ポケモンカード対戦のマストアイテム!?プレイマットについて考える

ポケモンカードの必須アイテムとしてデッキ、ダメカン、どく・やけどマーカーが知られています。

しかしながら、なくてもなんとかなるがうまいプレイヤーはみんな使っているプレイマット気になりませんか?

そもそも、あまり売っておらずスターターデッキに入っている紙製のプレイマットからなかなかステップアップし難いという意見もあるようです。

ラバー製プレイマットの使いごこちは?

ラバー製プレイマットの使い心地は「すばらしい」の一言につきると思います。

カードを扱う際、カードとテーブルの摩擦が少なくなりカードを動かす際やエネルギーカードをつける際の動きが非常にスムーズになりストレスが激減します。しかもプレイマットのおかげでデッキシールドの消耗が少なくなり、結果として長持ちさせることができます。

一度ラバー製のプレイマットを使ってしまうと、2度とプレイマットなしでプレイをしたくなくなること請け合いです。

その感覚はおそらく一度デッキシールドにカードをしまってプレイすると、もうデッキシールドなしでプレイするのが気持ち悪いという感覚と同じだと感じます。多くのベテランプレイヤーがプレイマットを手放さないことは非常に納得できます。使っていないプレイヤーと対戦するときにも使えばいいのになぁといつも感じてしまいます。

スポンサーリンク

なぜプレイマットはあまり売っていないの?

上記のようにスムーズなプレイを助けてくれるラバー製プレイマットですが日本での販売は非常に少ないのが現実でした。

そして、以前まではラバー製プレイマットは海外製がほとんどで日本のものは公式の二人対戦用のプレイマットくらいでした。

 

その点に関してのレポートがあります。クリーチャーズのWCS2016世界大会のレポートによると海外勢はラバー製ハーフプレイマットにこだわりプレイマットで個性を出し、デッキシールドは無地というようなスタイルを好んだそうです。

一方日本は多くの種類が販売されているデッキシールドで個性を出すようなプレイヤーが多かったと公式によってレポートされています。

 

上記のような文化があり海外勢はたくさんの種類のプレイマットから自身の気に入ったプレイマットを選んでプレイしていたようですね。日本ではそもそもハーフプレイマットはほとんど販売されていませんでした。

スポンサーリンク

徐々に日本でもプレイマット文化が!!

しかしながら、日本でもトッププレイヤーたちがプレイマットを使用していることから徐々にプレイマット文化が広がり、公式でも少しずつ発売されるようになりました。しかしながら、デッキシールドのように種類がたくさんあるわけではなく選択肢に乏しい状態でありました。

ポケモンセンターでも多くは取り扱っていませんでした。最近は素敵なデザインのものも登場しています。

しかしながらがら、種類が多くないということでせっかく使うなら個性のあるものをということで、ebayという米国のオークションサイトなどから輸入をして好みのプレイマットを使うプレイヤーが出現しています。

ちなみに私はこちらのゲッコウガbreakを輸入して使用しています。

最近はポケカの日でもデザインの良いプレイマットを配布しているようなのでそちらもオススメですね。

アマゾンやメルカリヤフオクでも個人輸入業者が販売している

ebayは簡単な英語を使用すれば日本に送ってくれるショップも多いです。(もちろん、配送代などもかかるので結構お値段がかかりますが。)

 

また、最近ではアメリカから個人的に輸入したプレイマットをアマゾンなどで販売していることもありますのでやや割高になりますが簡単に購入可能です。時短で購入したい方はアマゾンなどで購入するのも手かもしれません。

注意点

プレイマットの中には同人イラスト(ファンアートによる)によるプレイマットも販売されています。公式の製品と異なるため、場合によっては(例えば公式大会の配信宅:他作品のプレイマットや同人マット・スリーブは使用できない。とはいえそういう時は二人用のプレイマットが敷いてありますが)使用できない場合もあるので注意しましょう。

 

また、公式のプレイマットと比較してやや厚い感じのものもあります。下記のものは同人プレイマットでイラストが可愛くて気に入っていますが、少し公式のものより厚くて固めでした。(もちろんプレイはしやすくなります)

一応amazonの販売ページをいくつか貼っておきますので興味のある方はチェックしてみてください。アマゾンでプレイマット、ポケモン、海外などで調べると色々出てくるので物色してみるのも楽しいですよ。

もし需要があればebayの使用方法などに関しても記事にしようと思います。希望があればコメントやtwitterアカウントまで宜しくお願いします。

追記:日本でもプレイマットの供給が増加中

最近は日本の公式ラバープレイマットの供給量が非常に増えてきています。

拡張パックの発売と共に店舗発売されることも多いです。

さらに、ポケモンセンター限定の非常におしゃれなプレイマットもどんどん発売されています。

今後は日本でもプレイマット文化がさらに活性化していきそうで非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事