ダメージ計算ちゃんとできてる?ポケモンカードの基本を復習しよう!

こんにちはポケモンカードニュース.comです。

前回は忘れがちなポケモンカードの基本ルールとして「最初の7枚にたねポケモンがいない場合にいつ相手に手札を見せるか?」という問題について解説しました。

今回は忘れがちなダメージ計算の方法に関して解説していきます。

例題を解いて考えてみよう

こちらはツイッターで紹介した問題です

フェローチェ&マッシブーンGXにビーストエネルギーとこだわりハチマキが付いている状態で、こだわりメットをつけたカメックスGXに与えるダメージは?という問題です。

一度考えてみてから解説をお読みください。ちなみにカメックスGXはバトル場にいる前提で考えていただければと思います。

スポンサーリンク

上級プレイヤー用ルールガイドを読んでみよう!

今回の記事では正しいダメージ計算を行えるように、上級プレイヤー用ルールガイドを参照しながら勉強していきましょう。

今回は公式サイトの上級プレイヤー用ルールガイドver2.2を元に解説を行います。

https://www.pokemon-card.com/assets/document/advanced_manual.pdf(PDF注意)

◆ ダメージ計算の手順 ダメージ計算は以下の順で行われます。

1. ワザのダメージの計算
a. ワザの名前の右側にある数字が、そのワザのダメージになります。
b. 数字に「+」「×」「−」がついているなら、そのワザの説明文に従ってワザのダメージを変更

します。「×」や「−」でワザのダメージが「0」またはマイナスになった場合、ここでダメージ 計算を終了します。

2. ダメージを与えるポケモンが受けている効果

ダメージを与えるポケモンが【相手のバトル場の「ポケモンGX・EX」へのダメージは「+30」 される(例:こだわりハチマキ SM1+ 049/051)】などの「ダメージを変更する効果」を受 けているなら、1.の時点のダメージに反映します。

【このワザを受けたポケモンが使うワザのダメージは「-50」される。例:ワザ「ほえたてる」 (ムーランド SM1S 048/060)】などの効果によりダメージの合計が「0」またはマイナスに

なった場合、ここでダメージ計算を終了します。

3. 弱点の計算 ダメージを受けるポケモンに書かれている弱点のタイプが、ダメージを与えるポケモンのタイプと 同じなら、2.の時点でのダメージを、弱点の右に書いてある数字をもとに計算します。

4. 抵抗力の計算 ダメージを受けるポケモンに書かれている抵抗力のタイプが、ダメージを与えるポケモンのタイプ と同じなら、3.の時点でのダメージを、抵抗力の右に書いてある数字をもとに計算します。 抵抗力によりダメージの合計が「0」またはマイナスになった場合、ここでダメージ計算を終了し ます。

5. ダメージを受けるポケモンが受けている効果 ダメージを受けるポケモンが【このカードをつけているポケモンが、相手の「ポケモンGX・EX」か ら受けるワザのダメージは「-30」される(例:こだわりメット SM8 085/095)】などの「ダメー ジを変更する効果」を受けているなら、4.の時点のダメージに反映します。

受けている効果によりダメージの合計が「0」またはマイナスになった場合、ここでダメージ計算を 終了します。

6. 最終的なダメージ 最終的なダメージが決まったら、ダメージ量の目印としてダメージを受けるポケモンにダメカン

(ダメージカウンター)をのせます。 ダメージを受けるポケモンがワザのダメージを受けない状態なら、6.最終的なダメージは行わず、 ダメージ計算を終了します。

見出しをまとめると

  1. ワザのダメージの計算
  2. ダメージを与えるポケモンが受けている効果
  3. 弱点の計算
  4. 抵抗力の計算
  5. ダメージを受けるポケモンが受けている効果

となっております。

計算式にすると

ダメージ計算の簡略式
(ワザのダメージ+ワザを使っているポケモンにかかっている効果)x弱点ー抵抗力+ダメージを受けるポケモンにかかっている効果

となります。

例題に当てはめてみよう!!

今回のケースの場合ワザのダメージは30

ワザを使っているポケモンにかかっている効果はビーストエネルギー(+30)とこだわりハチマキ(+30)

弱点はx2

抵抗力はなし

ダメージを受けるポケモンにかかっている効果は特性のかたいこうら(−30)とこだわりメット(−30)

それぞれ代入していくと

(30+30+30)x2-30-30=90x2-60=120

となります。

したがってこの問題のジェットパンチのダメージは120ダメージとなります。

意外と手こずる方も多かったのではないでしょうか?

ぜひプレイヤーガイドブックの計算式をしっかり把握して大会などで計算を間違えないようにしましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事