メロエッタちゃんってなんだ?

↓今回のデッキレシピはこちら↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/LLgNQH-rUVFrM-QnLng6/

アローラ!紫電です。

今回は、コイントス大好きアタッカーのメロエッタちゃんを使ったデッキをご紹介します!

え、メロエッタちゃん知らない!?

下のワザ【ミラクルハーモニー】は、自分の場にいるワザ【うたう】を持つポケモンの数ぶんのコインを投げて、オモテの数×10のダメージを相手のポケモン全員に与えられます。

メロエッタ自身も【うたう】を持っていますから、1匹だけなら1回、場6匹埋まっていたら6回コイントスが出来ます。

そして、2回オモテでかいてんひこう、3回オモテでアルティメットアロー、6回オモテでめつぼうのひかりGXになります。

つっよ。勝ったわ。

というわけで、ギャンブラーならたまらねぇ性能をしているこのメロエッタちゃんを中心にしたデッキを構築しましたので、最後までお付き合いください!

メロエッタちゃん取扱説明書

まずは、メロエッタちゃんの解説を軽くしていこうと思います。

超タイプたねポケモンHP80で逃げエネが1……結構身軽ですね。

そして、肝心のワザ【ミラクルハーモニー】は超無無の3エネ起動……若干重いですね。

というわけで、エネ問題のケアを第一優先としなければなりません。

しかも、ワザの関係上ベンチにカラマネロを立てられないので、正攻法で解決しなければなりません。

1.カウンターゲイン

劣勢条件下でワザのエネルギーを超無にしてくれます。

メロエッタちゃん以外にも使える便利な一枚。

2.学習装置

超エネルギーがトラッシュに送られることを防ぎます。

基本的に1メロエッタ1超エネですので、バトンよりはこっちを採用です。

3.カウンターエネルギー

このカードがないと、ワザまで持っていくことすら出来ないほど優秀です。

基本的にはカウンター状態でのみ使うようにしましょう。

組み合わせ

これらのカードを採用したことで、超エネ、ダブル無色エネと合わせ様々な組み合わせでワザまで持っていくことが出来ます。

超エネ+ダブル無色エネ
超エネ+カウンターエネ
学習装置+ダブル無色エネ
学習装置+カウンターエネ
カウンターゲイン+カウンターエネ
要カウンター戦術

スポンサーリンク

キーカード一覧

それでは、キーカードたちの紹介に移っていこうと思います。

メロエッタやエネ問題解決カード以外のものを取り上げていこうと思います!

1.チルット

プリンと合わせてのサブのうたうポケモン。

多すぎると非常に腐りますので、最低限の合計5枚採用です。

2.カプ・テテフ

カウンターゲインにも対応しているエライ守り神。

超タイプ採用なのは、ワンダーラビリンス◇に影響しない妖タイプよりもエネルギー的に安定するからですね!

1枚あれば十分なので1枚採用です。

3.ウツロイド

超かわいいウツロイドちゃん。

ワザ【ナイトキャップ】で強力な相手のGXワザをコピーすることが目的です。

うたうポケモンじゃないので1枚採用です。

4.スーパーボール

実はハイパーボールからこのスーパーボールに変えました。

このデッキは、ポケモンの割合が少ない代わりに必須級のグッズが大量に入っています。

正直1枚も切りたくありませんのでスーパーボールが適切となりました。

5.ポケギア

むりやりブルーの探索などのサポートを山札から引っ張ってきます。

実質デッキ圧縮しています!

とにかく毎ターンサポート打ちたいので4枚採用。

6.エネくじ

エネルギーが引けない=エネルギーがつけられない=敗北

これを回避するためにエネルギーを引くカードを採用しました。

8/12が特殊エネルギーなので、エネルギースピナーではなくエネくじですね!

7.ブルーの探索

このカードがあるからメロエッタの安定度が段違いに上がりました。

今まではベンチにうたうポケモンを並べることすら難しかったですが、彼女はそんなメロエッタに光を……ではなく、旋律をもたらしてくれたのです。

ポケギアに依存せずに引きたいので4枚採用。

スポンサーリンク

そのほかの採用カードたち

いれかえ+タンカ

いれかえが無いとチルットスタートのときに、手番とエネルギーが1つずつ無駄になってしまいます。

タンカが無いと、中盤以降にこちらの火力がダウンしてしまいます。

どちらも本来は3枚欲しいところです

グラジオ+ルザミーネ

グラジオが無いとサイド落ちの回収が出来なくなってしまいます。

ルザミーネは、どちらかといえば2枚目3枚目のスタジアムとして意表をつく形の採用にしています。

グラジオは2枚でも活躍してくれそうです。

祠+発電所

枠が無いのでどちらもピン刺しですが、どちらとも非GXデッキとして必要なものですので採用しています。

どちらかをもう1枚採用して、スタジアムの枚数を増やしてもいいでしょう。

不採用カード

・ダートじてんしゃ(ジャッジマンホイッスル)
→枠をポケギア、エネくじに割いているので不採用になっています。

・シロナ
→手札リフレッシュと6枚ドローは魅力的ですが、どちらかといえばブルーとリーリエが優先的に打ちたいサポートなので不採用に。

・ジャッジマン
→こちらの事故が目に見えていますので不採用です。逆に使われるとめちゃくちゃしんどいです。やめてください。

改良案

少々手回しした結果、マイナーチェンジ版のレシピを追加してみました。

メロエッタデッキはあまり研究されておらず、使用者も少ないですので、参考になるデッキレシピが少ないのが難点ですね。

レシピと簡単な変更点

↓改良案のデッキレシピ↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/xDx8J8-j3ygER-xcDKc8/

最大の特徴として、スーパーボールエネくじポケギアの採用を抑えました。

スーパーボールは、ベンチにある程度のポケモンがいるときに3・4枚目を使うと、確率的に不発に終わりやすく、4枚採用は必要ではないのではと感じました。

2枚削る代わりに、確定でサーチ出来るハイパーボールを2枚採用しました。

エネくじですが、全体のエネルギー枚数こそ12枚ですが、その場面で欲しいエネルギーはそのうちの4枚になる場面がありました。

そういったときに、山札の枚数が多いとそもそもエネくじを使っても期待できなくなってしまいます。

ポケギアも、サポート枚数が12枚ですが、同じ理由で闇雲に使うことは得策ではないと感じました。

よって、2枚ずつ削ってダートじてんしゃを4枚採用することで、1枚あたりのエネくじ・ポケギアの有効確率をあげる作戦です。

また、プリンとカウンターゲインを1枚ずつ切って、シロナを2枚採用することでドロサポの総量を4から6に変更しました。

まとめ

たのしい!

コイントスをめちゃくちゃしたり、上から7枚ばっかり見たり、本当に楽しいデッキです。

楽しいって大切!

バラマキ系のデッキですので、ベンチに多く展開するちょっと遅めのデッキに対しては、割と戦うことが出来ます。

ぜひこのデッキで勝利を飾ってドヤ顔を決めてやりましょう!

それでは今日はこの辺で!

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事