ポケモンカードニュース.com

デッキレシピ投稿企画の第9段になります。

今回は桜華選手@ouka_sprが店舗大会での優勝経験もあるほっぺのつどい型ゾロアークスピアーデッキを紹介してくれました。

大型ポケモンの多い今後の環境でも選択肢に入るスピアーのデッキは注目しておいて損はないはずです。

ほっぺのつどい型ゾロアークスピアーデッキ【店舗大会優勝・桜華選手解説】

こんにちは。桜華です。

環境デッキよりも、ネタ寄りのデッキをよく作ってます!

今回は店舗大会優勝経験のあるゾロアークスピアーデッキを紹介します。

ほっぺのつどい型ゾロアークスピアーデッキ

【デッキコード】yMMM3M-NofLle-p3Mypp

スポンサーリンク

デッキレシピを作成した理由

環境にジラサン、ウルネク、ピカゼクなど幅広いものがいるので、色々な範囲を見たいと思ったためです。

また、サナニンフに回復され続けて負けたので、全力でサナニンフを倒すデッキを組みたかったという理由もあります。

スポンサーリンク

デッキコンセプト

ゾロアークGXで非GXをワンパンしていき、スピアーのみちづればりで高耐久のGXを倒す。

キーカードの紹介

ゾロアークGX


とりひきで山札を圧縮して欲しいカードを確実に引いていく。

ライオットビートで非GXポケモンを担当していきます。

エモンガ


ポケモン通信のコストにしたり、ゾロアークのコストにしたりと毎ターン手札をふやせるため採用。

スピアー


サナニンフ、ピカゼクに対するメタカード。

デッキの回し方

ゾロアークGXを立てないと話にならないため、1ターン目からゾロアを複数面立てて行き、常に山札にエモンガがあるようにして、圧縮していく。

ビードルは一体だけじゃグズマで倒されてしまうので、同時展開を意識することが大事です。

序盤からゾロアークGXのライオットビートでサイドを取っていき、後半スピアーのみちづればりでGXを倒して勝ち!というプランを取る事が大事です。

ピカゼクは五分、他のタッグチームには有利がついていると思っています。

しかし、高耐久の非GXなど(140以上HPがあると)はライオットビートで原野込み130で落とせなくなるのでそういうデッキはかなりきついです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事