普段はハイパーボールばかり見かけるけるが

 

ポケモンカードには様々なモンスターボールカードが存在します。

 

現在の環境では確定サーチのハイパーボールやたねポケモンを持ってこれるネストボールそしてくさタイプポケモンかくさエネルギーをサーチできるネットボールが人気がありますが、実は今までポケモンカードには原作でおなじみの様々なモンスターボール、おしゃれボールが封入されてきました。今回はポケモンカードのモンスターボールカードをまとめてご紹介します!!

定番モンスターボール

まずはゲーム原作ではショップで売っている定番ボールを紹介します。

モンスターボール

 

コイントスで好きなポケモンをサーチする基本中の基本ボール。環境ではコイントスは運要素が高い、裏が出やすいきがすることから採用率は低い。コイントスで表を出す運命力が高いプレイヤーにとっては強カード。

スーパーボール

自分の山札の上から7枚みてポケモンを手札に加えるカード、コストはないものの確定サーチではないため採用率は低め。→なんとチャンピオンズリーグ2018にてグランブルデッキに採用され非常に注目を集めはじめました。収録パックは非常に少ないため絶賛高騰中!?

 

ハイパーボール

ポケモンカードでは最強クラスの汎用グッズ。4枚積みは基本といってもいい。ポケモン確定サーチで強い。コストである手札2枚トラッシュも戦略上トラッシュに送るべきカードもあるため墓地肥やしの働きもある。

 

スポンサーリンク

ショップ売りおしゃれボール

原作ではフレンドリィショップで購入できるがデザインがおしゃれで人気の高いボール。

クイックボール

原作では一ターン目に使うと5倍の確率で捕まえることができる図鑑埋めで人気の高いボール。ポケモンカードでは山札の上から一枚ずつ表にしていき最初に出たポケモンを手札に加えるカード。ランダムレシーバーのポケモン版のこうかである。

 

ゴージャスボール

トラッシュにゴージャスボールがない場合山札から好きなポケモンを手札に加えるコストのないハイパーボール。殿堂レギュレーションでは5枚目のハイパーボールとしてピン積みされることが多い。殿堂の必須カード。収録当時はハイパーボールがなかったため進化ポケモンの確定サーチがゴージャスボールだけだったため重宝されていた。

 

ダークボール

自分の山札の下から7枚カードを見てポケモンを一枚手札に加える効果。スーパーボールの反対の効果ですね。ハンサムとハウのような関係のカード。再録はなかなかなさそう。

 

ダイブボール

コスト無しで山札から水ポケモンを一枚選んで手札に加えるカード。コストがないためみずデッキでは必須カードでした。ゲッコウガbreakデッキで活躍を見せた。

 

タイマーボール

サンムーンシリーズで新規種録されたボール。進化GXが強いサンムーンシリーズとは相性がよい。上ぶれすれば二枚サーチできる強いカードだが、運が絡むためトーナメントでは使われない。必然力があるプレイヤーにおすすめ。

 

ネストボール

こちらもサンムーンシリーズで新規収録。たねポケモンの展開に使えるため、多くのデッキで採用されうるポテンシャルを持ったカード。カプテテフGXのように手札から出した時に使える特性は使えないため、ポケモンとの相性次第でハイパーボールと枚数を調節することになる。

 

ネットボール

サンムーンシリーズで新規収録された環境ボール。くさタイプのたねポケモンをサーチできる上、くさエネルギーをサーチしてもよいため腐りにくい。ジュカインGXデッキと相性抜群。

 

プレミアボール

原作ではモンスターボールを10個まとめて買うとプレゼントされるちょっとめずらしいモンスターボール。ポケモンカードでは山札またはトラッシュから「ポケモンLv.X」を手札に加える効果がある。ポケモンLv.XはDPtシリーズでの収録されたbreak進化に似たギミックを持つカードです。ポケモンLv.Xのシステムは終了しているので、二度と再録されることがないであろうカード。殿堂ではガブリアスLv.Xなどがいるので今使うと面白いかもしれないカード。

 

リピートボール

自分の山札から自分の場のポケモンと同じ名前のポケモンを一枚選び相手に見せてから手札に加える。使い所がむずかしいカード。ゲームでもにあうポケモンが少ないボール。

 

スポンサーリンク

真のおしゃれボール?ガンテツボール

ぼんぐり職人のガンテツによって作られる希少ボール(カードのぼんぐり職人はガンテツではない)。ゲームでは希少なガンテツボールにボールのがらと合うポケモンを入れるおしゃぼ勢が存在する。

 

フレンドボール

チャンピオンロードでまさかの再録となったカード。相手の場ポケモンと同じタイプをサーチできる。相手がテテフを使うとすると超デッキには採用理由があるかもしれない。

 

ヘビーボール

体重の重いポケモンを捕まえやすくなるボール。ポケモンカードではすばやさがにげるエネルギーで換算されるようで、にげるエネルギーが3以上のポケモンをサーチできる。

 

ルアーボール

こちらもチャンピオンロードでまさかの再録となったカード。トラッシュからポケモンを回収するカード。釣り人がトラッシュからエネルギーを釣り上げることとかけている。

 

レベルボール

レベルの低いポケモンを捕まえやすくするボール。HPが90以下のポケモンをサーチできるため進化デッキでの展開に強い。サンムーンではネストボールが代わりに使われる。

 

その他のボール

ウルトラボール

ジムバトルのプロモパックに封入されたカード。ウルトラビーストをサイドからサーチする異色のボール。ウルトラシャイニーに再録されそう

 

マスターボール

すべてのポケモンを捕まえることができる最強のボール。ポケモンカードではBWシリーズにACE SPECカードとして登場。デッキに一枚しか入れられないがノーコストでポケモンをサーチできる。初期のポケモンカードではスーパーボールと同じ性能のマスターボールが存在した。

ポケモンカード限定ボール(デュアルボール)

タイマーボールのたねポケモン版のような効果もつモンスターボール2個のカード。このボールだけポケモンカード限定。

 

まだポケモンカードになっていないボールも

モンスターボールの世界はいかがだったでしょうか?

 

まだポケモンカードになっていないモンスターボールも幾つか存在しています。

 

ヒールボール、ムーンボール、ラブラブボール、サファリボール、プレシャスボールがまだポケモンカードになっていません。

 

特にムーンボールは原作でも人気が高いボールです。いつかポケモンカードになる日もくるかもしれません。収録が楽しみな一枚です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事