いともたやすく行われるえげつないハンデス

↓本日のハンデスデッキ↓
https://www.pokemon-card.com/deck/confirm.html/deckID/pMMX3y-WdjriX-p2RyMy/

アローラ!紫電です。

皆さん、ハンデス好きですか?

え、ハンデスをご存知でない!?

ハンデスとは――

相手の手札を0、もしくは限りなく少なくすることで、相手の動きを大幅に制限する友達をなくすデッキです。

しかし、ポケモンカードではハンデスって全然聞かないですよね。

何故なら、トップリーリエやハイパーボールテテフGXワンダータッチドロサポをされたら、ハンデスする意味が失われてしまうからです。

たった一枚のカードをトップで引かれるだけで、ハンデスの苦労が水の泡……

ですが、そんな悲しいカルマを背負ったハンデスデッキを変えてくれる新カードが登場しました。

それが【ザクザクピッケル】です。

相手の山札を上から3枚見て、その中から好きなカードを1枚選ぶ。残りのカードを山札にもどして切り、選んだカードを山札の上にもどす。

ザクザクピッケル

相手のデッキトップを操作できるグッズです。

つまり、トップリーリエされません!!

ザクザクピッケルを使えば、万が一のトップ解決という希望さえつぶして相手を絶望の淵に叩き込んでしまうのです!!強い!!

あ……。彼らは計算外ということで。。。

カツラのクイズショーはハンデスの為に生まれてきた

今回のデッキコンセプトは【ハンデス】です。

ではなぜ、まったく逆の効果がある【カツラのクイズショー】を4枚も投入しているのか。

それは、このカードこそ【ハンデスに相応しいカードだから】です。

まずは、カツラのクイズショーを解説しましょう。

自分の手札からポケモンを1枚選び、そのポケモンが持っているワザの名前を相手に伝えてから、ウラにして置く。相手はそのポケモンの名前を答える。ウラにしたポケモンをオモテにして、正解なら、相手は山札を4枚引く。不正解なら、自分は山札を4枚引く。その後、置いたカードを自分の手札にもどす。

カツラのクイズショー

そう、このカードは能動的に相手の手札を増やすことができるカードです。

別に入っているサポート、イリマもそうです。

相手の手札を増やすことが、なぜ相手の手札を減らすハンデスデッキと相性がよいのか。

それは、ハンデスワザを使うポケモンの効果と照らし合わせればはっきりします。

たとえば、ペルシアンのワザ【おもいしらせる】は、次のような効果です。

相手の手札が4枚以上なら、相手の手札を見て、その枚数が4枚になるまでトラッシュする。

ペルシアン ワザ【おもいしらせる】

そう、相手の手札を一定数まで少なくするワザなのです。

では次に、相手の手札が5枚のときに【おもいしらせる】時と、相手の手札が9枚のときに【おもいしらせる】時では、どちらの方は相手にとって都合が悪いでしょうか?

5枚のときならば、1枚しかハンデスされませんし、強力で有効的なカードが2枚あれば切り返すことは容易になるでしょう。

しかし、9枚のときならば、5枚もハンデスされてしまう上に、強力かつ有効的なカードを複数枚処理されてしまいます。

なにより、いらないカードが4枚残る確率が格段に上がるのです。

例1)炎エネ、炎エネ、炎の結晶、溶接工、シロナ
例2)炎エネ、炎エネ、レシリザGX、ブースターGX、ネストボール、炎の結晶、溶接工、シロナ、カキ

これを【おもいしらせる】すると

例1A)炎エネ、炎エネ、炎の結晶、シロナ→シロナで再展開されてしまう
例2A)炎エネ、炎エネ、レシリザGX、ブースターGX→相手はレシリザGXを出して炎エネをつけるしかない

そう、相手が何も知らずにカツラのクイズショーで正解すれば【結果的に損をするのは相手】なんです。

もし、相手がこちらのデッキをハンデスデッキだと見破ってきても、【わざと不正解してこちら側に4枚ドローさせるかどうか】の決断を強いることができます。

クックック……一度思考の迷路に嵌っちまったら、人間はすぐに立ち直れない。

特に、カードゲームという単純な戦略だけを見ている人間なら尚更……無理。

相手の心理、手札の予想、リスクとリターン、心理戦を読みきるギャンブラーじゃなきゃ、ダメッ……!

