ローテーションバトルで勝利をつかめ!

↓デッキレシピはこちら↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/LHLnLQ-O18NBc-nQQg6N/

タッグボルトで登場したエビワラーとサワムラーにシナジーを持つ新カード、カポエラー。

カポエラーの上のワザ【フィニッシュコンボ】は、闘エネ1枚でカプ・コケコのワザ【かいてんひこう】3回分のダメージをたたき出す規格外の威力を誇ります。

準備として、エビワラー→サワムラーとワザを使わなければならないのがキズですが、補って余りある非常に強力なワザとなっています。

というか、ウルネクのめつぼうのひかりGXを撃ってるのと同じだから弱いわけがありません。

そのデッキパーツの性質上、3体のたねポケモンがローテーションで攻撃を繰り広げていく非常に楽しい構図になっています。

今回は、そんな楽しいエビサワデッキのデッキレシピを皆さんにご紹介します!

キーカード一覧

エビサワカポラインやディアンシー以外にも、このデッキで必要なカードは多くあります。

その中でも注目すべきカードを紹介していきます。

キーカード1.ジラーチ

フルメタルウォールで新録するスタジアム【無人発電所】は、カプ・テテフGXやデデンネGXの影響をモロに受けてしまいますが、このジラーチは大丈夫です。

エビワラーがワザ【ヒット&アウェー】を使った後に、素直にサワムラーではなく、このジラーチをバトル場へ出します。

グズマ、あなぬけのヒモ、フウとランといったいれかえカードを多く採用しているので、どんどんこのポケモンでねがいぼしを行いましょう。

キーカード2.フーパ

特性[バンデットガード]を持つフーパを採用しています。

特に、GXポケモンで固めているタイプのデッキに対して、非常に厄介なポケモンになります。

エビサワカポラインで攻撃するだけではなく、このフーパで相手の動きを縛ることで別の勝ち筋を残します。

ユニットエネルギーと相性が良いので2枚採用にしています。

キーカード3.スーパーボール

このデッキは全てたねポケモンで構成されているので、別段確定サーチのハイパーボールを使いたいとは思いませんでした。

ですので、手札のトラッシュを要求しないスーパーボールを採用しています。

キーカード4.エスケープボード

エスケープボードを最大枚数を採用している理由は、エビサワカポが全て逃げエネが1だからです。

極力グスマやヒモといった消耗品のグッズではなくて、このポケモンのどうぐで効率よくバトル場の交代を図りたいために採用しています。

キーカード5.フウとラン

本来ならばシロナが入るところを全てフウとランに変更しました。

理由は上記でも述べたとおり、いれかえ札としても活用できるからです。

手札リフレッシュといれかえのどちらにも使えるこのカードは、エビサワカポデッキでは重要なカードといえます。

キーカード6.ククイ博士

なぜククイ博士を採用しているのかというと、カポエラーの下のワザ【かいてんアタック】が密接に関わってきます。

ワザ【かいてんアタック】はダブル無色1つで発動でき、基本攻撃力50点にディアンシー20点、こだわりハチマキ30点、そしてククイ博士を使うことで120点になります。

つまり、ピカゼクに対して弱点込み240点で一撃で気絶させることが出来ます。

ゾロアークGXなどにも応用が利くので、採用して損はないかと思います!

スポンサーリンク

その他の採用カード

・カプ・テテフ妖
こちらも採用。ユニットエネルギー+何かでも一応ワザ【マジカルスワップ】が撃てて、ワンダーラビリンス◇にも耐性のあるフェアリータイプを使用しましょう。

・バリヤード
一番困るのが、アセロラでダメカンの乗っているポケモンを回復、もしくはアセロラで回収されることです。これに対するメタカードとしてバリヤードも採用しました。

・複数のスタジアム
サーチグッズの都合上、せせらぎの丘が一番重要だと判断しましたが、祠や発電所も対GX戦では重要なためにこのような採用枚数になりました。改変すべき点だと思います。

・エネルギー枚数
闘エネルギーは、エビサワカポが8枚いる以上、9枚以上の採用が必要でした。

ですので、ユニットやカウンター含めて9枚になるように調整しました。

次に悪エネルギーは、フーパが2枚採用なので3枚必要だろうと判断し、ユニットエネルギーを3枚としました。

最後にダブル無色エネルギーですが、フーパとカポエラーかエビワラーが主に採用すると判断して5枚分は欲しいと判断しました。

カウンターエネルギーをダブル無色の代わりとして採用していますが、ピン差しのテテフに最も使いたいので最低2枚は必要と判断しました。

以上の観点から、このようなエネルギー配分に落ち着きました。

スポンサーリンク

まとめ

タッグボルトからエビサワデッキは一定の成果を上げていました。

しかし、ナイトユニゾン環境では新弾では無くなったせいなのか、すっかり見なくなりました。

カポエラーの登場は、エビサワデッキに可能性を感じていた全てのプレイヤーへの後押しとなるはずです。

1エネ全体60点という破格の性能を使いこなすことで、相手の場がダメカンだらけにして、テテフのマジカルスワップで止めを刺していきましょう。

このデッキを使ってジムバトルで優勝したら、きっと清清しい気持ちになるはずです。

レッツカラテオウ!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事