ポケモンカードニュース.com
今回はタッグボルト収録のエビワラーとサワムラーをメインとしたデッキで店舗大会優勝したユウ選手@karatedaiouにデッキ解説をしていただきました。
興味はあっても使えなかったエビワラーとサワムラーのTAG TEAM を実現させた構築力が素晴らしいですね。
非常に興味深いデッキなのでぜひ読んでみてください。

はじめに

はじめまして。ユウと申します。

ポケカ歴は約4か月とまだまだビギナーですが今回は解説をさせていただきます。

今回のデッキは、タッグボルト収録カードの中でも特に面白そうな動きをしてくれると思った2枚を活躍させたいと思い作成しました。

エビワラーサワムラーデッキの紹介

【デッキコード】LQnLQL-eyhtMO-ngQP6n

エビワラーとカプコケコでダメカンを撒きながらサワムラーの「スペシャルコンボ」で相手のサポートポケモンを倒していくようなデッキになります。

スポンサーリンク

デッキの立ち回り、回し方

基本的な動きは、
エビワラーで攻撃→ベンチのカプコケコと入れ替わってターンを終わる→
相手の出方を見てもう一度エビワラーで攻撃orサワムラーでベンチを攻撃する

といった流れを繰り返すようになります。

なので序盤の理想的な盤面は

バトル場:カプコケコ
ベンチ:エビワラー
:サワムラー
:ディアンシーPS
になります。

中盤も序盤と同じ盤面を維持しつつ控えのエビワラーを立てて攻撃していきます。

終盤はサワムラーかカプテテフで相手ベンチのサポートポケモンを倒すか、
エビワラーの「マグナムパンチ」でダメージを出していきます。

回し方のポイントは、可能な限り毎ターンエビワラーで攻撃して盾役のポケモンと入れ替わる事と、
サワムラーの「スペシャルコンボ」に固執しすぎないという点です。

スポンサーリンク

キーカードと採用理由

①エビワラー

デッキのメインアタッカーです。
1エネで打てる「ヒット&アウェー」でダメージを与えつつ、後で紹介するサワムラーが動ける状態を作ってくれます。

また、闘エネとダブル無色エネで打てる「マグナムパンチ」はディアンシーとこだわりハチマキ込みで
ピカゼクを一撃で倒すこともでき、フィニッシャーになってくれます。

②サワムラー


自分の前のターンにエビワラーが「ヒット&アウェー」を使っていれば1エネで相手のベンチに90ダメージのスナイプが出来る「スペシャルコンボ」が使えます。

今の環境でよく見かけるカラマネロやジラーチを一撃で倒すことができます。

またベンチへの攻撃は弱点・抵抗計算をしないので闘タイプが苦手な超タイプに対しては、カプコケコでダメカンを撒く→「あなぬけのヒモ」or「グズマ」で相手をベンチに押しこむ→「スペシャルコンボ」というような立ち回りもできます。

③カプコケコ


このデッキの盾役です。逃げエネが無いのでエビワラーが「ヒット&アウェー」でベンチに逃げる時に
入れ替わりで出てきます。

アローラキュウコン


対GXポケモン用の盾役です。特性の効果でGXポケモンを封殺でき、なおかつ逃げエネが1なので
エスケープボードをつけることで無理なくエビワラーと交代できます。

不採用カード

①ヤレユータン


優秀なドローソースですが、実際にデッキを使っていて手札に困ることがあまりなかった事と、
グズマ等でバトル場に引きずりだされたときに身動きがとりずらいため不採用としました。

②ツボツボGX


無色エネ1個で動けて、特性の効果で盾役にはもってこいだと思いましたが、ピカゼクやホエコイと言った
エネを大量につけて攻撃してくるポケモンが増えたため不採用としました。

③こだわりメット


カプコケコかイベルタルにつけることで耐久力を上げようとしたのですが現環境だと
メットをつけていたとしても高確率で一撃でやられてしまうため不採用としました。

採用検討カード

①バリヤード(かいふくふうじ)
相手のアセロラを封じることでサワムラーの射程圏内に入ったポケモンを回復されるのを
防げます。ただし相手によっては全く意味をなさないので注意が必要だと思います。

②ビクティニ(Vビート)
カウンターエネルギー1個で最大120ダメージを出せるのが魅力ですが、
ギラティナやマッシブーンに10ダメージ届かないので事前にダメカンをばら撒いておければ
活躍できると思います。

③ゼルネアスGX
同じようなダメカンをばら撒くタイプのデッキに当たった際に
GX技で切り返しができます。
また無色エネ1個でバトル場とベンチに攻撃できるのも強いと思います。

④どくばり
カプコケコかイベルタルにつけることで盾役をこなしながらダメージをあたえることもできます。
相手に入れ替え系のカードか逃げるを強要できるのも強いポイントだと思います。

実際に大会でつかってみて

タッグチームやGXポケモン主体のデッキには割と有利に立ち回ることができました。

ただ非GXポケモン主体のデッキが相手になるとこちらのポケモンのHPはどれも少なめなので、そこは今後の課題だと思っています。

今、徐々にGX環境にもどりつつあるのでこれからも戦っていけるデッキだと思います。

追記:フルメタルウォールにエビサワデッキの超絶強化カードであるカポエラーが登場決定です。詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事