到底、乗り越えられぬ壁ッ……!!

カツラのクイズショーは、ハンデスのために生まれてきた。

ご理解いただけましたでしょうか!

スポンサーリンク

ハンデスポケモンとゾロアークGXの仲間たち

ここからは、採用ポケモンたちについて書いていこうと思います!!

1.ペルシアン

上記に解説したとおり、ワザ【おもいしらせる】でのハンデスを狙います。

相手の手札を見ながら4枚になるまでトラッシュするので、カツラのクイズショーとの相性が抜群によいです。

いい加減活躍してほしい1枚。

2.ブニャット

ブニャットたちです。

1枚目のブニャットのワザ【ドラネコダッシュ】は相手の手札-1です。

主にハンデスを継続させるときに使うワザですね。

副次効果はワンチャンのみ程度に思っています。

2枚目のブニャットのワザ【うっちゃらかす】は、相手の手札をオモテを見ないで3枚になるまでトラッシュします。

ペルシアンとは違い、確実な手札操作ができませんが、その分3枚になるまでトラッシュですので本当に強いです。

ついでに、上のワザ【わがものがお】も耐久という意味では強いです。が、今回は出番はないでしょう。

3.オンバット

HP50の電気弱点、オンバットちゃん。かわいい。

ですがワザはまったくかわいくありません。

ワザ【はかいおん】は、相手の手札を見て、その中にあるグッズを、すべてトラッシュします。

相手の手札を見て、その中にあるグッズを、すべてトラッシュします。(二回目)

相手の手札を見るというピーピングと、グッズ破壊というスーパーやばい効果を、ダブル無色エネルギーでやります。なにしてんだ。

現在、ポケカのデッキは特性とグッズ(サーチサポートが増えたせい)に依存していることが多いです。

その片割れのグッズを全部トラッシュするのですから、もうやばいです。

筆者が個人的に一番気に入っているハンデスです。

4.ドンカラスGX

新カード要素、ドンカラスGX。

GXワザ【アンフェアGX】は、単純明快に相手の手札を見て2枚トラッシュします。

マチス→マーズ→マーズと相手の手札を削った後にアンフェアGXを打てば、きっと相手は発狂してくれることでしょう。

特性[よるのしはいしゃ]も強力です。

GXワザ担当ですので、それを打った後は悪エネルギーをつけてブラックマーケットをおきながらビートしておきましょう。

また、終盤で相手に対して詰めをする役割も担います。

5.ゾロアークGX

俺たちの相棒。

語ることがないですが、悪エネルギーを採用しているので、時と場合によってはこちらの【トリックスターGX】をつかえる、くらいです。

終盤、相手の動きを縛り上げた後、じっくりと料理する為に欠かせないワザ【ライオットビート】を所持しています。

雑に扱っていると、こちらの勝ち筋がなくなりますので注意しましょう。

6.メタモン◇とヤレユータン

メタモン◇は、進化ラインが大量にあるこのデッキでは必須です。

ヤレユータンは、ワザ【リソースマネジメント】からトラッシュのエネルギーを山札に戻してくれる役割があります。

特に、山札が削りきれた終盤でハンデスリソースや特殊エネルギーを山札に戻してくれるのが強力です。

スポンサーリンク

まとめ

カツラのクイズショーとザクザクピッケルという、一見すると使い方がよくわからないこのカード。

一番適しているデッキタイプがハンデスだったのは、筆者自身とても驚きです。

新環境で勝ちたい!勝利に酔いしれたい!という方もたくさんいるとは思います。

ですが、こういうデッキコンセプトで楽しむことも、ゲームだと思います。

ハンデスデッキ、ぜひ一度手に取って遊んでみてください。

友達がなくなりますいろんな人からすごいって言われますよ!!

それでは今日はこの辺で。手札抹殺!!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事