CL千葉直前!ライターのイチオシポケモン大予想!【ポケモンカードニュース.com編集部】

こんにちは。ポケモンカードニュース.com編集部です。

いよいよ大型大会であるチャンピオンズリーグ千葉が開催されますね!

今回はポケモンカードニュース.com編集部の面々のイチオシデッキを紹介していこうと思います。

大会出場者はもちろん、それぞれのイチオシデッキをみながら配信チェック勢も環境を楽しんでくれればと思います。

タクミのオススメデッキ!

こんにちはポケモンカードニュース.com管理人のタクミです。

いよいよ週末に迫ったシティリーグ千葉を制するのはどのデッキか?非常に興味のあるところですね。

私がオススメするデッキは【ピカチュウ&ゼクロムGX】と【ウルトラネクロズマGX】です。

現代ポケモンカードは何と言ってもたねポケモンが強い環境です。たねアタッカーの速さに進化ポケモンはついてこれないのではないか?と考えました。

そのなかでも多くの大会で結果を残し、研究が進んでいるピカゼクとウルネクが強いのではないでしょうか?

実際にトーナメントでもピカゼク・ウルネク(+ジラサン)は大会の顔といってもいいと考えられます。

両者とも盤面が揃ってしまえばあとは相手をビートダウンするのみ・・・やはり時代の勝者はピカゼク・ウルネクではないのでしょうか?

その1.ピカチュウ&ゼクロムGX

↓デッキレシピのURLはこちらから↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/Vk1vkw-2hP7EZ-VVbVvF/

Check!

やはりピカゼクは速攻フルドライブが今のトレンドです。

フルドライブ→タッグボルトGXが完璧に決まった時の強さは他のカードの追随を許しません。

ピカゼクを対策するか?ピカゼクを握るか?そんな大会になるのではないでしょうか?

キーカードはなんといってもピカチュウ&ゼクロム本体です。

Point

ピカゼクはデッキの型が非常に多いデッキタイプでもあります。

対応力を持たせた型か?速攻を突き詰めた型か?

本当に強いピカゼクがわかる大会になるのではないでしょうか?

トップへ

 

その2.ウルトラネクロズマGX

↓デッキレシピのURLはこちらから↓

https://www.pokemon-card.com/deck/result.html/deckID/MM3UMy-TIEyNv-SXMSyp/

Check!

通常たねGXながらも超エネルギーがつけばつくほど攻撃力があがる青天井のウルトラサンウルトラムーンを代表するでんせつのポケモン。

カードでも多くの結果を残してきたカードだが、250を超える高HPが当たり前になってきた環境でさらなる「かがやき」をみせる。

たねポケモンであるためデッキスペースが比較的多くメタカードやサポートカードを入れる余裕がありデッキビルダーとプレイヤーの力次第でどこまでも強さが伸びていく点が魅力だ。

Point

ビーストエネルギー、ビーストリングといった定番カードに加えて今回は「ウルトラフォレストのかみつかい」が登場した。

ここぞというときに握っている必要はあるが、恐ろしい力を得たと言える。

トップへ


スポンサーリンク

紫電のおススメデッキ!

アローラ!紫電です。

今回はCL千葉目前ということで、我々ポケカニュースのライターが現環境に対するイチオシのデッキを紹介するみたいですね。

もちろん私も紹介しますよ!

とはいえ、既に紹介したので細かい説明は省きます。

今回、紫電がCL千葉に対しておススメするデッキは、【ラティアス&ラティオスデッキ】と【超バレットカウンター】です。

まず、この2つを選んだ理由は、CL千葉の使用率上位、もしくは決勝に駒を進めてくるであろうデッキが。ピカゼク、ウルネク、ジラサンの3つだといわれているからです。

千葉までの多くのシティーリーグやジムバトルで優勝報告が挙がっているので、この考えは間違っていないと筆者は考えました。

よって、それらデッキと戦って勝てるデッキを選ぶ必要がありました。

そして導き出した結果、そんなことより愛情が優先のラティアス&ラティオスと、本気で全環境デッキに勝つ要素を投入した超バレットカウンターを紹介することになりました。

その1.ラティアス&ラティオスデッキ

↓デッキレシピのURLはこちらから↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/cxDKxY-JHg1Tb-ca4aD8/

Check!

カラマネロを複数たてて、特性[ねがいぼし]ジラーチとアタッカーをクルクル入れ替えながら戦うデッキ。

やってることがウルネクなんだから実質ウルネク!

