ポケモンカードニュース.com

こんにちは。ポケモンカードニュース.comです。

今回は非常に新しい発想で作られたズガドーンGX単デッキでジムバトル優勝したじじ選手@ka21_0817 にデッキ解説を依頼しました

今後はこういったUB単デッキが登場してくるかもしれませんね。

ぜひチェックしてみてください。

ズガドーンGX単デッキ【ジムバトル優勝・じじ選手解説】

ズガドーン単デッキを使用したじじです!

ポケカ歴は去年の7月頃からです。

何故この構築に至ったかと言うと、元々はフェロマッシ単を組んでいたんですが、たまたま友達がズガドーンGXデッキを崩しちゃったと連絡してきて、ズガドーンでも面白い構築が出来るんじゃないかと思い構築してみました。

ズガドーン単デッキレシピの紹介

【デッキコード】Lngg6n-SIN0hQ-nPg6gn

スポンサーリンク

ズガドーン単デッキのデッキコンセプト

ビーストブリンガーを眺めており、何か活かせないかと思った時にズガドーンが頭に浮かびました。

先攻でカキを使えれば後攻で180打点はなかなか出せないのではないかと考え、1ターン目にカキを高確率で決めれるようにデッキを掘る手段を沢山いれてあります。

スポンサーリンク

ズガドーンデッキのキーカード

ブルーの探索・ルチア

このデッキのキーカードは何と言ってもブルーの探索とルチアです。

私は確定と言う言葉が好きでブルーの探索でその時に必要なカードを確定で持ってこれるのが強みだと思っています。状況に合わせて使ってください。

ルチアはエネを確定で持ってこれる唯一の手段と捉えています。

やはりエネを毎ターン手貼りするのがこのデッキではかなり重要になるためビーストエネルギーを確定で持ってこれるルチアはとても重要だと思います。

グズマに関しては後ろのGXを狙いたい時が戦ってて多かったのでもう1枚増やすと強いと思っ増やそうと思っていますが、枠がかつかつなので現状厳しかったです。(ジムバトル出場時は2枚)

ウルトラスペース

ウルトラスペースはネストボール+スタジアム破壊の2つのために入れています。

最初はネストボールとトキワの森だったのですがトキワの森を残して置くことで、どの相手にもプラスになってしまう事が嫌でかつデッキを掘ることに専念しようとすると枠がなくなってしまいそんな時にウルトラスペースに変更した所、とても有効活用することが出来ました!

ズガドーンデッキの回し方

初手カキ後ろのズガドーンGXにしたいのでスペースか山を掘って探しに行きます。

1ターン目は前に手貼りの後ろカキ、2ターン目に前に手貼りでビックリヘッドが1番いい流れです。

ズガドーンGX以外にポケモンを入れていない理由ですが、人と違った構築が作りたいと思ったのは理想論で過ぎないのですが、まず倒されると相手のサイドが確定で4枚になりビーストリングタイムに確実に入れることが1番なんですが、意外と流行りの(流行ってるのかわからないけど)エリカのおもてなしの枚数を少なくすることが出来たりデスローグGXの打点を抑える事が出来るのも1つのポイントだと思っています。

カキをうてないとかなりきつく、上手く回らない時はヒートファクトリーやダートじてんしゃ、ジャッジマンホイッスル等を使ってとりあえずデッキ掘る事を考えて回しています!

環境に対しての立ち位置

正直あまり環境とかを意識するほどそこまでまだ熟練者ではありませんが、1ターン目に手貼り+カキ→2ターン目に手貼り+ビーストブリンガーでGXにはかなり強く出れると思います!

非GX戦がかなりきついですが、エネが16枚+ビーストエネルギー1枚で非GXでHPが150のポケモンに対してビックリヘッド(3エネロスト)を5回+バーストGXをうてるエネ枚数にはなっているので相手が事故るのを信じて戦います(笑)

大会で使った印象

一戦目がピカゼクとの対戦だったのですが、後攻で1ターン目手貼り+カキ、2ターン目手貼り+ブリンガーにてビックリヘッドで前のピカゼクを気絶させ4枚サイドを取り、その後、ズガドーンが気絶しビーストリングタイムに突入しそのままビックリヘッドで勝てました!

タッグチーム相手だと1番の理想ムーブでした!

ジラサンと当たらなかったので運も味方してくれたのかなと思います。

またサイドにズガドーンGXが落ちているとなかなか後続が立てられないのでタンカを1枚入れてもいいかなと思いました!

また、ズガドーンを複数だしビーストリングを使用した時にエネを分散することが大切なことかなと思います。

こんな事を言うのもおこがましいんですが、是非とも色んな方に使ってもらいもっといい構築を編み出してもらいたいと願っています!

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事