ポケモンカードニュース.com
今回は1エネで120ダメージの高火力を出すことができるキリキザンとルカリオ&メルメタルGXを組み合わせたデッキでジムバトル優勝したダイチ選手@groundda1 にデッキ解説をしていただきました。
サブアタッカーとしてピンざしされることはあるもののメインアタッカーとして活躍させているのは見事です。
キリキザンはファンの多いポケモンでもあり、キリキザンファンに勇気を与える構築でもあります。

キリキザン+ルカリオ&メルメタルGXデッキレシピ【ジムバトル優勝・ダイチ選手解説】

はじめまして。ダイチと申します。

ゲームの方でもキリキザンが好きでカードでも活躍させたいと思いデッキを組みました。

デッキ「ルカメタキザン」


【デッキコード】NNLnPg-gSYlqo-gLPL6g

とにかくキリキザンでいってんづき120ダメージを連発したい。

無傷でないと火力が下がる、HP110と打たれ弱い、進化のための隙ができてしまう、そんなキリキザンが全力を出せるようにこちらも全力でサポートするデッキです。

スポンサーリンク

採用カード

コマタナ、キリキザン


このデッキの主役。アタッカーをほぼ一任しているので4-4。
1エネ120ダメージはとても強力です。
どうしようもない時はこうちょくで足掻くことも一応できます。

ネクロズマたそがれのたてがみ

主にたねGXに対して、キリキザンでとどめを刺せるように調整してもらいます。キリキザンで2回攻撃しなくてよくなるのでウルネクなどのHP190ラインや1進化GXを倒すのが楽になります。非GX相手や状況次第では腐りやすいので1枚。

マギアナ


3種類のポケモンのどうぐを採用しているので、状況に応じて付け替えられたら面白いと思い採用しました。リーリエを使う前に適当などうぐをつけて手札を減らすこともできます。
正直なくてもいいのですが、あったらあったで便利です。

ジラーチ


説明不要のデッキの潤滑油。最近はメタられていることもあり1枚にとどめています。必要パーツが多いので2~3枚入れた方が安定するのですが。
このデッキにおいては鋼サポートの恩恵を受けるので使いやすいと思います。

ダダリン

あと10ダメージ、そんな痒いところに手が届くポケモン。サイド落ちが嫌なのと、20ダメージほしい時もあり2枚採用しています。その分初手に引きやすいのは難点なのですが…
逃げエネが2なのと、ダダリン自体は鋼タイプでないのは注意点。

ルカリオ&メルメタルGX


このデッキのもう一人(二人?)の主役。
ダメージ軽減、キリキザンが動けるまでの壁、進化前たねポケモンの相手、あまり使わないですが150ダメージとあらゆる場面で活躍します。
非GXメインのデッキでサイド3枚取られるのは辛いので、ある程度頑張ってもらったら欲張らずにアセロラで回収してあげます。
こうてつのこぶし+アセロラで鋼エネルギーをサーチできるのも美味しいです。
複数場に出す場面はなくアセロラで再利用もでき、あくまで繋ぎと考え1枚です。

カミツルギGX


ハイパーボール対応の改造ハンマー。ルカメタがGXワザを使わない場合サイドあと1枚を相手の場に関わらず取れる最強のフィニッシャーでもあります。勝利ルートを増やせるのは強力です。
HP170と打たれ弱くエネトラッシュのためだけに出すのは危険なのですが、フルメタルウォール後はそこそこ信用できる耐久力になります。

レスキュータンカ


キリキザンはきぜつしやすいのですぐ戦線復帰させやすいよう2枚。本当は3枚欲しいです。

まんたんのくすり


小ダメージを回復させます。1エネで動けるキリキザンとは相性がいいです。
ただキリキザンは元がHP110なので耐久を上げても耐えきれないデッキも多く2枚にとどめています。

メタルゴーグル


キリキザンへの小ダメージを防ぐグッズその2。フルメタルウォールでも防げない効果でのバラマキを防いでくれます。合わせて60の軽減ができて160ダメージまでは無理矢理キリキザンが耐えたりもします。

フウとラン


ドローソースであり入れ替えの効果を選べるのでデッキスペースが節約できます。ですがサポート権を使ってしまうので素直にポケモンいれかえを入れた方がいいのかもしれません。

ククイ博士


ウルネクなどのHP190ラインにキリキザンがハチマキダダリン祠込みで無理矢理届くので採用しています。純粋なドローソースとしては弱いので1枚にとどめています。

テンガン山


キリキザンは1ターンでやられやすく、耐えた場合はまんたんのくすりを使いたいのでエネルギーを補給できてとても助かります。
本当は2枚欲しいのですが、キリキザン自体は1エネで動けるので1枚です。

戒めの祠


ルカメタやカミツルギとGXを採用しているので相性は悪いのですが、GXへの確定数が変わる大事なカードです。
一応カミツルギをアセロラで回収しやすくなります。

ダブル無色エネルギー


主にルカメタGXがワザを使うためにあるのですが、ダメージを負ったキリキザンがパワーエッジを使うこともできます。
フルメタルウォールは追加効果がなくても強いこと、パワーエッジの使用機会が少ないことから2枚に減らしてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

