レシラム&リザードンGXデッキ解説!高火力デッキの使い方を徹底解説!

こんにちは。ポケモンカードニュース.comです。

ダブルブレイズに収録される超強力カードであるレシラム&リザードンGXが収録されます。

高火力・高耐久でダブルブレイズの環境カードとなると考えられています。

今回は一足先にレシリザのデッキレシピをチェックしていきましょう。

レシラム&リザードンGXデッキ

デッキコンセプトとしてはカプ・テテフGXとデデンネGXを使用し最速で溶接工を使用しながら山札圧縮を進めるデッキです。

基本のバトルスタイルとしては速攻でブースターを立てレシリザを加速させレシリザを起動させるプランを想定しています。

驚異のドローソースである新エンニュートだけでなく特性ホットポイズンをもったエンニュートを入れています。

特性ホットポイズンは進化した際相手をどく+やけどにすることで実質打点を30あげることが可能ですので、レシリザのミラーになった際などに【エレキパワー】のように打点を1段階あげることが可能です。

スポンサーリンク

キーカードの使い方と解説

レシラム&リザードンGX

デッキの中核である超大型アタッカー。

メイン技であるフレアストライク・ダブルブレイズをいかに打っていくかが勝負の鍵です。

本デッキではブースターによる加速をメインのギミックとして戦います。

サブプランとして先1カキも想定しながら戦っていきます。

ブースター

サブアタッカーでもあり優秀なエネ加速ポケモン。

溶接工の登場で後攻1ターン目から190ダメージを繰り出せるようになった。

ヒートステージでベンチのレシリザを加速することですばやく盤面を整えることができる。

エンニュート(あぶりだす)

1進化ながらも3ドローを可能にした。驚異のカード。

ヒートファクトリーと同等の性能を特性で発揮することができる。

山札の圧縮をしながらドローすることができるので、バトル前半・後半問わず欲しいカードを引きに行ける確率を高める。

非GXである点が非常に優秀。

エンニュート(ホットポイズン)

前述した通りホットポイズンは手札から進化した際に相手のバトルポケモンをどくとやけど状態にする。

この作用によって実質打点を30+することができる。

エレキパワーのようにここぞというタイミングで使って相手の大型ポケモン(レシリザミラーなど)を切り抜けましょう。

ただし、レシリザには戒めの祠でも対応可能。

カプ・テテフGX、デデンネGX

近年採用率の引くカードだが、レシリザデッキにとってはいかに速攻で溶接工(カキ)に触れに行くかが勝負の鍵と考えています。

したがって今回のデッキには2:2と多めのラインで組み込んでいます。

ハイパーボール+ポケモン通信

「いかに素早く溶接工を触りに行くか?」に注目したデッキであるため5枚目のハイパーボールとしてポケモン通信を採用した。

デデンネGX・カプ・テテフGXへのアクセスの安定性を高めましょう。

あなぬけのヒモ

溶接工

エネ加速+ドローができる最高に強力な新カード。

炎デッキの救世主的存在です。本デッキではエネ加速+ドローを溶接工に多様るため、他のサポートは比較的絞り目にしています。

カキ

強力な炎サポートその2。

溶接工の登場によりややお株を奪われた感はありますが、山札から4エネ加速の強さは健在。

先行1ターン目でのレシリザへの加速プランを考慮し1枚採用。

ほのおエネルギー14枚

炎エネ14には意味があります。

ブースターGXのパワーバーナーGXで鉢巻き込み270点を出すためにはトラッシュに12枚の炎エネ+ブースター自身の1枚の計13枚のエネルギーが必要。

13枚+サイド分のトラッシュとして14枚の炎エネを採用しました。エンニュートのホットポイズン込みだと実質12枚でよい(ここが祠との差別化です。)

スポンサーリンク

デッキ不採用カード

エンニュートGX

GXワザによるエネトラッシュなどより、普通にレシリザでボコボコにしたほうが強いと判断しました。あと炎ミラーだと炎の結晶による回収があるから意味が無い点を考慮。

ジラーチ

今回のデッキでは使うタイミングがほとんど無い、ボードの採用を考えなければならないので普通に枠がかつかつでした。

エンニュートとヒートファクトリーと溶接工の圧縮で十分、引きたいカードを引き込めると判断。

ズガドーンGX

エネをロストに送る点が本デッキとは相性が悪いと判断したため不採用。専用デッキはかなり強力になりそう。

レシリザデッキの使い方

メインプランとしてはエナジー進化ブースター+火打ち石+溶接工でレシラム&リザードンを育てていくプランになります。

いかに早くエネルギーのついたレシリザを立てていくかが勝負の鍵になります。

サイドプランとしては溶接工の対象をブースターGXにすることでこだわりハチマキ込み210ダメージを後攻1ターン目に繰り出すこともできるので対戦相手のデッキを見ながらゲームプランを組み立てましょう。

カキを採用しているため先行1ターン目のレシリザへのエネルギー加速も可能ですので、テテフ・デデンネといった豊富なドロー・ワンダータッチで引き込みましょう。

また、最初のターンにヤトウモリをベンチに並べることで強力なエンニュートをたて回転率を上げていくことも勝負の鍵になります。

まとめ

レシラム&リザードンGXのデッキを一足早くお届けしましたがいかがだったでしょうか?

人気のあるカードでありカードパワーも抜群に高いレシリザは時期環境のエースと言っても過言ではないでしょう。

今後も様々な型が研究されていくでしょう、当サイトのライターも研究に燃えており今後も様々な型を紹介していく予定です。

ぜひ楽しみにしていてください。それではここまでお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥3,980 (2020/02/20 05:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事