ウルネクとの差別点は、高いHP、少ない逃げエネ、無敵と自己エネルギー供給が出来るGXワザ、そして尊いイラスト

ギラティナとマーシャドーGXでジラサンとピカゼクをボコボコに出来る。

Point!

マーシャドー[やぶれかぶれ]で2進化デッキをメタったり、不利デッキとのマッチを少しでも有利にしたりします。

デデンネGXは、このデッキの加速装置のようなものです。

[デデチェンジ]をするとしないとでは、2ターン目バスターパージの成功率が段違いです。

そしてワープエネルギーは、ポケモンいれかえとエネルギー供給の2つを1枚でこなしてくれる、素晴らしいカードです。

ラティラティのワザ【バスターパージ】にマッチしているのは、ウルネクとの明確な差別点ですね。

詳しくは該当記事をご覧ください!愛にあふれてますよ!

その2.超バレットカウンターデッキ

↓デッキレシピのURLはこちらから↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/pUXypM-3Y5Q3K-3MMMpS/

Check!

超バレットの型のひとつである、ジラーチギラマネロの動きを踏襲しつつ、新たに現環境に対応したカードを多く入れることで対応力を大幅に引き上げたデッキです。

バラマキではなくあくまでも対面性能を重視した構築ですが、ピカゼク、ウルネク、ジラサンすべてに対して不利がつかないものになっています。

その他にも環境にいそうなデッキに対して刺さるバレットカードを用意しています。

Point!

2種のヒードランは、それぞれ炎と鋼が弱点のTAGGXに対するバレットカードです。

イワークも、闘弱点のTAGGX、ピカゼクとゲコゾロに対するメタで採用しています

ウツロイドのワザ【ナイトキャップ】で、〆の一撃をお見舞いすることで強力なフィニッシャーとして機能します。

ハチマキ+ククイという王道の組み合わせで、HPが140以上あるポケモンも一撃で倒せるチャンスを生み出しました。

詳しくは該当記事をご覧ください!自信作ですよ!


 

 

スポンサーリンク

リューのオススメデッキ

こんにちは!お久しぶりです!ライターのリューです!

clが近づいてきましたね!デッキの考察や対策は進んでいますか?僕は本戦ではなくサイドイベントに出るのでもし遭遇した際にはよろしくお願いします!(申し込み3回とも落ちた。。。。)

さて、今回僕が紹介するデッキは「ロック型ピカゼク」「ジラーチ型リザードン」です!

僕が現フルメタルウォール環境で使っているデッキの中でもかなりの勝率を誇るデッキたちです。皆さんの千葉clに向けたデッキの考察や対策の手助けにでもなれば幸いです!(今回の記事の性質上、簡易的な説明になってしまっていることをお許しください。)

1.ロック型ピカゼク

↓デッキレシピのURLはこちらから↓

https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/xc88xc-aZhgNX-c84K8Y/

Check!
無人発電所とピカゼクなどの特性がないTAGGXが相性がいいことは誰しもが一度は頭に浮かべることなのではないでしょうか。
今回はそれを詰め込んだデッキです!デデンネGXやカプ・テテフGXを採用できないのでマーシャドーとジラーチでその役割を代用しています。(回し方に癖があり慣れるまで時間がかかる部類のデッキです)

Point

利点
・初手マーシャドーにより相手の手札事故を狙える。(進化デッキやLO、HANDデッキにはとても刺さります)
・マーシャドー、ジラーチによりフルドライブを早期に打つためのカードを揃えられる。
・ポケモンだいすきクラブによって、マーシャドーorジラーチ(ドローソース)とアブソル(ロック)などを持ってきて、相手の行動をロックしつつ自分の行動は広げられる。
・グラジオは最強のドロソ。
・ルザミーネは優秀。

欠点
・普通のピカゼクに対しては無人発電所が張れない、または剥がされてしまうと先にフルドライブを打たれてしまいます。(こうなると高確率で負けます。)
・どうしてもベンチを並べてしまうので現環境に多く見受けられるエビサワカポやバラマキ系にはサイドレースが追いつけないことが多いです。
・手札事故。マーシャドーを少なくとも2回は打つことが多いのでその分手札事故のリスクは伴います。ジラーチによるサーチで復帰出来るようなカードが引けないといきなり厳しい戦いになりがちです。

2.ジラーチ型リザードン

↓デッキレシピのURLはこちらから↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/VFFkvV-AcMT0v-kwkFvv/

Check!
リザードンは好きなポケモンでもあり出た時から組みたいと思っていました。

数多くのリザードンの型(早熟型、アロキュウ型、ウツギ型、オドリドリ型など)を調べ考察してきましたがそのなかでも使っていて個人的に一番強いと思ったのがジラーチを採用して組んだこのデッキでした。やることはとてもシンプルでジラーチの特性によって安定してリザードンを立てていく。これだけです。

