ダストダスxベトベトンデッキ【ジムバトル優勝・Youtuberアイリスラーメンももりん選手解説】

はじめまして、YouTubeチャンネル・アイリスラーメンで動画投稿しているももりんです!

今回ずっと気になっていたダストダスデッキを構築してみました!使ってみるととても楽しいデッキなのでオススメです♪

最近はまっている非GXデッキとして作りました!ベトベトンとのコンボがうまくいくと本当に楽しいです!

デッキ名:ダストダス×ベトベトンデッキ


デッキコード: 3pEXRM-NuX6ul-yXyMX2

ベトベトンの特性"いかものぐい"で相手のグッズをどんどんトラッシュしていき、火力をあげたところでダストダスで攻撃していきます。

非GXなので相手はサイドを取りづらく、こっちは高火力でどんどんサイドを取っていくことができます!

スポンサーリンク

キーカードの採用理由と使い方

ダストダス

メインのダストダス。ダストダスのゴミなだれは相手のトラッシュにあるグッズの数x20ダメージ。1エネでワザを打つことができ、終盤になればなるほど火力があがります。10枚落ちればそれで200ダメージが叩けます!制限がないので無限の可能性があるのも楽しいです!

ベトベトン


特性"いかものぐい"で相手の山札を上から6枚見て、その中にあるグッズを好きなだけトラッシュすることができます
!このコンボでダストダスの打点を上げていきます。

ヤブクロン


進化前のヤブクロンも1エネで強力なワザが打てます。相手の山札の一番上をトラッシュする意地悪な技です!後攻を取った場合、まずはこれを打てるとそれも楽しいです!

アブソル


特性"あくのはき"で相手のたねポケモンの逃げるためのエネルギーが1つ多くなります。
環境デッキのジラサンやウルネクにかなりささります。ジラーチがエスケープボードだけでは逃げられなくなるのはかなり有効です!

フーパ


特性"バンデットガード"によりGXポケモンから技のダメージや効果を受けなくなります。GXポケモンのみで攻撃をするデッキにはかなり有効で、時間稼ぎができます。

マーシャドー


特性"やぶれかぶれ"でお互いの手札を4枚にすることができます。自分の手札が悪いときにも有効ですし、相手のペースを崩すこともできます。

マーズ


このデッキにとても相性が良く、ドローできる上に相手の手札を1枚トラッシュできます。トラッシュするカードは選べないですが、うまくいけば次の相手の手を崩すこともできますし、ダストダスの火力をあげることにも繋がります。

のろいのおふだ


ダストダスとヤブクロンに付けます。相手に気絶させられても40のダメージを好きなポケモンに与えることができるので、次に繋げることができます。

スポンサーリンク

↓採用検討カード↓

・フィールドブロアー
相手のポケモンの道具を外す手段がないので、検討中です。外すことができればダストダスの火力もあがるので、1枚は入れておいて良いカードだと思います。

・バリヤード
特性"かいしゅうふうじ"でアセロラを封じることができます。高耐久のポケモンだと、一撃で落とせない場合もあるので、ダメージを残すためにも1枚入れても良いかなと思います。

ダストダスxヤブクロンデッキの回し方

先行の場合はベトベターをバトル場に置きます。次の後攻の相手のターンでヤブクロンが落とされないようにするためです。場にヤブクロン2体とベトベター2体は立てておきたいです。

次のターンでダストダスとベトベトンに進化でき、グッズも数枚落とせれば、そこからはどんどん攻撃していきます。ダストダスが気絶しても良いように、ベンチでもう1体は準備しておきたいです。

うまく回らないときは、バトル場にフーパを置いておきなるべくこちらが落とされないように防ぎつつ、準備をしていきます。

ダストダスxヤブクロンデッキと環境に関して

高耐久なポケモンはなかなか落としづらいので苦手です。また、非GX同士のバトルもサイドレースになることが多いので考えてやっていかないとキツイことが多いです。

環境の雷デッキはグッズを多く使うことが多いので火力は出やすいですが、まだピカゼクと対峙したことがないので、どう回るのか検討していきたいです。

このデッキは特に環境対策などは考えずに、特性を使ったコンボなどで自分が楽しめるデッキとして作りました。非GXとしては火力も高く、無限の火力が出るので、今回のバトルでは最高何ダメージ出たかなど計算するのも楽しいです!

これからも色んなデッキを作って強くなっていきたいです!
デッキの紹介や、バトルなどYouTubeで動画をアップしているので興味のある方はぜひ見に来てくださいね♪

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥308 (2019/05/23 17:53:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事