どちらも炎を強化してくれるトレーナーズ

アローラ!紫電です。

3月1日に発売されるダブルブレイズのカード情報が出ましたね。

今回はその中でも、炎タイプを強化してくれるトレーナーズを2枚考察しようと思います!

溶接工(サポート)

自分の手札にある炎エネルギーを2枚まで、自分のポケモン一匹につける。その後、自分の山札を3枚引く。

溶接工

炎タイプのエネ加速手段に加えて、3枚ドローを期待できるドローサポートを兼任しています。

エネ加速+ドローサポート=強いに決まっている

まず相性が良いカードとしては、グッズの火打石が挙げられますね

溶接工の加速用エネルギーを火打石で確保することができます。

また、手貼り分+ヒートファクトリー分のエネルギーも確保できますので、必ず併用して使いたいところです!

溶接工を打ってあげるポケモンとして注目できるのがズガドーンGXです。

後攻1ターン目に溶接工+手貼りをすることで150点を確保することができます。

手貼りをビーストエネルギー◇にして、こだわりハチマキを持たせることで210点まで出ます。

溶接工はカキと違ってターンが終わりませんから、わざわざアーゴヨンを採用せずに良くなりましたね!

別のカードとしてはブースターGXが挙げられていますね!

溶接工はイーブイの特性[エナジーしんか]の条件を満たしますし、手貼りも含めたら後1ぐれんのほのおが使えます!

ハチマキも合わせたら、いきなり220点をたたき出すトンデモデッキに早代わり!!

もちろん、新カードであり看板商品であるレシラム&リザードンGXに使うのも強力!

また、同じサポートとして、カキとはしっかり使い分けを行いたいところです。

カキは先攻1ターン目に、溶接工は後攻1ターン目に使うと役割分担することが非常に大切ですね。

炎の結晶(グッズ)

自分のトラッシュにある炎エネルギーを3枚、相手に見せてから、手札に加える。

炎の結晶

炎専用のエネルギー回収の上位互換です。

カキやビーストリングを使わない限りは、エネルギー循環装置よりもこちらを採用したほうが強いです。

エネルギーリサイクル→火打石というサイクルを経由しなくて済むのも優秀です。

ヒートファクトリー◇でトラッシュに送った炎エネルギーを効率よく手札に回収するのは卑怯レベルの強さです。

もちろん、新カードの溶接工にもしっかりと対応していますので、ぜひ炎タイプに投入したい1枚!

たけるとうきリザードンとは相性が悪いので、そちらは既存カードのほうが強いことには留意しましょう!

まとめ

溶接工、やりすぎ

おそらく、炎が環境のトップに君臨することはまず間違いないでしょう。

ヒートファクトリー◇やフラダリ◇などの炎系カードを今のうちに購入しましょう。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥1,400 (2019/12/15 18:16:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥245 (2019/12/15 18:16:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事