ゲンガーisストロング

↓今回のファンデッキ↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/pESXpp-7TOe79-yMX3y2/

ゲーーン(数日振り)!!

アローラ!超タイプばっかり書いてる紫電です。

今回は、真のゲンミミデッキ?を紹介していこうと思います。

いきなりですが、まずはこちらをご覧ください。

ダブルブレイズで登場した新しいゲンガーです。

特性[シャドーペイン]は、手札から出して進化したときに使える使いきり特性。

効果は、ダメカン6つを相手のGX(EX)ポケモンに好きなようにばら撒けるというものです。

実質、場に出すだけで60点の火力が保障されているというわけですね。

以前登場したクロバットの攻撃版のような特性であるといえます。

ワザ【ゆうやみどく】はとてもカッコイイ名前であり、その効果は非常に恐ろしいものです。

無無無3エネ70点で、どのようなエネルギーにも対応している汎用性の高さ、たねポケモンを落とせる打点、そして何より追加効果で相手のバトルポケモンをどくねむりにする、といういやらしさを兼ね備えています。

エネに関しては、ダブル無色エネルギーやカウンターエネルギーのみならず、トリプル加速エネルギーにも対応していますね。

困ったときにゆうやみどく打っておけば、50%の確率で相手のバトルポケモンを眠りに固定できます。

ついでに逃げエネが0なのもGOODですね!

さて、ここまで書きましたがこのカード、多分そんなに強くはありません

なぜなら、2進化=遅い・枠をたくさん取るという弱点があるにもかかわらず、フィニッシャーとしての能力が欠けているからです。

ではなぜこのカードを紹介しているのかというと、この遅さを解決してくれるカードがダブルブレイズで登場したからです。

それがゴース。

特性[ふえるうらみ]は、このポケモンがきぜつしたときに、自分の山札にあるゴーストを2体までベンチに出すという効果になっています。

きぜつ=進化する+2体に増えるというとんでもない効果です。

ですが、相手もわざわざゴースをきぜつさせるとは思えません。

何らかの方法で自分から能動的にきぜつさせる必要が出てきます。

ん……?そういえば。

ギラティナのワザ【シャドーインパクト】は、自分のポケモン1匹にダメカン4つをのせます。

ゴースとのコンビネーションが抜群じゃあないか!

というわけで、ギラティナ+カラマネロにゴースゴーストゲンガーを合わせたデッキを作ってみました。

ですが、ダブルブレイズ環境ではレシリザGXを筆頭に、メチャクチャ強力なワザを使うデッキが横行すると予想できます。

そのデッキに対するメタカードを採用しておきたいところ。

あ、いましたね。

ワザ【まねっこ】を使えば、条件次第で2エネ230点のフレアストライクが打てます。こっわ!

はい、これで晴れて、ゲンガー&ミミッキュを名乗ることができそうです!!

……いれてやるか。

キーカード一覧

デッキの中核を担うカードを改めて紹介します。

1.ゲンガーたち

ゲーン。デッキコンセプトです。

1枚目は解説の通りですが、2枚目のゲンガーは主にレシリザ(炎)メタとして活躍します。

相手が溶接工を使えば使うほど、特性でダメカンが乗っていくのです。

また、相手がグズマを使う=溶接工が使えないとなるのも強力です。

ゲンガーデッキなのでどっちも採用。

2.ゴーストたち

ゴースの特性により日の目を見ることになったゴーストたちです。

ワザ【ふきつなきり】は、1エネで相手をどくにする+ダメカン1個のせバラマキをします。

特に、ワザの効果でのバラマキですのでミュウの特性[ベンチバリア]に邪魔されないのが強いです。

ワザ【ダメージぞうふく】は、1エネでダメカンが乗っている相手のポケモン全員に、ダメカン2個のせバラマキをします。

1エネ20点AoEはコケコのかいてんひこう以上の効率を誇ります。

もちろん、ミュウの[ベンチバリア]にも邪魔されません。

ちなみにダメカンのバラマキはギラティナの特性[やぶれたとびら]でもできます。

あれ、ゴーストってメチャクチャつよくない?

3.ゴース、ギラティナ、カラマネロ

デッキエンジン。

ゴースとギラティナのコンボは恐らくデザイナーズコンボでしょう。

特性持ちばっかりで全員悪弱点なので、いましめマニューラにはボコボコにされますね!

4.ミミッキュ

解説の通り、下のワザ【まねっこ】が非常に強力です。

フルドライブもフレアストライクもバスターパージも打てます。

GXワザがコピーできないという注意事項はしっかり守りましょう。

5.のろいのおふだ

足りない火力をおふだでカバー!

念のために補足すると、相手のワザのダメージを受けてきぜつしたとき、という制限があります。

ですので、ギラティナのシャドーインパクトでゴースを気絶させるコンボには使えないのでご注意を。

また、ゴーストで紹介したような、ダメカンをのせる効果で気絶した場合も同様です。

ウルネクのめつぼうのひかりGXや、カプ・テテフのマジカルスワップでも発動しませんからね!

6.マチスの作戦

ゴースを能動的に気絶させる関係上、どうしても最初のレースで不利になります。

そのデメリットをメリットに変えてくれるすばらしいサポートカードこそがマチスさん。

他にも、闇石ムウマージによるコンボでも使えたりします。

7.アセロラ

かわいい

カプ・テテフGXやゲンガー&ミミッキュGXの回収用として採用しました。

かわいい

8.戒めの祠

足りない火力は祠でカバー!!

本当はトキワの森を採用していましたが、少しでもフィニッシュまで持っていく時間を減らしたかったのでこちらに変更。

ゲンガーとも相性がいいのがGOODですね。

スポンサーリンク

まとめ

ゲンガーはレシリザにうらみでもあるんですかね。

今回のデッキは、ダブルブレイズで台頭するであろうレシリザデッキに対するメタカードてんこ盛りでお送りしました。

もしかしたら、このデッキで世にはびこるレシリザをボッコボコにできるかもしれません。

真のゲンガー&ミミッキュデッキ、ぜひ一度使ってみてください。

絶対に楽しいです

それでは今日はこの辺で。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥4,030 (2019/08/22 13:04:07時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事