ミュウのベンチバリアはどこまで防げる?ゴーリキーにおうだちと比較してみた。

こんにちは。ポケモンカードニュース.comです。

あらたに強力なカードミュウが発表されました。

ミュウのもつ特性ベンチバリアは自分のベンチポケモンを守ることができる強力な特性です。しかしながらルール上把握しておかなければならないポイントがあります。

ミュウのテキストを再確認!!

ミュウ
HP60 超タイプ
特性 ベンチバリア
このポケモンがいるかぎり、自分のベンチポケモン全員は、相手のワザのダメージを受けない無 サイコパワー
ダメカン3個を、相手のポケモンにすきなようにのせる。弱点超x2 にげる1
ベンチバリアは非常に強力な特性ですね。
現環境で猛威を振るっているかいてんひこうカプ・コケコのワザのベンチへのダメージを一気に減らすことができます。
同様に、マッシブーンGXやフェローチェ&マッシブーンGXで登場したジェットパンチによるベンチ狙撃も防ぐことができます。
現在環境に一定の割合で存在するカプ・コケコを主体としたバラマキデッキと呼ばれるデッキタイプは強力なメタカードが登場したと考えて良いでしょう。
このカードの登場でダメカンバラマキで抑制を受けていたロストマーチが環境に再び登場する可能性もありそうですね。
スポンサーリンク

ベンチバリアは全てを防げるわけではないので注意!!

非常に強力なベンチバリアですが防ぐことができないワザも存在します。

対戦の際、間違った解釈をしていると足元をすくわれてしまうこともあるかもしれません。

この機会にぜひベンチバリアの対象範囲を確認しておいてください。

ベンチバリアのテキストを再確認しましょう。

「このポケモンがいるかぎり、自分のベンチポケモン全員は、相手のワザダメージを受けない」です。

この二つのポイントを原則として覚えておきましょう。

  • 相手のワザ限定ですので特性によるダメージは防げません。
  • ダメージを受けないですので、ダメカンを乗せる効果は防げません。

この大原則を覚えておくことで正しくルールを把握できるようになります。

スポンサーリンク

ベンチバリアを例題で考えてみましょう。

問題を通して考えてみましょう

例えば

 ミュウの特性ベンチバリアでジュナイパーGXのフェザーアローからベンチポケモンを守ることができるか?

という問題があったとします。

この場合はフェザーアローは特性でありミュウのベンチバリアの対象であるワザに該当しないため防ぐことができません。合わせて言えばダメカンを2個乗せる効果なのでこちらも対象外です。

 

ツイッターでの正答率は75%と比較的高いですが、25%の方は間違えやすいといえるので必ず覚えておきましょう。

次の問題です

ミュウの特性ベンチバリアでウルトラネクロズマGXのGXワザめつぼうのひかりGXからベンチポケモンを守ることができる?

今度の問題はいかがだったでしょうか?

 

 

答えは防ぐことができないです。

ウルトラネクロズマGXのめつぼうのひかりGXは相手のポケモン全員に6個ダメカンをのせる効果をもつワザです。

ベンチバリアは相手のワザのダメージをうけなくする特性ですので、ダメカンをのせる効果を防ぐことはできません。

「言葉のあやじゃん」と思う方もいるかもしれませんがテキストを読んでいくとこのような判断になります。

ジュナイパーもネクロズマも両方ふせげるよ!そうゴーリキーならね!

そんな強力ですが穴もあるミュウのベンチバリアでした。

しかしながら、そんな穴をすべて塞いだ上級モンスターがいるのをご存知ですか?

そうゴーリキーです。

ゴーリキーのとくせいにおうだちは「自分のベンチポケモン全員は、相手のワザのダメージを受けず、相手のワザや特性の効果によるダメカンものらない」というまさに上位互換といってよい性能を持っています。

このゴーリキーならばフェザーアローもめつぼうのひかりGXも防ぐことができます。

一方でデメリットはやはり1進化であるため、たねポケモンのミュウとはことなり立てるのに時間がかかる点であると考えられます。

まとめ

たねポケモンですばやくベンチを守ることができるミュウが登場しました。

お手軽さの点でミュウの採用率は高くなって来そうですね。だからこそ今回の問題を頭のすみにいれていただければと思います。

ジムバトル などで大切なタイミングで失敗しないように気をつけてください。それでは長文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事