シロナ!グズマ!リーリエ!

だけじゃねぇ!

みなさん、アローラ!紫電です。

突然ですが、シロナとグズマとリーリエってご存知ですか?

まあ、知ってますよね。

じゃあ、ナリヤ・オーキドってご存知ですか?

はい、知らない人、多いと思います。

私は別に、マイナーなカードクイズをしたいわけではありません。

私はライターという関係上、多くのデッキレシピを調べたり、あるいは見たりする機会があります。

そこでふと、疑問に思ったのです。

みんなそのカードを考えた上で入れているのかと。

『シロナ!グズマ!リーリエ!』

なんでそれ?

ただなんとなく沢山これを入れた、そんなふうにデッキを構築していませんか?

私はしていた!

ですので、私自身への戒めの記事という意味もこめて、この記事を作成した次第です。

というわけで、皆さんの構築の幅を広げてくれるものになるように、幾つかのカードを紹介していこうと思います。

マイナーサポート一覧

ビッケ

エーテル財団の良心的存在、ビッケさん。

とってもおおきいですよね。……髪型が!

ビッケさんの効果は、以下の通りとなっています。

おたがいのプレイヤーは、それぞれ自分の手札を数えたあと、すべて山札にもどして切る。その後、おたがいのプレイヤーは、それぞれもどした枚数ぶん山札を引く。

ビッケ

つまり、相手の手札は減らず、こちらの手札が1枚だけ減るジャッジマンです。

じゃあ、ジャッジマンでいいんじゃないか、という方にお聞きします。

手札が大量溜まるようなデッキでジャッジマン撃てますか?

ビッケさんを使うと、こちらの手札は【ビッケ分】少なくなります。

ですが、それ以上減ることはありません!

低リスクで相手の手札を流し、グズマやアメを山札に落とさせることが出来ます

多くのデッキで事故回避のためにロケット団の嫌がらせを採用していますが、ビッケさんでそれできませんか?

イリマ

最初のキャプテン、イリマくん。

その効果は、コイントス大好きのトレーナーにはたまりません。

おたがいのプレイヤーは、それぞれ手札をすべて山札にもどして切る。その後、おたがいのプレイヤーは、それぞれコインを1回投げ、オモテなら6枚、ウラなら3枚、山札を引く。

イリマ

つまり、お互いの手札が3or6枚になるジャッジマンです。

じゃあ、ジャッジマンで良くない?といわれたら、まあジャッジマンでいいと私は言います

ただ、このカードだからこそ使える戦術があります。

A.こちらの場にゾロアークGXかピジョンがいる場合
B.こちらの場にペルシアンとブニャット(フレフワン)がいる場合

相手の手札によって戦術を変えられる、ハンドレスコントロール戦術が可能となります。

もっとも、勝負の決定打にはなりませんが、試合をほぼ完全にコントロールする能力を持っています。

イリマだから出来る戦術があるということを覚えておけば、今後の役に必ず立ちます。

また、相手の手札を強制的に6枚まで引き伸ばすという点に着目するのであれば、LOデッキで擬似的に山札を削る手段になりえます。

エーテル財団職員

アローラのポケモンを守る正義の味方。

ちなみにゲームのほうでは財団職員戦のBGM好きすぎて私生活でも聞いてます。

効果は、次のようなものになっています。

自分のトラッシュにある、名前に「アローラ」とつくポケモンを3枚、相手に見せてから、手札に加える。

エーテル財団職員

え、これ強くない?というのが、私の素直な意見でした。

ただ残念なことに、今現在「アローラ」と名の付くポケモンで強力なアタッカーが、ワザ【トロピカルシェイク】するアローラナッシー、ワザ【アローラサークル】するアローラガラガラなのですが……

どちらも進化前がアローラしてないので、イマイチ相性が悪いです。

他には、アローラキュウコンライン、アローラベトベターライン、アローラダグトリオラインなどが使用する候補として挙げられますが、アローラデッキとして採用されないので、タンカで十分という結論になってしまいます。

とはいえ、元の効果は実質タンカ3枚使っているのと同じである以上、強いサポート効果であることは変わりません。

今後のアローラポケモン次第では、確実にオオバケするサポートですので、覚えておいて損は無いでしょう。

ウルトラ調査隊

ウルトラサン・ウルトラムーンでの新要素。

別世界の住人で、ネクロズマと因縁が深い人たちですね。

ガミ○ス星人じゃないですよ!?

自分の手札にある「ウルトラビースト」を2枚までトラッシュし、その枚数×3枚、自分の山札を引く。

ウルトラ調査隊

という凄まじいドロー能力を持っています。

結果として手札は+3枚になりますが、手札を2枚トラッシュして6枚ドローは非常に強力です。

ウルトラビーストのポケモンという指定がある以上、デッキのポケモンがウルトラビーストだらけのデッキで活躍が見込まれるのは言うまでもありません。

アーゴヨンGXを中心にすえて、同じならネクロズマ・ウツロイド、ならカミツルギ・テッカグヤ・ツンデツンデ、ならツンデツンデ・マッシブーン、ならフェローチェ・カミツルギ・フェロマッシのUBデッキが組めますね。

最近ではフェロマッシ単ばっかり注目されていますが、フェロマッシ+アーゴヨンGXなどのデッキならば、リーリエやシロナよりもドロー加速や自分の山札捲りが可能です。

やまおとこ

サンムーンで最も有名なモブトレーナー、やまおとこ(のダイチ)

独創的なキャラクターにあわせているのか、効果もポケモンカードとしては独創的なものです。

自分または相手の山札を上から5枚見て、その中から好きなカードを1枚選ぶ。残りのカードを山札にもどして切り、選んだカードを山札の上にもどす。

やまおとこ

まず、自分か相手の山札のデッキトップ操作を“選択できる”点が非常に独創的です。

このカードは、デッキ全体ではなく上から5枚のみを指定しているので、サーチとしてはかなり不十分ですが、相手のデッキを全部見るわけにも行きませんから、妥当な調整といえますね。

逆に言えば、相手のデッキトップ干渉も可能な点を考慮すべきです!

