ゲンミミは今の環境に刺さってるゲーン

↓今回のデッキはこちら↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/kdkvkF-M2Vlv0-wVvVwF/

ゲーーン!

アローラ、紫電です。

本日ご紹介するデッキはこちら。

ゲンガー&ミミッキュデッキ!

……はい、いまさらですか?と思った方、いると思います。

ですので私はあえてこういいます。

今だからこそ、ゲンミミを使うときだ!

何で今こそ使うべきなのか?それを解説していきましょう!

ブルーの探索に依存したデッキに刺さるゲン

フルメタルウォール収録のサポートカード、【ブルーの探索】。

非常に強烈な制限がありますが、山札から好きなトレーナーズを2枚まで手札に加えられる、とんでもなく強力な効果を持つサーチサポートカードです。

このカードの登場により、ブルーの探索に依存した様々な非特性デッキが誕生しています。

特に、タッグチームは特性を持っていないので、単体ならばこのカードと非常に相性がよろしいといえます。

ですが、ブルーの探索に依存しているデッキは、共通して以下の特徴があります。

1.特性持ちポケモンが無い(ほとんど無い)のでポケモンの数が少ない
2.特性が無いかわりにグッズやサポートでデッキパワーを補う
3.その影響でエネルギーも少数しか採用されていない傾向にある

つまり、ポケモン=最小、トレーナーズ=最大、エネルギー=少数というデッキが出来上がります。

ゲンミミのポルターガイストがメチャクチャ刺さっています!!

手札にあるトレーナーズを処理しないと、永遠に2エネで高い打点を出し続けられる恐怖!

そして処理をし終えたとしても待ち構えているサブアタッカーたち!

今回のデッキコンセプトは、アンチブルーの探索です!

スポンサーリンク

キーカード一覧

それでは早速、今回のデッキのキーカードとなるカードを紹介していきましょう。

1.ギラティナ

サブアタッカーその1。

相手の手札にトレーナーズが無いとわかっている序盤に活躍してくれます。

カラマネロがいるどんなデッキでも入ってしまう超強力な自己再生アタッカー。

2.ダストダス

サブアタッカーその2。

主に相手がグッズを捨てまくった後に機能する終盤のアタッカー。

ワザ【ゴミなだれ】で超火力を実現するその姿は圧巻の一言です。

3.ジラーチ

さりげなくこのカードの存在価値はめちゃくちゃ高いです。

やぶれかぶれやイリマ裏に対する保険として機能するので、いるといないではデッキの回り方が違います

4.マーシャドー[やぶれかぶれ]

ゲンミミと相性がよくないように見えますが、そんなことはありません。

序盤の事故狙いから、終盤の強制ドローまで、どんなときでも活躍してくれる1枚です。

5.のぞきみレッドカード

相手の手札を見るという、すさまじい情報アドバンテージを得るグッズ。

なのですが、ゲンミミのワザ【ポルターガイスト】で結局見るので、一見すると入る価値の無いカードに見えます。

ですが、このカードは相手の手札を見た上で【強制的にハンドリフレッシュさせる】ことが可能なカードです。

嫌がらせなことこの上ないので採用。

6.イリマ

なぜイリマ?と疑問に思われる方もいると思います。

イリマにした理由は、相手の手札を強制的に6枚にする可能性を秘めているからです。

また、相手の手札が3枚ならサブアタッカーで攻撃すればいいだけです。

どちらに転がっても、相手からしたら嫌なことこの上ないサポートなので採用です。

7.スカル団のしたっぱ

唯一のエネ破壊カードとして、スカル団のしたっぱを採用しました。

理由はとても単純で、トレーナーズを切りつくした相手の手札はエネルギーかポケモンしか残っていないからです。

上記にも書いたとおり、現在のデッキではエネルギーを少数採用=余裕の無い構築をしているデッキが散見されます。

相手が超バレットカラマネロではない限り、確実に相手のデッキに致命的なダメージを負わせられます

とはいえ、序盤から来ても困りますし、使わなくても勝つことはできるので1枚採用です。

スポンサーリンク

今回の不採用カード

・のろいのおふだ

今回のコンセプトはバラマキではありませんので不採用。

・じゃくてんほけん

ルガゾロを重く見ない構築のために不採用ですが、1枚あった方がいいです。

・トキワの森

エネ7と少な目なので、トキワで持ってきたいところですが、相手にトレーナーズを自由に捨てさせたくないため不採用。

・無人発電所

1枚くらい欲しいですが、月輪の方が重要だったので不採用。

まとめ

ゲーン!ゲンミミ、今の環境に刺さってませんか!?

チャンピオン千葉前の現環境は、ピカゼク、ウルネク、ジラサンが頭ひとつ抜きん出ていますが、これらのデッキに対してもしっかりと戦っていけるスペックはあると思います。

今こそ、ゲンミミを使って思わぬ奇襲を仕掛けてみてはいかがでしょうか。

ただ、私個人としてはこのデッキを相手にしたくないので、流行ってほしくはないかなぁ……。

それでは今日はこの辺で!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事