サカキの追放が登場!相性の良いカードを徹底解説!

ついに!!

ついに!!

サカキ様がポケモンカードサン&ムーンに登場です!!

失礼、気を取り直してポケモンカードニュース.comです。

今回は新カードサカキの追放について相性の良いカードとともにまとめていきます。

サカキの追放のテキストを確認!

まずはサカキの追放のテキストを確認してみましょう。
サカキの追放
ダメカンがのっていない自分のポケモンを2匹まで選び、選んだポケモンと、ついている全てのカードを、トラッシュする。
非常に強いテキストが書かれています。
アセロラの逆の効果(ダメカンがのっていない、トラッシュ)という効果ですが様々な場面で使用することができる非常に強力なカードです。
さらに2匹のポケモンを対象にする点でも非常に強力なワザだと言えます。
スポンサーリンク

サカキの追放の使い方は?

サカキの追放の使い方をチェックしましょう。

まず初めに思いつく点は手札から出して効果を使用したポケモンをトラッシュに送ることでベンチスペースを空けたり、サイドを取られるリスクを低減できる点にあります。

また、初手にいらないカードが来てバトル場を占拠した場合などでも活用できそうですね。

手札から出して効果を終えてしまうポケモンは以下のようなポケモンが存在します。

カプ・テテフGX

あまりに有名なカードです。

カプテテフGXは手札からベンチに出した時特性ワンダータッチで山札からサポートを1枚サーチできます。

発売当初は高HP、打点もそこそこ出ると話題になりましたが、現在では耐久および打点も決して高水準ではなく大きな負け筋として捉えられており、採用率が下がっています。

ベンチに出したカプ・テテフを早い段階でトラッシュできれば相手にサイドを取られることがなくなりますので大きなメリットになりそうです。

デデンネGX

デデンネGXは現在多くのデッキに採用されているドローソースポケモンです。

ただし低めのHPと使用後はベンチに居座ってスペースを圧迫することからゲーム終盤でグズマの標的にされることがしばしばあります。

そんなデデンネをトラッシュすることができるサカキの追放は非常に有益なカードと言えます。

アローラキュウコンGX

アローラキュウコンGXも進化してグッズサーチを行なった後はしばしばベンチスペースを圧迫します。

HP 200ですのでなかなか倒されにくいとは言え、高打点が主流の環境ですのでサカキの追放でトラッシュできたとしたら、負け筋を大きく減らすことができるでしょう。

マーシャドー

マーシャドーも特性やぶれかぶれを利用後はベンチスペースを圧迫するだけのカードになってしまいます。

場を有効に活用するためにもぜひ、サカキの追放でコントロールしていきましょう。

スポンサーリンク

初手バトル場の望まないポケモンを追放!!

初手でバトル場に置かざるを得なかったたねGXポケモンっていますよね。

GXですので倒されるのを待つのもキツイですし、かといっていきなり殴れる訳でもない。(デデンネGXくんきみのことです)

そんなポケモンを追放することができるのもサカキの追放の強い点ですね。

初手事故の確率を減らすことができます。

ただ、この場合ドローソースが使用できなくなりますので、ダート自転車やジャッジマンホイッスル、マーシャドー、デデンネGXが必要になる動きだとは考えられます。

攻撃にも使えるぞギラティナ!!

さらにサカキの追放はギラティナとの相性が抜群です。

ギラティナはトラッシュからベンチに出した時相手のポケモン2体にダメカンを一つづつおく特性やぶれたとびらを使うことができます。

この効果はサカキの追放でトラッシュに送った際再び使うことができますので1枚のギラティナで4つのダメカンを乗せることができます。

2対のギラティナを追放することができれば8個のダメカンとなり非常に相手へのプレッシャーを与えることができるでしょう。

この強化版ギラティナデスカーンデッキに関しては紫電が作成中のため、明日以降記事を公開予定です。お楽しみに!!

まとめ

新サポート「サカキの追放」いかがだったでしょうか?

今回紹介した以外にも様々な用途が登場しそうなサカキの追放にワクワクしています。

XYシリーズのサカキといえば「サカキの計画」でしたが、ククイ博士の登場でカードパワー不足は否めませんでした。

無事新規カードで登場して非常に嬉しく思います。

環境でも十分暴れそうなカードですので、ダブルブレイズでぜひ当てたいカードだといえます。

それではここまでお読みいただきありがとうございます。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥4,230 (2019/07/20 13:26:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事