ケララッパの特性[やまわたり]で相手のサポートをトラッシュに送るコンボとして、これ以上のカードはありません。

また、エネルギー切れを狙ったLOデッキでは、相手の手札に干渉するカードを別途に併用することで、【エネルギーを引かせない】という何よりも勝るロック戦術が可能になります。

皆さんにお聞きしますが、エネルギー引けなかったら勝てますか

やまおとこは、研究されていないだけで、やまおとこにしか出来ない戦術は確実にあります。

おそらく、私が言ったものとは別の戦術がまだあるはずです。

スイレン

アローラの水タイプキャプテン!

ここで初めてスイレンというカードを見たという方の気持ち、紫電にはよーーくわかります!

かわいいよなぁ!キャプテンの中ではスイレンちゃんNo.1ですよ!

水エネルギーがついている自分のポケモン全員のHPを、それぞれ「50」回復する。

スイレン

皆さん、スイレンの効果を良く見てみましょう。

水エネルギーが付いている自分のポケモン全員

つまり、別に水ポケモン限定じゃないってことです。

また、ポケモン全員ですので、バラマキ系にめっぽう強いということでもあります。

これの条件を満たすポケモンで真っ先に思い浮かぶのが、ヌオーアーゴヨンですね。

バラマキ系のワザは、確実に増えていっています。

コケコのかいてんひこう、ひかるアルセウスのアルティメットアロー、メロエッタのミラクルハーモニー、クワガノンGXのギガトロンGX、ウルトラネクロズマGXのめつぼうのひかりGX、そしてカポエラーのフィニッシュコンボ……

これらに対して、明確にたった一枚で解決してくれます。

回復量も「50」と多く、対象が場のポケモン6体なら最大計「300」回復になります。

水エネを用いた多くのデッキでバラマキ系に苦心しているのであれば、採用して損は全く無いです。

アカネ

ダイナマイトプリティガールでお馴染みのアカネちゃんやでー。

金銀ではミルタンクに散々お世話になったんやけど、負けたとたんに号泣されてもうてエライ困ったんが記憶に新しいわ。

このコガネ弁でしゃべるベッピンのおんなのこ、ドロサポとしてはメッチャ弱いってよう言われるねん。

『それ、ほんまにゆうてる?』

自分の山札を1枚引く。自分のトラッシュに「アカネ」(このカードをのぞく)があるなら、その枚数×2枚ぶん、さらに山札を引く。

アカネ

確かに、アカネをトラッシュに一枚も送らない=1枚目のアカネは1ドローしかできひん。

メッチャ弱いな。それだけなら!

じゃあ、トラッシュに一枚送った状態=2枚目のアカネは……3ドローする。

手札枚数に制限の無いドローサポートで3ドローは及第点と違うんか?ハウやん。

次に、トラッシュに二枚送った状態=3枚目のアカネは……5ドローと。

この時点で制限が無いエリカのおもてなしと似たような期待値してるやん。

最後に、トラッシュに三枚送った状態=4枚目のアカネは……7ドロー。

手札制限の無いドローサポートで最高のドロー能力を保有しているのに弱いわけが無い

アカネちゃんはその性質上、必ずデッキに4枚投入しなければならへんのがネックになってしもうてるねや。

せやけど、手札からトラッシュに捨てるカードがぎょーさん入っているデッキならば、最大効率のアカネを1回だけプレイするんはゴッツ簡単になるんやで。

主にゾロアークGXマグマッグの特性と組ませて器用にトラッシュに送られていく使い方が有名なんやけど、それ以外でも入れようと思えば入れることは可能や。

大量の手札を確保した後、グズマやアセロラといったドロー以外のサポートを使いやすくする手段は、勝ちゲームの典型的な展開や!

それをアカネ1回で済ませることが出来るのであれば、これほど強力なサポートは無い!

最近では、ポケギアやブルーの探索の登場で、現実味を帯びたサポートカードだと確信してるで!

スポンサーリンク

エリカ!アセロラ!ジャッジマン!

強いカードは強いけど!

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

実はまだまだ紹介したいカードはありましたが、内容が多くなってしまったのでいったんここで区切りとさせてもらいます。

ナタネ、ポケモンブリーダー、マサキのメンテナンス、釣り人、おじょうさまなどなど

ポケモンカードのサポートは、初心者セットが出来上がるほど固定化されています。

ですが、それはあくまで初心者セットです。

僕たちプレイヤーは、常にあらゆるカードの可能性を考慮してデッキを構築したほうが良いです。

そのためには、前提としてそのカードを知っておかなければなりません

冒頭に述べたように、今回の記事が皆さんの構築幅を増やしてくれるものになってくれたら、私としてはうれしく思います!

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事