採用を見送ったカード

カプ・テテフGX
進化待ちのコマタナ、火力補助のダダリン、他にもたねポケモンでベンチが埋まりやすいのでポケギアにしました。出した後狙われやすいので正解だったと思います。

カプ・コケコ
逃げエネ0、かいてんひこうで確定数ずらしと便利なのですが、エスケープボードやルカメタなどを投入した際に抜けました。ここは要検討です。

バリヤード
攻撃力展開力さらには鋼抵抗で辛いピカゼクにアセロラまで使われると勝ち目がないので採用していましたが、アセロラの採用枚数が0~1のデッキも多く採用を見送りました。

マーシャドー(リセットホール)
同じくピカゼクのエーテルパラダイス保護区が辛かったので検討していましたが、こちらも採用枚数が少ないのとスタジアムは張り替えで対応できるので使用しませんでした。

ポケモンいれかえ
ジラーチを使用したり、エスケープボードで逃げられないポケモンのためにあると便利だと思います。一応盤面が揃いさえすればアセロラやフウとランで代用できます。

鋼鉄のフライパン
ルカメタGXには採用されるカードですが、キリキザンへの効果によるバラマキを防ぐメタルゴーグルの方が強いと思い入れていません。ルカメタGXを増やすなら検討していいと思います。

ルカメルキザンデッキの回し方

序盤はバトル場にジラーチやルカメタを出し、コマタナを並べ場を整えつつ、状況に応じてダダリンを出しキリキザンに進化して殴る、それだけです。中盤以降息切れしてきたらルカメタで粘りつつ、戦線を回復させます。
最序盤でフルメタルウォール!…と言いたいところですが、中盤以降育ったアタッカーを止めたり、高火力過ぎてキリキザンが耐えられなかったりして無駄撃ちになったり、カミツルギがGXワザを使った方がいい場面もあるので相手のデッキタイプがわかるまでは温存しておきます。
進化デッキ全般に言えますが進化元のたねポケモンはグズマで狙われたりするので複数並べたいのですが、ギラティナなどの特性でダメカンをばらまいてくる相手だとゴーグルを引いていないとコマタナを出しにくいということもあり、複数出すかは状況次第です。

ルカメルキザンデッキの有利なデッキ・不利なデッキ

有利寄り
・サーナイトGXやサナニンフなどフェアリー全般
当たり前ですが弱点を付けるので有利です。サナニンフは素のいってんづきでは倒せないのと、ミラクルマジカルGXを撃たれると後が続かず一気にきつくなるのでできることなら早めに展開したいです。
・二進化系
1進化、1エネで動ける分スピードではこちらが有利です。展開のためにアローラキュウコンGXが入ることも多く、こちらは弱点で倒せます。
さらにカメックスやリザードンは自身にダメカンを乗せるので倒しやすいです。
・バラマキ系
一見キリキザンが苦手そうです。ですが最初にルカメタが出せればコケコなどは封殺できます。メタルゴーグルまでつけられれば効果のバラマキまで防げますし、おきてマニューラでジラーチがダメージを受けることもありません。サイド落ちや引き次第といったところです。

どちらとも言えない
・ズガドーン
弱点を付かれますがどのみちキリキザンに対しては要求エネ2が変わらないのでルカメタが出しづらいくらいになります。一応HP180はハチマキいってんづきとダダリン、ククイ、祠どれかで30ダメージ追加できればギリギリ1撃です。
・ゾロアーク系
-30できればライオットビートは耐えられるので、ハチマキいってんづき+ハチマキ弱いってんづき、いってんづき+パワーエッジ、たそがれのだんがん+ハチマキいってんづきなど2ターンかければ倒せるルートはあります。ただとりひきによる展開スピードに勝てるかは疑問が残ります。

不利
・雷タイプ
当たり前ですが鋼抵抗を持っているので辛いです。サンダーは抵抗は持っていないもののスピードで勝てません。
・サナニンフ以外のタッグチーム
2回攻撃する前にアセロラや回復をされるので辛いです。
・ウルネク
1撃で倒しにくいので辛いです。超エネ2枚で倒されてしまうのでカラマネロが1体でもいると手貼りと合わせて連発されます。

まとめ・実際に戦ってみて

相手のデッキや状況に応じてどうぐをつけたりダダリンや戒めの祠で打点を調整しながら戦わなければいけないので、トレーナーズを手札に加えやすいジラーチを早めに展開できると有利に進めやすかったです。

また、ルカリオ&メルメタルGXが理想的な活躍をしてくれました。キリキザンへのダメージをなくしてくれるのと、要所要所で壁になってくれるのでキリキザンの負担が減らせるため予想以上に相性が良く、サイド落ちを考慮して2枚入れてもいいかもしれません。

環境的に辛い相手も多いものの、緩い条件で1エネ120ダメージが出せるキリキザンは強くてかっこいいです。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事