Point

利点
・GXポケモンを採用していないのでサイドレースを有利に進められる試合が多い。
・戒めの祠採用によって、打点の調節がしやすい。(手張りと特性で200や210ラインのポケモンを落とせるようになるのはとても強いです)
・きずぐすりは相手がたけるとうきの自傷で気絶するラインでダメカンを調整してきたときや、エネを張った状態で相手の攻撃を耐久したい時などで活躍します。まんたんのくすりだとエネルギープールができないのできずぐすりの採用案をとりました。

欠点
・ふしぎなアメのサイド落ちをケアできない。ふしぎなアメが2枚以上サイドに落ちるととても厳しくなります。しかし基本的にカードが複数枚採用なのでアメのためだけにグラジオを採用するのは勇気がいり見送りました。
・ギラマネロやデスカーン、ジラサン、バラマキ、エビサワカポに対しては先にサイドを取られる試合も少なくなく、リザードンを早期に立てられないとサイドレースがとても不利になります。
・エネルギー管理。エネルギーリサイクルを引くタイミング、使うタイミングがとてもむずかしいです。試合で一番はじめのデッキ確認ができるタイミングで必ずエネの枚数を数え何回たけるとうきが使えるのかを確認しましょう。

トップへ


takasuKのオススメデッキ

どうも!takasuKです。

今回は我々ポケモンカードニュース.comのライターが総出で2月17日(日)に開催されるCL千葉でおすすめのデッキを紹介します。

CL千葉に出れない私も全力で紹介させていただこうと思います!

今回、私takasuKがCL千葉に出場することを想定しておすすめするデッキは【フェローチェ&マッシブーン】と【ウルトラネクロズマ】です。

なぜこの2つのデッキを選んだかといいますと、CL千葉ではピカゼク、ジラサン、ウルネクの3種類のデッキの使用率が高いと予想して対策しやすく安定性があるデッキを選んだ結果この2つのデッキを選びました。

中でもピカゼクが1番使用率が高いと予想して一撃でピカゼクを沈めることができるポケモンを選んだ結果この2つのデッキに決まりました。

それではそれぞれのデッキを軽く解説していきたいと思います。

その1.フェローチェ&マッシブーンデッキ

↓デッキレシピはこちら↓

https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/ySMpM3-LKE1QQ-MX2pXX/

おすすめの記事はこちら→https://pokemoncardnews.com/archives/4690

Check!

最近結構噂されているフェローチェ&マッシブーンGX単独のデッキです。

序盤はブルーの探索をはじめ、サポートカードやグッズを使いあらゆる状況に対応できるようにカードをサーチしていきそれと同時にフェロマッシのジェットパンチでダメカンをばらまいていきます。

ルガゾロやジラサンなどにも強く出ることができ、ビーストエネルギーとこだわりハチマキを同時使用することでピカゼクすら一撃で落とすことができます。

また、高HPによる耐久も少しあるのでじわじわとダメージが蓄積してきたらアセロラやまんたんのくすりを使いすべて回復することもできるので1体だけで長期的に戦うこともできます。

Point

このデッキのキーカードはずばり「ブルーの探索」です。

好きなトレーナーズを2枚サーチできることでエネ加速も容易になり次のターンの準備もでき、場合によっては不利な状況を打開できる可能性も出てきます。そのため重要だということで4枚採用しました。

このデッキを使用する際、注意する点がいくつかありました。

まずズガドーンが出てくると結構不利な状況になります。GX技でサイド枚数をずらされるうえ、炎タイプ弱点なので簡単に気絶させられてしまいます。

そしてピカゼク相手だと下手をするとこちらも一撃で気絶させられるほどの火力の技がとんでくるため注意が必要です。

トップへ

その2.ウルトラネクロズマGXデッキ

↓デッキレシピはこちら↓

https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/xDcJcY-gLRx91-DxxYK8/

Check!

ウルトラネクロズマデッキはピカゼクやジラサンに並ぶ現環境トップのデッキの1つです。

このデッキの基本的な動き方はエネルギーをトラッシュに送りつつカラマネロでアタッカーにエネを付けて攻撃するという動き方を多く使用します。

場が整うまではジラーチやトレーナーズを使ってサーチをしていくことが大事になってきます。

そして最初のターンにどれだけ多くマーイーカを立てれるかが重要になってきます。

Point

このデッキのキーカードは「カラマネロ」と「ジラーチ」です。

カラマネロはエネ加速の仕事を担う大事な役割を持っており、ジラーチはトレーナーズを確保してカラマネロやウルトラネクロズマを出しやすくします。

現環境では高いとは言えないウルトラネクロズマのHP、カラマネロを優先してターゲットにされると機能が停止してしまう点が欠点と言えます。

トップへ


みそらのおススメデッキ!

