鋼ルカリオはアタッカーとして成立するの?

↓デッキレシピはこちら↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/SyyyMM-RvUcPA-2p3M3p/

フルメタルウォールのルカリオは、ルカリオ&メルメタルGXと同じ鋼タイプで収録されました。

下のワザ【ラッシュアップ】は、鋼2エネで130点を出せる可能性を秘めているというワザです。

1進化ポケモンであるものの、貴重な鋼タイプの非GXアタッカーとして注目を集めつつあります。

これまでは闘ルカリオしか収録されていませんでしたが、今回のルカリオは“あるカード”とのコンボ、デザイナーズカードとして設計されています。

今回は、そのカードや他のカードとの相性を考えつつ、たたき上げの鋼ルカリオデッキを皆さんにご紹介したいと思います。

キーカード一覧

あくまでも発表直後に作り上げたデッキレシピです。

ですので、別のおすすめカードがありましたら、コメント欄にて推してていただけると幸いです!

皆さんで多くのカードを共有しましょう!

キーカード1.ルカリオGX+レインボーエネルギー

いきなり鋼と関係ないですが、ルカリオGXとレインボーエネルギーは確実に採用したほうがよいでしょう。

ピカゼク含む雷デッキへのトップメタとして機能してくれます。

基本的にルカリオGXくらいしかGXワザが打てませんので、いざというときのカウンター手段としてGXワザの存在を頭の片隅においておきましょう。

サイド落ちやワザ【はどうげき】への回数を考慮して2枚採用が安定かと思います。

キーカード2.マギアナ

マギアナの特性[きせかえ]は、自分の場のポケモンについている「ポケモンのどうぐ」を1枚、手札に戻す効果があります。

つまり、ルカリオのワザ【ラッシュアップ】の条件をこのカード1枚で満たすことが出来ます。

なにか特別な理由がない限りは、このカードは絶対に採用しましょう。

とはいえ、多すぎても困るので2枚採用しました。

キーカード3.ジラーチ+エスケープボード

トレーナーズがデッキの2/3を占めており、他の山札圧縮手段が無い関係上、ジラーチはメチャクチャ大切なカードです。

ルカリオが倒されたときのバトル場への穴を埋めてくれるのにも重宝しますし、ルカリオではなくこちらのジラーチへヘイトを集めるという意味でも、欠かせない存在となるでしょう。

マギアナがあるので、最悪フライパンをかぶって防御することも可能です。

デッキの枠数の関係で2ずつ採用していますが、本当はもう少し増やしたいです。

キーカード4.メタルコアバリア

1ターン限定で自壊する鋼専用防御系ポケモンのどうぐ。

鋼ポケモンの受けるダメージを-70もしてしまう、ある意味エレキパワーの防御版のような存在です。

このカードが鋼ルカリオのワザ【ラッシュアップ】と非常に相性が良いと、リスト公開当初から一部のプレイヤーで議論になっています。

メタルコアバリアをルカリオにつけると、実質的にHP200の1進化ポケモンになります。

GXポケモンも真っ青ですね。

最初から手札に来ると扱いに困るので3枚採用となりました。

キーカード5.アセロラ

このデッキのコンセプトは、あくまで2エネをつけたルカリオで攻撃をすることです。

しかし、エネルギーを抱えたままルカリオがきぜつすることは、特殊エネルギーに頼っているこのデッキにとって少々つらい部分があります。

ですので、アセロラの採用は必須であると考えました。

他にも、レインボーエネルギーがついているルカリオGXを回収したり、後述する戒めの祠でダメージを追ったカプ・テテフを回収するのにも役立ちます。

グズマより使用回数が多いと感じたので3枚採用しました。

キーカード6.戒めの祠+無人発電所

対GXデッキへのメタカードをどちらも採用しました。

ルカリオのワザは130点しかないので、少々火力を補う必要が出てくることから戒めの祠の採用は絶対に必要だと感じました。

しかし、現環境はテテフ・デデンネという二大特性GXがデッキを回している環境でもありますので、無人発電所の採用も、このデッキにとっては生命線であるとも感じました。

なので、どっちも採用しました

マーシャドー[リセットホール]やサイド落ちも考慮して、各2枚ずつの採用となりましたが、この採用枚数は実際にデッキを使用してみないことには正確な数字がわからないことでしょう。

キーカード7.カウンターエネルギー

ルカリオのエネルギーの関係上、非GXデッキと戦っていれば、どこかでワザが打てない場面が出てくる可能性があります。

それを補うために、カウンターエネルギーで強引にワザまで打てるようにしようと考えて採用しました。

アセロラを使用した遅滞戦術とはミスマッチですし、カウンターゲインも使用できないことから苦肉の策でした。

もしかしたら抜いてもいいかもしれませんが、今のところは必要と考え2枚採用しました。

スポンサーリンク

不採用カード

・ルカリオ&メルメタルGX
一度採用しようかと考えたのですが、エネルギーを張らなければならない、GXワザを使った後は置物になるということを考慮して不採用になりました。

・ハチマキ、メット、ダンベル、ゴーグル
どれも採用したいですが、メタルコアバリアとフライパン、エスケープボードよりも優先度が低く感じたので不採用です。

・デデンネGX
無人発電所を置く前に使うのであれば、とも考えましたが、相手が使ってくることも考慮するとあまり使えないと判断したので不採用。

・テンガン山、日輪の祭壇、せせらぎの丘
テンガン山は、鋼エネルギーの採用枚数が少ないので必然的に不採用に、日輪の祭壇は対象が鋼ルカリオくらいしかいなかったので不採用に、せせらぎの丘は対象がリオルしかいなかったので不採用になりました。

・マーシャドー(リセットホールとやぶれかぶれ)
どちらも強力ですが、場にマギアナとテテフとジラーチを1枚ずつおきつつサブのルカリオを育てると考えたときに若干窮屈だと感じ採用しませんでした。ですが、1枚差しても仕事してくれると思います。

・エリカなどのドロサポ
枠が足りませんでした。もう少し精進します。スタジアム、エネ、メタモンを削ることでドローサポートを増やすのが一番良いかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はデッキのまわし方については執筆できないので、是非皆さんの手で構築、運用していただき、感想をコメント欄に書いていただけたらなと思います。

ちなみに、ルカリオはサナニンフGXを一撃で沈め、ルカリオGXはピカゼクを一撃で沈められますので、ある意味メタデッキでもあります。

新しい非GXアタッカーということで、これからの可能性を十分に感じさせる1枚になっていると筆者は感じています。

2エネルギーや1進化という鋼特有の遅さをカバーできれば、きっと環境でちらほら見るデッキタイプになってくれると思います!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事