ドヒドイデGXって知っていますか?

↓デッキレシピ↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/pyE22M-QflKJL-3SMMM2/

毒ポケモン界のロックでキュートなプリティアイドル、ドヒドイデちゃん。

そのかわいい見た目とは裏腹に、レート対戦では数値受け可能な防御力と毒毒戦法で多くのプレイヤーの数値を溶かし、主食がサニーゴというお子様も真っ青な食生活をしているドヒドイデちゃん。

筆者はこの娘のファンなのですが、ポケカ界ではあまり注目されていませんでした。

しかし、フルメタルウォールで登場する数値受けタイプの鋼に対しては、とても有効的なワザを持っています!2

それが【げきヤバポイズン】!

相手を毒状態にして、なおかつその毒ではダメカンが100ずつ乗るという凄まじい状態異常です。

3エネ100点と考えると弱いですが、これは特性やフルメタルウォールGX、ダメージ軽減系どうぐには一切引っかからないので、場合によっては非常に強力な火力源になりえます。

更に、相手がいれかえカード、状態異常回復カード、回収カードを持っていなかった場合、こちらの番になった瞬間に200ダメージ乗る計算になるのです。

というわけで今回は、本来ニガテな鋼タイプのデッキをトップメタに考えたデッキをここで紹介しようと思います。

キーカード一覧

まずはデッキのキーカードを簡単に紹介していきます。

キーカード1.カラマネロ

おなじみの特性[サイコリチャージ]でカラマネロの臨戦態勢を整えます。

基本エネが3つ必要なので、最低場に2体は立てておきたいところです。

キーカード2.アローラベトベトン

ニガテなギラティナを止める為にしぶしぶ採用。

他にも、テテフ、デデンネ、ジラーチ、その他デッキエンジンに関わる多くのたね特性を封殺してくれますので、仕事量としては十分でしょう。

こちらのテテフが使えなくなることと、逃げエネが多すぎるので相手のキャッチャー・グズマに対処できるカードを採用しましょう。

キーカード3.ひかるミュウ

逃げエネ0のカプ・コケコ枠ですが、ひかるミュウを採用しました。

フルメタルウォールで登場するフェローチェ&マッシブーンGXが放つワザ【ジェットパンチ】やGXワザ【ビーストゲームGX】に対して全くの無力なのですが、このポケモンにした理由がしっかりあります。

ワザ【でんせつのみちびき】は序盤のエネ加速にはとても重要なものとなります。

特に、トキワの森をサーチする手段がないこのデッキでは、エネ不足に悩まされる可能性が少なからずあります。

それを補うという意味でも、採用せざるを得ませんでした。

相場が高いので、ない方はグッズのポケモンいれかえやエスケープボード、サポートのグズマにフウとランの採用を検討してみてください。

キーカード4.ダートじてんしゃ

デッキ圧縮の王道、チャリンコ。

ジラーチやデデンネGXを入れられない都合上、このカードでデッキの圧縮を図らざるを得ません。

とにかく事故率を減らしたいので4枚採用です。

キーカード5.のろいのおふだ

このカードの採用は、現環境では必須といえます。

まず、げきヤバポイズンは100ダメージですが、こちらの番になったときにも毒ダメージが継続していた場合、200ダメージになることはお伝えしたとおりです。

それにこのおふだの効果を合わせると、100×2+40=240

ピカゼクを落とせます。

他にも、微妙に届かない1進化GXポケモンへの打点や、相手の低HPベンチポケモンへの打点としても活躍してくれるでしょう。

キーカード6.トキワの森

カラマネロと相性抜群のトキワの森を採用しました。

もしミュウを他のカードに変えるのであれば、このカードを月輪の祭壇に変更することを強くお勧めします。

しかし、エネルギーのサーチ&ハンドのトラッシュ効果を継続的に得られない=序盤の盤面構築に支障が出るということなので、何らかの形でケアをする必要があります。

スポンサーリンク

多くの不採用カードについて

・カプ・コケコ
ワザ【かいてんひこう】は非常に強力ですが、フルメタルウォールGXされた瞬間に何も出来なくなるので不採用。

・ネクロズマあかつきのつばさGX
特性[インベイジョン]がこちらのアローラベトベトンに封殺されているので不採用。

・ネクロズマGX
GXワザが強力ですが、カプ・コケコのかいてんひこうと同じ悲しみを背負ったので不採用。

・ルナアーラ◇
採用した超エネルギーが少ないので不採用。

・カプ・テテフ
バラマキ戦術ではなくあくまでも対面戦術のために不採用。ですが、ベンチに逃げたダメカン付きポケモンを活用するために1枚投入はありえると思います。

・メタモン◇、ギラティナ◇、ギラティナ、ジラーチ、デデンネ、バリヤード、ハブネーク……
アローラベトベトンの特性[かがくのちから]で何も出来ません。

スポンサーリンク

戦術とベンチ管理

やることはとても単純です。

バトル場にドヒドイデGXを出して永遠にげきヤバポイズンをするだけです。

そのエネルギーを補完する為にカラマネロを立てます。

そしてサイコリチャージを享受するときはバトル場に他のポケモンを立てないといけないので逃げエネ0ポケモンを用意します。

更に、倒されても次のターンすぐ動けるように、別のドヒドイデGXも1体は用意します。

序盤に1枚はカプ・テテフGXを使っておいて、盤面構築の流れをスムーズにしておきましょう。

中盤までにアローラベトベトンをベンチに立てておいて、相手のたねポケモン特性をロックしましょう。

序盤、中盤、終盤で必要なベンチポケモンが若干違います。相手ポケモンに倒されることを想定したベンチ管理を行いましょう。

特に、カラマネロは2体立てておけば何とかなります。

山札にある残りエネルギーが限りなく0に近づかない限りは、3体目を立てることはなるべく控えましょう。

まとめ

ドヒドイデGXちゃんはメチャクチャかわいくて強いことがお分かりいただけたと思います。

かわいいですよね?つよいですよね?

私の次環境に対する注目の一枚、是非皆様の手で改良して使ってみていただきたいと思っています!!

それでは皆様、よいポイズンライフを!

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事