結論ジバコネクロアロキュウ【ジムバトル・新弾バトル優勝・ヨウ選手解説】

ロストリンクからTCGをはじめたヨウと申します。(管理人注:ロストリンクは2010年発売ロストゾーンに関するカードが収録された拡張パックです)

今回は新弾バトル、ジムバトルで優勝したジバコイルとネクロズマたそがれのたてがみGXのデッキ、通称ジバコネクロを紹介したいと思います。

結論ジバコネクロアロキュウ

【デッキコード】LQLHg6-TwqvBN-iLNLgg
スポンサーリンク

デッキレシピを作成した理由

自分がそれまで使っていたWソルガレオGXデッキが、ピカゼクの登場により、毎ターン高火力を連発出来ないソルガレオでは環境で生きることがとても辛くなったため、マーシャドーを用いることによりピカゼクを一撃で落とせて、昔自分が使っていたレシラムEXエンブオーとデッキタイプが似ていて使いやすいことと、素直にレギュレーションが変わって使えなくなってしまったカメックス(特性がジバコイルの水エネルギー版)の代わりになるジバコイルを使う機会が来たと思ったからです。

スポンサーリンク

デッキコンセプト


ネクロズマを中心としたアタッカーのエネルギーをジバコイルで付けながら高火力を連発して相手を力でねじ伏せます。

キーカードの紹介

ネクロズマたそがれのたてがみGX


このデッキのメインアタッカーですが、相手に合わせてアタッカーは変えるので、こいつが攻撃しない対戦も少なくない。
環境に余り見ないデッキ全般に刺さる。

ルカリオ&メルメタルGX


バラマキデッキに対して強く出れて、サナニンフに対してもチャームで縛られないのでeasywin出来る。

ジラサンに対して唯一の抵抗手段。

イーブイ&カビゴンGX


対ピカゼクに鉢巻メガトンフレンズGX、対ネクロズマたそがれのたてがみGXで倒せない2進化GXにダンププレス、フェロマッシに1発耐えて2連鉢巻ダンププレス、仕事が多過ぎて過労死枠2枚欲しい場面も少なくないが、初手に来るとマッシブーンにやられる負け筋になりやすいので1枚採用。

アローラキュウコンGX


サポートからアタッカーまでこなせる万能ポケモン ジバコイルを立てる時にアメを持ってくるためと、対ウルネク、フェロマッシで活躍する。

ジバコイル


自分の手札の鋼エネルギーを何枚でも付けられる 弱いワケがないのだ!
エネルギーを大量に要求されるアタッカーが多いこのデッキではこいつが居ないと始まらない サイド落ち対策に3枚欲しいが、枠の都合上2枚 環境の変化で要らないカードが出たら、真っ先に3枚目のジバコイルを入れたいです。

ジバコネクロアロキュウの回し方

対ピカゼク、クワガノンGX
→イーブイ&カビゴン→マーシャドーGX、ネクロズマたそがれのたてがみGX
対ウルネク
→アローラキュウコンGX→ネクロズマたそがれのたてがみGX
対ジラサン
→ルカリオ&メルメタルGX→タンカでもう一度ルカリオ&メルメタルGX
対フェロマッシ
イーブイ&カビゴン→アローラキュウコンGX
対サナニンフ
ルカリオ&メルメタルGX

ルカリオ&メルメタルGXとアロキュウを使う対戦以外は、基本ジバコイルを早く立てる
そうしたらエネルギーの管理にだけ気をつけて殴り続けるだけ。

大会で使った結果

新弾バトル
ワンニャン(ルガルガンとアロペ)ニダンギル○
デンリュウピカゼク○
クワガノン○
フェロマッシ○

ジムバトル
ハッサムGX○
デスカーンギラティナ○
ウルネク○

新弾バトル
ジラサン○
クワガノンGX○
フェロマッシ○

3回の大会を通して、いくつものタイプのアタッカーがいる事による環境に余り見かけないデッキにまで勝てる対応範囲の広さが魅力的だと思いました。

苦戦した対戦は殆どなく、予想していなかったニダンギルとデスカーンはフルメタルウォールGXとまんたんのくすりを使うとこで突破を困難にさせて勝てて、ハッサムにはフライパンが付いていて鋼の翼を使っている状態で鉢巻ダンププレス270ダメージで倒せたのが爽快でした。

最後に
デッキの構築やプレイングの質問などありましてるたら、気軽にツイッターの方に聞いてください

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事