ポリゴンZ特性クレイジーコードがダブルブレイズに登場!コンボが強いぞ!

ポリゴンZが強すぎるのではないか?と話題を呼んでいます。

話題になっているポリゴンZの特性はクレイジーコードです。

クレイジーコードは自分の番に何度でも特殊エネルギーを貼ることができる強力な特性です。

今回はポリゴンZと相性の良いカードを探していきます。

ポリゴンZのテキストを確認

ポリゴンZ

HP130 無色
特性 クレイジーコード
自分の番に何回でも使える。自分の手札にある特殊エネルギーを1枚、自分のポケモンにつける。
無無無 あばれまわる 120
このポケモンをこんらんにする弱点闘x2 逃げる2
今回のポリゴンは非常に強力な特性を持っています。
クレイジーコードはジバコイルのマグネサーキットのように1ターンに何度でもエネルギーを貼ることができる強力な特性です。
特殊エネルギーが徐々に充実してきている現環境では立てることさえできれば非常に強力に立ち回ることが可能だと考えられます。
早速相性の良い特殊エネルギーをチェックしていきましょう。
スポンサーリンク

ポリゴンZと相性のよい特殊エネルギーは?

サンムーンシリーズには強力な特殊エネルギーが多数存在しています。

基本となるダブル無色エネルギー

ダブル無色エネルギーを連続で貼ることができれば一気に必要エネルギーを満たすことができますね。

通常の手張りの基本エネ+ダブル無色エネルギーの技が1ターンで出せるのは魅力的です。

またノーマルタイプのように色に指定がないポケモンが非常に運用しやすくなりそうです。

ユニットエネルギー

サンムーンシリーズを代表するエネルギーの一つ。

色を交えることができるので要求エネの重いポケモンの技を打ちやすくすることができる。

ただし、特殊エネルギーは4枚までしかデッキに入れることができないので注意は必要。

カウンターエネルギー

サイドが負けている時に好きなエネルギー2個分になる強力なエネルギー。

非GXデッキで活躍する。ポリゴンZの登場でよりエネルギー要求が多い技をカウンターとして使用できる可能性を秘めている。

ワープエネルギー

エネルギーをバトル場のポケモンにつけた時、つけたポケモンをベンチと入れ替える効果を持つ。

かかっている効果や特殊状態を回復することができるため、環境によっては有益に働くかもしれない。

クレイジーコードで特殊エネを何個も貼ることができる環境では活躍の可能性を秘める。

レインボーエネルギー

ダブル無色エネルギーと並ぶ最古の特殊エネルギー。

こちらももちろんポリゴンZと相性抜群。ダメカンを載せるデメリット効果で確定数が変わることに注意をしながら使用すべきでしょう。

多色デッキがはやる可能性を秘めている。

トリプル加速エネルギー

新規の強力なエネルギーカード。進化ポケモン限定、1ターン限定だが3エネ加速は驚くべき効果ですね。

ポリゴンZのクレイジーコードで一気に大型ポケモンを動かせる可能性があります。

スポンサーリンク

ポリゴンZの弱点は?

ポリゴンZの弱点は何と言っても特殊エネルギーメタです。

デンジュモクGXの特性フラッシュヘッドの存在に十分注意しましょう。

また、エアームドのワザメタルサウンドはお互いの場のポケモンに付いている特殊エネルギーをすべてトラッシュするという圧倒的特殊エネメタの効果を持っています。

特殊エネ回収が難しい環境ですのでものすごく刺さりそうです。

特殊エネ環境への急激な流入が進めばこういったメタカードが環境で活躍する可能性があります。

もう一体のポリゴンZも強力

ポリゴンZにはもう一枚強力なカードが存在します。

それは特性しょきかのポリゴンZです。

ポリゴンZは手札から進化した時、相手の進化ポケモンの進化カードを1枚剥がして退化させる強力な効果を持ちます。

ダメカンをばらまいた後のフィニッシャーとして使用したり、活躍の幅が広いポケモンです。

こういった強い分岐進化ポケモンが存在することは今回のクレイジーコードのポリゴンZにとっても大きな追い風と言えるでしょう。

まとめ

新カードクレイジーコードのポリゴンZはいかがだったでしょうか?

非常に独特の性能を持った可能性を感じさせられるカードです。

改造ハンマーの採用が少ない今だからこそ、特殊エネルギー軸デッキを組んでみる価値があるかもしれません。

それではここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事