ポケモンカードニュース.com
今回はナイトユニゾンで新登場したゲッコウガ&ゾロアークGXデッキでジムバトル優勝のKOH-選手にデッキ解説をしていただきました。
ゲコゾロの方は多様で研究の余地があるタッグチームGXです。
今回の構築を参考にしながら自分自身のゲコゾロを作っていきましょう。

ゲッコウガ&ゾロアークGXを選んだ理由

はじめまして、滋賀でポケモンを楽しんでいるKOH-と申します。 好きなポケモンのゾロアークがゲッコウガとタッグを組んだということで遊んでみたいという理由で組んでみました。

【デッキコード】ffVVVv-xoqByL-VkdVwF

デッキコンセプトとしては後攻1ターン目にナイトユニゾンGXを決めてベンチにガオガエンを並べて悪の波動の火力をメインに戦います。

キーカード

ゲッコウガ&ゾロアークGX


デッキの主役、GX技でガオガエンGXを並べて高火力を叩き出します。

デデンネGX


プラターヌの無いSM環境でトラッシュにパーツを落とせる貴重なポケモン、サポート権を使わずドローできるのがやはり強い。

スーパーボール


手札にダークライGXだけでなくガオガエンGXを加えることができるのでハイパーやトキワの森のコストとしてトラッシュしやすくなりました

スポンサーリンク

採用検討カード

ライチ


GXを2体サーチできるのでダークライGX、ガオガエンGXをトラッシュできる確率を上げれる可能性アリ。

バンギラスGX


ナイトユニゾンGXの追加効果を狙う場合のサルベージ候補、タッグチームの攻撃に耐えれる耐久とたねポケモンへの攻撃性能に期待。

スポンサーリンク

デッキの回し方

後攻1ターン目にナイトユニゾンGXでガオガエンGXを2匹出すことを目標に、ダークライGX1枚、ガオガエンGX2枚、悪エネ1枚をトラッシュしてあとは手貼りと付け替えで技を使います。あえて追加効果は狙わずガオガエンを出すことだけを考えます。

後攻1ターン目に技を決めれないと判断した場合はクチナシを活用しダークライGXを使い回してエネを貯める、これだけでも意外と戦えます。

もしくは相手から瀕死目前までダメージが乗ったゲッコウガ&ゾロアークGXをイベルタルなどと入れ替えてわざと気絶させてサイド3枚のリスク1枚に抑え込む。

このようにナイトユニゾンGXに依存し過ぎず、ナイトユニゾンGXを使う機会を伺います。

現環境での可能性

ゲッコウガ&ゾロアークGXは火力、耐久力はピカチュウ&ゼクロムGXに負けないものを持っていると感じています。しかし出たばかりなのでピカチュウ&ゼクロムGXのようにまだその能力を活かす方法が不明瞭、悪ポケモンはゾロアークGXが多く使用されていましたが、悪エネルギーを主体とした悪ポケモンのデッキは考察される機会が少ないという点を考えると今すぐの活躍は難しいかなと思っています。

今回はナイトユニゾンGXをメインとしましたが他の方が構築されているアーゴヨン、公式紹介のサメハダーと組み合せの幅は広いので今後に期待したいです。

苦手なデッキ、ポケモン

今回使用したナイトユニゾン型の構築で苦手な相手はウルトラネクロズマGXです。

どうしてもGX技の発動による隙をサイコリチャージだけに利用されたり、グズマが多く採用されているのでせっかくのガオガエンGXを簡単に処理されてしまいます。電気タイプ対策のマーシャドーGXの採用が増えていることも向かい風ですね。

ゲッコウガ&ゾロアークデッキを使用した感想

後攻1ターン目ナイトユニゾンGXが決まると次ターンからは210以上の火力を連打できるのでGX相手には主導権を握りやすかったです。クチナシを攻守両方に使うことで攻撃を途切れさせないだけで

なく、上記に記したようにサイドを3枚取られるリスクを最小限に抑えるなどの立ち回りができます。

まとめ

今回の構築は元々友人達を驚かせるためにジムバトルに持ち込んだところ、後攻1ターン目にナイトユニゾンGXを決めて運良く勝てたとこがあります。

なので正直強いかと問われると首を傾げてしまいますが、しかし本来の目的の後攻1ターン目にGX技を決めることができ友人達を驚かせ、楽しませることはできたので良かったです。

なのでポケカを楽しむデッキとして真似してもらえたり、自分だったらゲッコウガ&ゾロアークGXはこう使うといったきっかけになればと思います。

今回はこのような機会を頂き、また最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事