ポケモンのデジタルカードゲームは日本には存在しない?

 

ポケモンカードゲームブームで品薄が続きカードがなかなか手に入らず苦労しているプレイヤーは多いのではないでしょうか?

 

シャドウバースや遊戯王デュエルリンクスのようなデジタルトレーディングカードゲーム(DCG)は現状日本では存在していません。

 

しかしながら、アメリカを含め海外ではポケモントレーディングカードゲームオンライン(POKEMON Trading cardgame online:PTCGO)が存在しています。

 

海外レギュレーションかつ日本語対応はしておらず英語のみの環境でありやや敷居が高いのが現状です。(始めてみると簡単な英語ですし、多くのプレイヤーが使うカードの効果は頭に入っているため問題になりませんが)

 

かつてゲームボーイカラーでポケットモンスターGB、ポケットモンスターGB2が存在しましたが20年近く前のソフトであり、3DSのバーチャルコンソールで遊べますが画質やカードプールは古いというのが現状です。(ゲームの完成度は非常に高く多くのファンがいる名作ゲームですが)

 

日本での展開は?

1年ほど前米国Wall street journal紙をソースにポケモンカード新アプリが開発中との噂が流れたことが一瞬流れたことがありました日本語版ローンチがあるのではという説もありました続報はありません。

 

日本のDTCGはガチャ形式のものが多いです、その後いらないカードをコストに別カードを生成するシステムなどが多いのではないでしょうか?

 

日本のポケモンカードがアプリを出さない理由として、多くのプレイヤーが拡張パックが売れなくなるからではないか?などという議論を重ねてきましたが開発のクリーチャーズや株式会社ポケモンからは特に発表もなく時間が過ぎていくのが現状です。

 

ただ、パックが売れなくなるという理由は、アメリカのパックの中にはPTCGO内のパックと交換できるコードが封入されていることから単純にパックが売れなくなるという理由ではないかもしれません。

 

スポンサーリンク

パックの売り切れが続くからこそデジタルカードゲーム化も必要!?

現在ポケモンカードブームということもありパックの品切れが続き、カードを揃える・入手するという時点で困難になるプレイヤーが多発しています。

 

ポケモンカードは集める・バトルする・交換するなど楽しみ方が複数用意されているカードゲームとは言えますが、やはりバトルという部分も非常に大切な部分だと考えています。

 

バトルをすることでより一層、夢中になるという体験をした既存プレイヤーも多いのではないでしょうか?コレクターの方もプレイを嗜む方も多いと思います。

 

しかし、現状ではカードの供給が少なくバトルをするというところまで行けないプレイヤーが多くなるのではないでしょうか?

 

そんな、今だからこそアプリ版・コンシューマー機(Switch等)の開発が急がれるのではないでしょうか?

 

アプリ全盛の時代だからこそ売り上げもかなり上がりそうです。ポケモンはポケモンコマスターやポケモンgoでアプリ内課金を行った実績もありますし方針変換によってはデジタル化は可能でしょうか?

 

今回のプレミアムトレーナーボックス予約キャンセルで悲しむプレイヤーを見ていて今回はポケモンカードアプリゲーム版について少し考えてみました。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事