグチームのうち、ゲッコウガ&ゾロアークGX以外の6種類は、使いやすい標準的なワザを持ち合わせています。

ただでさえ採用枚数の少ない相手のタッグGXをトラッシュに送りつつ、高火力のワザを悪エネルギー1つで打つ。はい強い、といわざるを得ませんね。

ですが、火力という面で見るのであれば、このワザは欠点も存在しています。

先ほど紹介したゲコゾロもそうですが、環境に多いウルネク、ズガドーンといった特定のエネルギーを使った青天井系アタッカーとはすこぶる相性が悪いです。

なので、このカラマネロは特定のデッキに対しての相性がガラリと変わる一枚になっています。

最後に、このカードと相性のよいグッズを2枚紹介します。

1枚目はびっくりボックスです。

ナイトユニゾンの新カードですね。カラマネロのワザ【さいみんしはい】でトラッシュ送りにした、相手の強力なアタッカーを強制的に手札に戻させ、またさいみんしはいするという涙目のカードです。

このカードがあるおかげで、安定したダメージ供給が可能となっています。手札に持っていても大ダメージが飛んできて、トラッシュに送っても大ダメージが飛んでくる。

いやらしいですね。

2枚目はリターンラベルです。

プロモカードであり、とても強いグッズとはいえません。むしろ相手が得するカードのように思えますね。

ですが、このカードは特定のカードやデッキに対して立派に働いてくれます。

たとえば、ギラティナやダークライGXといった強力な蘇生効果の持つポケモンなどにはうってつけです。

相手が常に、すぐさま蘇生してトラッシュにいないという状況なら話は別ですが、ベンチが埋まっていたり、準備が整っていない場合は大抵、トラッシュで待機していることが多いです。

この場合にトラッシュでスタンバイしているギラティナやダークライGXを山札に戻すことで、相手にサーチカード+ハンドトラッシュ効果を使わせることを強要します。

また、ガオガエンGXをゲッコウガ&ゾロアークGXのGXワザに頼って展開しようとしているデッキにも非常に刺さることでしょう。

リターンラベルは、カラマネロのワザ【さいみんしはい】でこれらのカードを捨てざるを得ない場合のケアとしてリターンラベルは働くのです。

最近では、トラッシュのカードを活用するデッキが環境のトップに位置することも多いので、このカードの需要も相対的に上がっているといえます。

ここまでまとめましたが、やはりこの悪カラマネロは超カラマネロと真逆の、非常に尖った性能だといえます。

しかし、尖っているだけではなく、尖っている上に総合的に見てもめちゃくちゃ強いカードであるといえます。

まとめ

カード紹介にお使いいただき、誠にありがとうございました。

今回のナイトユニゾンでは、目玉となったカード以外にも本当に面白い動きのするカードが目白押しとなっております。

これらのカードの使い方を今からマスターしておけば、友達や周りの人とはちょっぴり違ったデッキを組めるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事