メルカリにコピーカードが売られている問題について

注意:コピーカードをメルカリで買った方は絶対に受けとり評価をしないでください。

 

ポケモンカードブームのブームにつられて多くのポケモンカード社会問題(転売サーチオリパ詐欺など)が起きています。

 

今回紹介するのはコピーカード問題です。

 

メルカリにカプテテフやリーリエなどの高額カードのコピーカードが販売されているのです。今回はコピーカード問題とその対策についてまとめました。

 

コピーカードを購入してしまった方は、対応方法も記入してあるのでつかってみてください。

コピーカードとは?

コピーカード詐欺にもさまざまな手法が存在するようです。

 

コピーカードはカードに直接印刷を施したものもありますし。

 

印刷した紙をただ貼ったものもあるようです。

 

中にはオリカ(オリジナルカード)と称して販売することもあります。

 

コピーカードは公式の対戦ではもちろん使えませんので被害者にとって大きな負担となってしまいます。

 

こういう業者は説明文を読んだから同意したでしょ?返品不能だよ?といった論調で返品を拒否するそうです。

スポンサーリンク

返品・キャンセルは可能?

メルカリで注文をした際にもっとも注意すべきことは商品に問題があったときは決して受け取り評価をしないことです。

 

メルカリでは受け取り評価を行う以前であれば違法出品に対してはメルカリ本部が手厚くサポートしてくれます。

 

しかしながら、受けとり評価をしてしまうと取引が成立しているということで返金が難しいと判断される場合があります。

 

コピーカードが届いた際は

⒈出品者にコピーカードであることを報告返品の意思を伝える。

 

2.返品に応じれば送料代引きで返品するよう交渉しましょう。

 

3.返品・キャンセルに応じない場合はメルカリ本部に違法出品の報告を行いましょう。状況に応じてキャンセル・返金が行われます。

スポンサーリンク

コピーカードを販売することは違法!!

コピーカードの販売は著作権法違反です。

 

コピーカードでデッキを回すいわゆるプロキシは個人の範囲なら違法性はありませんが、コピーカードを販売するというところに違法性があります。

 

リーリエSR、シロナSR、アセロラSR、カプ・テテフGXなどのコピーカードはコピーカードとはいえ高価に販売されているので注意をしましょう。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事