ども!みそらです!

ポケカニュースライターの CL 千葉に向けたデッキ紹介!
↓↓弥空が選んだデッキがコチラ↓↓
【サーナイト&ニンフィア TAG TEAM デッキ】
【メルメタン&ルカリオ TAG TEAM デッキ】
です!

選んだ理由
1 ピカゼク黄色の悪魔に轢き殺されないようなデッキが必要なこと。
2 ワンパン環境に耐久力のあるカードが必要(チャームやフルメタルウォール
GX など)
3 TAGTEAM 自体が CL デビューになるので使って欲しい!
以上の3点です。
では、早速オリジナルレシピいきましょー!!

1.サーナイト&ニンフィアGXデッキ

↓デッキレシピはこちら↓

https://www.pokemon-card.com/deck/thumbs.html/deckID/3pp22S-ABeiBg-M3UMyX/

Check!

まずはサナニンにエネルギーを溜めましょう!
ようせいのうた、カレイドストームを使い耐久しつつ攻撃を行います。
ミラクルマジカル GX は追加効果を無理に狙う必要はなく、
3エネ200打点出る便利なワザ、と捉えるのがベストだと思ってます。
もちろん使えたら強いですけどね。

Point
1 フェアリーチャーム○○


伝家の宝刀フェアリーチャームです。
これをつけるだけでバトルが終わることだってある神グッズです。
ウルネク、フェロマッシには UB、ジラサン、ピカゼクには雷ですね。
その他特性などのチャームも強い。サーナイト可愛い。強い。
2 アブリボン

コチラはグズマ封じ。
サナニンで戦っている間に2体目をようせいのうたで育成する際、グズマで
引っ張られるのは非常に嫌。それが来ないと戦いは楽になります。
アブリボンにはチャーム雷をつけましょう。タッグボルト GX で落ちてしま
うので。

【注意ポイント】
前提、メルカリにまぁ勝てないかなと。
-30 された状態でダメージも通りにくく、チャームでも防げず。弱点。
ただ使用率的にピカゼク以外はそんなに大量に出てこないと思っているので、
メルカリは捨て試合、とは言いませんが難しいと思います。

他デッキはまあメタ張れるデッキにはなっているのですが、

ルガルガンのブラッディアイでアブリボンを打たれ、そのまま崩されて、とい
う形があるのでルガゾロ(今大会にもいるはず)には若干注意だと思います。

2.メルメタン&ルカリオ TAG TEAM デッキ

↓デッキコードはこちら↓

https://www.pokemon-card.com/deck/thumbs.html/deckID/gHg6Pg-t4tB0Y-LLHn6L/

Check!

[動かし方] このデッキは後攻おすすめです!
ミカンの恩恵を受けれるので、あれば使いたい。
手札によりますが、全体的に広く育てられるようにしましょう。
フルメタルウォール GX を打てるのがベスト。
アセロラさんでメルメタル GX とぐるぐる回せるのが理想!
メルメタルの方が火力出るので、相手のポケモンをなぎ倒して行きましょう!

Point

【注意ポイント】
鋼鉄のフライパンがあるので、炎タイプデッキだからと言って
諦めなくて良いです!

スピードが出るデッキは厳しいかもしれません。
ピカゼクは初動を乗り越えましょう。勝ちが見えます!
その他はアセロラのタイミング、ダメージ計算と試合時間、これ大事。

【まとめ】
いかがだったでしょうか?
僕の予想はあくまでも予想なので他のデッキの方が強いかもしれませんし、
速効性で言えば他のデッキになるかと思います。
僕の記事を見ていいねと感じたら CL 外でも使ってみてください!

トップへ


まとめ

ポケモンカードニュース.comライター陣によるCL千葉のおすすめデッキ予想いかがだったでしょうか?

今回紹介したデッキタイプから優勝デッキが登場するか?はたまた新しいデッキタイプが登場するか?

今から楽しみですね。選手の皆さんはすでにデッキを決めていらっしゃる方も多いと思います。配信で大会を観戦するプレイヤーは特に今回の記事を見ながら楽しんでいただけたらなと思います。

ポケモンカードニュース.com編集部一同、選手の皆様の活躍を心より応援しております。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事