ポケモンカードニュース.com
こんにちは。ポケモンカードニュース.comです。
今回は2月3日バトロコ高田馬場でに行われたシティリーグ東京でフェローチェ&マッシブーンGXを使用し見事優勝したあき選手@s10a13ご本人にデッキ解説記事を寄稿していただきました。フェローチェ&マッシブーンGX単デッキのあき選手自身による解説をぜひチェックしてみてください。

はじめに・自己紹介

初めまして!あきです。

企業対抗戦をきっかけでポケカ始めました。その時はピカゼク使用していました。

平日はたまにババロコで練習、休日は池袋か渋谷で対戦練習していることが多いです。

フェロマッシ単を作成した理由

新弾のカードを使用してみたかった
なんと言ってもカッコイイ
(RRしかもっていませんが・・・)

フェロマッシ単にした理由

ビーストリングとルザミーネを安定して打つためが最大の理由です。

1体目が倒されてから安定して190以上だせる点が大きなメリットです。

タッグGXのみの構築はほぼないと断定しマチスの作戦を打つ機会の多さもあると考えました。

マチスを使用して相手に合わせてサポートを打てると仮定したいたので戦い方の幅が広がり挽回できるだけの力を秘めていると思っています。

フェロマッシが2体倒されて終わるリスクがある分、UBの強みを最大限活かして対戦したかったのがフェロマッシ単にした理由です。

スポンサーリンク

脳筋フェロマッシデッキレシピ

【デッキコード】M3XXpy-FOJwfh-RUpUpX

スポンサーリンク

フェロマッシ単デッキのコンセプト!!

サイド負けから強引に勝ち筋引っ張ります!

相手によってはマリガンでどんな戦い方するのか予想されてしまうこともありました、、

1体目のフェロマッシで ダメカンばらまき 2体目からビーリンの加速で190 マチスからルザミーネでダメージ受けなくしたり、ブルーの探索で火力あげたり(ハチマキやククイ) 相手に合わせて選択肢の多さが魅力です!

火力をあげる必要がない相手であれば 回復してサイド差を広げます。

キーカードの紹介


ブルーの探索がこのデッキには相性がよく

そのターンでしたいこと+次のターンでのサポートの準備

ができるので安定感がすごいです

ブルーの探索使用例
例:ブルーの探索
→エネがない種ポケない(ネットボール)
→次のターンのサポートない(ブルーの探索)
→バトル場やられそう(マチスルザミーネの準備)
など好きなカードをサーチできるのが強みですね。
スタジアムも相手によってはささるので初ターンで選択肢が多いのが利点です。

採用検討不採用カード

1.ビーストブリンガー
2.ジャッジマンホイッスル
3.じゃくてんほけん

1.ビーストブリンガー

ビーストブリンガーに関してはGXEXのみの効果なので、ビーストブリンガーをつけた状態でバトル場倒したらサイドが最低3枚とれるのでマチスが打てなくなります。

そもそもGXを落とすのにそれなりに時間かかるので活かしにくいと感じ不採用。

強気にサイドとるのであればデッキ構築がまた変わると思われます。

2.ジャッジマンホイッスル


ジャッジマンホイッスルは採用していましたが、ダートじてんしゃに変更しました。
相手によっては腐るカードが多いので(ウルトラフォレストのかみつかいこだわりハチマキ)選択肢増やすことを重視しました。
サポートの選択肢増えると安定感がさらに増します。

3 .じゃくてんほけん


じゃくてんほけんは炎対策(主にズガドーン)で採用していましたが、前日に対戦してみたらつけていても関係なくやられてしまいました。
シティリーグに炎は少ないと判断し他のカードで代用致しました。

フェローチェ&マッシブーンGXデッキの回し方

初ターンはルチアからビーストエネルギーとスタジアムかルザミーネ回収を狙います。
ブルーの探索が手札にあればなお良しです。

多かったパターンとしては
ブルーの探索でネットボールとブルーの探索サーチ
そこからエネかポケモンの選択
もしくはボールの代わりにかばんかスタジアムの選択

上手く回らない時はサポートが偏っていた時なので
グッズでブルーの探索かシロナを引きに行きます。もしくはサイドをGX技でとりにいく戦略でいきます。

環境デッキとの相性について

中火力のデッキに対して強く出れます(ジラサンルガゾロサナニン)。

苦手デッキはピカゼク、炎です。ピカゼクはベンチたつ前に260がでる。

炎(特にズガドーン)はサイドずらされるのと火力が高く何も出来ずに終わりました。

シティリーグ大阪の結果・感想

予選
① 〇vsニダンギル
② ✕vsピカゼク
③ 〇vsウルネク
④ ✕vsピカゼク
⑤ 〇vsフェロマッシアゴ
⑥ 〇vsルガゾロ

決勝
①vsピカゼク
②vsピカゼク
③vsジラサン
④vsピカゼク

当日思ったのはサナニンとメルカリいなくない!?です笑

ウルトラフォレストのかみつかいは手札でずっと腐っていました笑

サナニンに意識がむいていたのでピカゼクに対しての戦い方が探り探りでした。

前日のトレリでピカゼクにボコボコにされた経験が活かせた場面もあり準備が万全とはいえないのが問題でした

まとめ・実際に大会で使った印象感想

高HPではない種ポケに対して強くでれるのと接戦になった時の勢いが凄まじいです!

ポケギアやダートからブルーの探索をすることで相手に合わせて柔軟に対応できるのが強かったです。

このデッキはピカゼクに対してデッキバレしてると戦いにくいですね、発売されてから時間もたってなかったのでフェロマッシで意表つけてなかったら優勝はなかったかなーと振り返ります!

ポケモンカードニュース.com

新デッキを使用してシティリーグを勝ち抜いたあき選手実に見事でした。

新カードは対策されきれていないことも多いので、相手の包囲網を突破できるのかもしれません。

下のリンクからあき選手のツイッターもチェックできるのでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事