ポケモンカードニュース.com
デッキレシピ投稿企画第14弾です!

今回は琴選手@uY7UaWjW4K3rZGV より新弾のドンカラスを使った「ドンカラス単デッキ」を紹介していただきます。

ドンカラスの特性よるのしはいしゃを存分に発揮したデッキです。

ぜひチェックしてみてください。

ロマン型ドンカラス単デッキ【琴選手寄稿】

琴です。
大会にはちょこっと顔出したりしてます。
ポケカは8年ほどしてます

ドンカラス単デッキ

【デッキコード】4K48Dx-aSETDX-84cx8c

ドンカラスGXが発表された日、とても面白い特性を持っていたので思わずプロキシを使ってデッキを組んでしまいました。

スポンサーリンク

デッキコンセプト

所謂ロマンデッキです。

ドンカラスGXしか場に立てないことで半永続的にブラックマーケット♢や食い尽くされた原野を出すことができます。しかも願いのバトンやこだわりハチマキ、エスケープボード等の強力な道具も付けれなくします。

他には相手を牽制するカードも多数入れており、ドンカラスGXの少し重めの技も打ちやすくしています。

スポンサーリンク

キーカードの紹介

ドンカラスGX


今回のメインアタッカー。特性によりバトン鉢巻ボードゲイン等の道具、超ブーストエネやニコタマ、ユニット等の特殊エネルギーも封じブラックマーケット♢でサイドレースも有利に立ち回れます。

ブラックマーケット♢


これによりドンカラスGXで取られるサイドが1枚になります。サイドレースで大幅有利になります。

やみのいし


このデッキの核です。この石のおかげで1ターンめから牽制可能です。しかしブルーが使えなくなるのには注意が必要です。

ポケギア


サポートが多めに入ってるのでブルーが手札に無いときでもサーチできます。

カスタムキャッチャー


時間稼ぎで相手の置物ポケモンを狙えるとベストです。

隠密フード

ピカゼク、ジラサンはやはり厳しいので2枚積んでいます。

ブルーの探索


この娘で闇の石やネストボール、ポケギア等にアクセスできます。

グラジオ


コイツでサイド落ちのドンカラスGXやヤミカラス、ブラックマーケット♢をケアします。

ラニュイ


タッグチーム等の牽制ができる器用な娘。

スカル団のしたっぱ


ウルネクの手札にある鋼エネを破壊してあげます。他にも特殊エネルギー依存してるデッキの基本エネルギーの破壊目当てでもあります。

ククイ博士


火力底上げおじさん。ドンカラスGXの低めの打点を上げてくれます。

デッキの回し方

先攻後攻問わず、今のところドンカラスGXはベンチに一体立てられれば十分だと思います。

先攻の場合は初手はヤミカラスをブルーを通してベンチに一体出せはOKです。このときになるべくもう一枚のブルーと二枚の闇の石を確保しておきましょう。

相手の初手がジラーチ等の道具依存しているポケモンの場合は進化するのもいいかも知れません。

後攻の場合の初手は、相手にもよりますが、立ち回りは先一と同じでいいと考えています(今のところ)。

炎デッキならば小ガラスがやられる前に進化させてあげましょう。このときにブラックマーケット♢も立てられると完璧です。
2ターン目。前後関係なく、エネくじでエネルギーをサーチしつつ、先に手札にあるならブルーを使いましょう。これでブラックマーケット♢をサーチできたらアドです。そして二体ともドンカラスGXに進化させます。もし最初のターンに進化しているのならば、ジャッジマンからのアンフェアGXが理想です。
3ターン目以降からは相手の状況によって妨害カードを使ったり、道具をつけてあげましょう。技は常に打てるよう心がけます。

使ってた感想としては、思ったとおり後半のサイドレースに少し弱い気もします。なので短期決戦型ですかね。このデッキの穴はリセットホールマーシャドーです(笑)こいつを出されてしまったら原野を無理やり出してマーシャドーを吐かせることを願っていました。そこがロマンデッキの所以です。そこを克服できたらいよいよガチデッキの一員ですね(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事