2月1日に強化拡張パック「フルメタルウォール」が発売されます。

タッグチームGXの話題で盛り上がっている中、私は非GXでとても強力なボスゴドラに目を付けました。

今回はナイトユニゾンのボスゴドラについて説明させてもらおうと思います。

ナイトユニゾンのボスゴドラの性能は?

拡張パック「フルメタルウォール」に登場するボスゴドラはワザ、HPともにとても優秀です。

まずHPに関してですが、素のHPが170と割と高く非GXポケモンとしては耐久力があると考えられます。

さらに逃げエネが4つなのでムキムキパッドも対応しておりさらにHP220にすることが可能です。

ほかにも鋼鉄のフライパンやメタルゴーグルをつけることによりHPが実質200程度にまであがるので耐久力をあげつつ弱点もなくせるので粘り強くたたかうことができるポケモンです。

公式HPに乗っているようにメルメタル&ルカリオGXのフルメタルウォールGX発動下ではさらなる高耐久を得ることができますね。

ボスゴドラの技は使いやすいのか?

一言でいうなら「相手に使われると厄介」です。

まず1つ目の技が「ガチガチプレス」という技で、エネルギーが鋼エネルギーが1つと無色エネルギーが2つ必要な技です。

ガチガチブレスが非常に厄介で、この技を使って次の相手の番にボスゴドラが技のダメージを受けた場合、技を使ったポケモンにダメカンを8個のせます。

バクガメスGXのトラップシェルに近いワザですが打点が一気に80まで上がっているのが強力ですね。

必要エネルギーが少し多く感じますが鋼タイプのデッキには大抵「マグネサーキット」をもっているジバコイルが入っているのでここは問題なさそうです。

2つ目の技は「ギガインパクト」という技で、エネルギーは鋼エネルギー1つと無色エネルギーが3つ必要な技です。

こちらの技は次の自分の番にこのポケモンはワザを使えないという制限がありますがその代わりに160ダメージととても高いダメージが出ます。

ポケモン入れ替えやグズマなどでベンチキャンセルなどを行うなどして対処していきましょう。

この2つの技を使い分けながら戦うとうまく相手を気絶させることができると思うので使いやすいと考えらえます。

スポンサーリンク

ボスゴドラはどうやって出せばいいのか?

ボスゴドラは見てわかる通り、2進化ポケモンで場に出てくるまで少し時間がかかってしまうというところが問題になってくるでしょう。

しかし最近はメガニウムの「そうじゅくハーブ」という特性やアローラキュウコンを介しての「ふしぎなアメ」を使うことにより2進化ポケモンでも割とすぐに場に出すことができます。

これらの特性や道具を使うことによりボスゴドラも難なく場に出すことができるのでボスゴドラを使うときはこういった道具や特性を駆使すると良いでしょう。

メガニウムの「そうじゅくハーブ」を使う場合は自然と2進化ポケモンが増えていくと思うので「超ブーストエネルギー」をボスゴドラにつけると簡単に技を使うことができるという戦い方も可能でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介させてもらった「ボスゴドラ」は、鋼タイプの強力なポケモンです。

非GXポケモンでありながら耐久力もありますし、必要エネルギーが少し多いですが技の威力も申し分ないのでとても良いと思います。

フルメタルウォールでは鋼タイプのポケモンが大幅強化されそうなので鋼タイプファンは新たな情報が出てきたら要チェックです。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事