2019年版ジュナイパーラグラージ+αデッキレシピ【琴ノ葉選手解説】

琴ノ葉です。ポケカは蘇る伝説からBWまでで引退しています。SMレギュになってから復帰しました。

今回はジュナイパーラグラージデッキを紹介しようと思います。

ジュナラグ+α

【デッキコード】8KxJxY-YmLRVF-Jacxxc

スポンサーリンク

デッキレシピを作成した理由

ジュナイパーがもともと好きで、ゾロジュナで使っていたところに炎強化が来てしまったため、相方をラグラージに変更しました。現環境にも強く出れるようジュナラグを目指して作成しました。

スポンサーリンク

キーカードの紹介

ジュナイパー


ダメカンばら撒きマン。他にもラグラージや”三銃士”(レシラム・ヨーギラス。ディアルガ)が落とされたときにGX技で回収もできます。

ラグラージ

ドロー要因。無人発電所でもゾロアークと違い、ドローすることができます。ダブルブレイズで増えるであろう炎タイプに有利に立ち回れるのも魅力です。

レシラム・ヨーギラス・ディアルガ

対現環境三銃士。カウンターエネルギー+ニコタマなどで始動できます。

レシラムはフェロマッシやメルカリ、ヨーギラスはゾロアークやピカゼク、ディアルガはサナニンフに強く出れます。

大抵刺さらない2枚はポケ通やハイボのコストです

アローラロコン

この子がいるだけで進化ラインが段違いに立てやすくなります。アローラキュウコンGXはブルーの探索があるため必要ないと思いったので不採用。

タイマーボール


進化メインで戦うので採用。ほとんどの確率でノーコストで進化ポケモンをサーチできるため2枚入れています。

ポケモン通信


ほとんどの場合、対環境三銃士はどれか1枚しか刺さらないためコストとして使うので使いやすい。

カウンターゲイン

このデッキはあくまでもラグラージや三銃士で殴るのでサイドが取られづらいです。しかし発動条件が達成しやすいため採用しています。簡単に切ってはいけない超重要カードです。

隠密フード

無人発電所では止まらないラグラージですが、ケッキングで特性ロックされると厳しいので採用しています。他にも”三銃士”はラフレシアの"苦々花粉"やキュウコンの"九尾の誘い"等も厳しいので”三銃士”につけることもあります。

ブルーの探索


このカードによりアローラキュウコン無しでも不思議な飴やネスボ、ハイボをサーチできます。種ポケモンは全て特性の無いものを採用しているため安定して使うことができます。

ライフフォレスト♢


置物になりがちな草タイプのジュナイパーやメガニウムも狩られるのを防ぐことができます。相手のスタジアムを破壊する目的も勿論兼ねています。

超ブーストエネルギー


2進化メインなので使いやすいため採用。ラグラージの火力を大幅強化することができ、メガニウムやジュナイパーでフィニッシュすることも可能です。

デッキの回し方

1ターン目は先後関係なくブルーを使いましょう。ハンドが強いのであればリーリエでも構いません。

ここで大事なのはメガニウムラインがいるか確認することと、超ブーストエネが落ちていないか確認することです。超ブーストエネは落ちていてもカバー可能ですが、メガニウムラインが落ちている場合はせせらぎの丘をサーチし、そこから展開していきましょう。

2ターン目はメガニウムを進化させることができれば理想です。もし難しいならば、ラグラージやジュナイパーを早々に立ててしまいましょう。場が盤石ならば強引に殴るのもいいと思います。

3ターン目以降は相手に合わせて三銃士を出したり、ラグラージを育てて行きましょう。このときサイドは1枚か2枚程度なら捲れるので、焦らないようにしましょう。ベンチが十分立ってきているなら、メガニウムは壁にしてもらっても構いません。サイドレースでも捲れるようになったら殴りましょう。

ラグジュナ+αを使ってみた感想

このデッキはかなり回してみましたが、幅広い範囲に弱点をつけるので優位に立ちやすいです。フェロマッシやピカゼク、サナニンフやズガドーン等があたりますね。

しなしながらドラゴンタイプ全般は弱点をつけないため、プレイでどうにかすることしかできないため苦手です。ウルネクやラティラティ、ガブルカ等ですね。でもやはり、多くのデッキに優位に立ち回れるこのデッキは強いと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事