ポケモンカードニュース.com

こんにちは。今回は新弾バトルで早速「エンニュートHAND」を使用し新弾バトル優勝したみかづき選手にデッキレシピの解説をしていただきました。

新弾バトル環境での成功率は高いとのコメントもいただいています。

ぜひチェクしてみましょう。

早速成功者現る!?エンニュートHAND優勝デッキ紹介【かき揚げ@みかづき選手】

はじめまして!かき揚げ丼@みかづきです!
名前はプレイヤーネームとアカウントを作った時にお昼に食べてたもので作成しました。

元々特殊勝利に興味がありエンニュートを見たときにこれしかない!と思ってエンニュートハンドを作成しました。

デッキ名 エンニュートハンド

【デッキコード】 1FwbFf-VjW7kF-Vk5VFV

エンニュートの特性 あぶりだす でどんどん手札を増やしアンノーンの特性 ハンド で特殊勝利するデッキになります。

ゾロアークと違い炎エネと限定されてますが非GX、ドロー枚数等優っている部分が多いので最速でハンドを狙っていきましょう!

スポンサーリンク

キーカード採用理由について

ヤトウモリ

今回は1ターン目に最低3体は並べたいのでミストレ、ウツギの対象になる超タイプのヤトウモリを選択しました。

エンニュート

今回のメインポケモンです。
エンニュートの特性を使ってドローしていきハンドを狙っていきます。
並べれば並べる程勝利までのターンが短くなるので全力で並べましょう。
ただし、中後半はトラッシュ、場の枚数を確認して場に出してもハンドが成功するかどうか確認しておきましょう。

炎の結晶


今回のキーカード 炎エネを3枚トラッシュから手札に回収出来ます。
このカードのお陰でエンニュートの特性が使いやすくなっています。
ヤレユータンのリソースマネージメントで
デッキの下に戻すカードして最有力候補になります。

ハンサム


ヤレユータンで戻したカードを確定で持ってこれるハンサムなカードです。
これにより相手の邪魔をするクラッシュハンマー、カウンターキャッチャーや炎の結晶を再利用していきます。

スポンサーリンク

採用検討カード

メタモン
第5のヤトウモリとして採用しようとしましたが気絶した場合ロスト送りになってしまう為今回は採用を見送りました。

マグカルゴ
特性 じならじで確定サーチをしようと考えましたが今回は速さを重視したので採用を見送りました。LOを兼ねたエンニュートハンドの場合は入れてもいいかもしれません。

デッキの回し方

先行後攻に関わらずヤトウモリを全力で3体並べにいきます。余裕があればヤレユータンを出してエネもつけておくと後々楽になります。

その後はエンニュートに進化をさせ、特性 あぶりだす でドローしていきトラッシュしたエネは炎の結晶で回収しましょう。

また、ヤレユータンのリソースマネージメントはグッズをメインに山札の下に戻しておくといいです。

リソースマネージメントで戻したカードはマチス、ハンサムを使用した後ルザミーネで上記の二枚を手札に戻せば毎ターン使用できるようになります。ルザミーネが手札になくトラッシュにある場合はリソースマネージメントで戻してあげればマチス、ハンサムを手札に戻す事ができます。

手札が37枚以上になればアンノーンを場に出してバトル場のポケモンにエネを手張りして逃げてアンノーンの特性で勝利です!

エンニュートをなんとか一体立ててしまえば事故ることはほとんど無いのでドローする楽しさを味わえますよ!!

環境に関して

今回が新弾バトルであり、後攻1ターン目にこちらのポケモンを倒してくるポケモンがほぼ見当たらず、出来たとしても中々条件が厳しそうであり、また1番使用率が高いであろうレシリザが溶接工の採用によりジャッジマンを入れるスペースがないと判断してこのデッキを使用しました。
実際にジャッジマンは一度しか使われておらず場は完成していたのですぐにリカバリーする事が出来ました。

苦手なデッキとしては、ピカゼクなどの足が速くこちらを一撃で倒してくるデッキには滅法弱いです。カウンターキャッチャーなどで後ろのポケモンを前に出しても迅雷ゾーンでアタッカーが前に出てきてしまうので新弾バトル以外で使用する場合は変更が必要そうです。

今回のデッキで特殊勝利の楽しさが分かったので他にも色々チャレンジしてみたいなと思います。ぜひ大量ドローの楽しさを体験してください!

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥3,990 (2019/03/19 12:37:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事