ポケモンカードニュース.com

今回は学生プレイヤーであるたぴ公@pcg_no_tapiko_ 選手よりトレーナーズリーグ(シニアカテゴリ)で優勝したカメックス×アローラキュウコンデッキを解説していただきました。

強力な炎デッキが台頭する中、メタデッキとしての水タイプが今後注目されるのではないでしょうか?(新規トレーナーズ希望!!)

美しく力強いデッキをぜひチェックしてみてください。

カメックス×アローラキュウコンデッキ【トレーナーズリーグ優勝・たぴ公選手】

たぴ公(たぴこう)と申します。
普段は名古屋のカードショップのジムバトル巡りをしております。
学生ですので、時間とお金が許す限り、ポケカに明け暮れています。

カメックス×アローラキュウコンデッキ

【デッキコード】xDxccY-2YRq5o-DKxD8x

スポンサーリンク

デッキレシピを作成した理由

以前より「メルメタル&ルカリオGXデッキ」を仮組みして、フルメタルウォール1箱を開封したところ出てきたのはHRカメックス。肝心の「メルメタル&ルカリオGX」も必要数集まりませんでした。
最初はかなり落胆しましたが、ウルトラネクロズマ並の高い火力と高耐久に魅力を感じ、鋼デッキを捨て、カメックスデッキの作成を決めました。

2進化デッキを作成するのは初めてでしたので、相当な苦労はありました。
しかし、周りの方にアドバイスをいただいたり、対戦経験を多く積んだり、トライ&エラーを繰り返しながら、この構築に落ち着いていきました。

スポンサーリンク

デッキコンセプトの解説

「アローラキュウコンGX」の特性「ふしぎなみちびき」を使って「ふしぎなアメ」を確実にサーチして場展開。

「カメックスGX」や「カメックス」で攻めていくデッキです。

キーカードの紹介

ポケモン

1.カメックスGX


このデッキのメインアタッカーです。戻した水エネルギーの枚数×60ダメージ、という青天井火力。
どんなポケモンでも確定一発を取れる&特性「かたいこうら」で簡単にワンパンされづらいのが魅力です。
サイド差で有利を取られづらいのが強みでしょう。

2.カメックス

このデッキのサブアタッカー&エネルギー供給枠です。
非GXポケモン相手では、こちらで戦った方が強いかもしれません。3エネ150打点は馬鹿にならないですし、「レシラム&リザードンGX」も弱点込みで確定一発にできる強さを誇ります。
また、特性「パワースコール」で山札にあるエネルギーを多くつけることができます。
進化元が同じ、かつエネルギーを山札に戻す技を使う「カメックスGX」との相性は抜群です。

3.アローラロコン、アローラキュウコンGX、アローラキュウコン


アローラロコンは、「みちしるべ」でポケモンをサーチできます。後攻の場合、この技を最初に打つことで次ターンへとつなげます。
アローラキュウコンGXは特性「ふしぎなみちびき」で「ふしぎなアメ」と進化ポケモンサーチ手段(「タイマーボール」、「ポケモン通信」など)をデッキからサーチすることで高速展開を可能にする強力カード。中盤や終盤では「エネルギーリサイクル」や「レスキュータンカ」をサーチすることも出来ます。
デッキ次第では、ポケモンGXからの技のダメージや効果を受けない「アローラキュウコン」で相手を詰ませられます。

4.フリーザーGX


特性「でんせつのひしょう」で場に散乱したエネルギーを一つにまとめることができ、バトル場のポケモンと入れ替えも可能にします。
GX技「コールドクラッシュGX」で、エネルギーが大量についた「ピカチュウ&ゼクロムGX」などに強く出ることができます。
トラッシュからエネルギーをつける手段はあまりないように思えますので、相手次第ではかなり刺さるカードです。

5.ミュウ


エビサワカポデッキやねこびよりデッキなどのデッキに対する解答です。
進化元の「ゼニガメ」や「アローラロコン」がきぜつしてしまっては元も子もないです。
デッキ次第ではこのカードをベンチに出すだけで有利が取れます。

トレーナーズ

1.フィールドブロアー

どうぐ「フェアリーチャーム特性」を刺したフェアリータイプのデッキへの解答です。
その他相手の「こだわりハチマキ」やスタジアムをトラッシュすることも出来ます。

2.エネルギーリサイクル


中盤~終盤にかけて使用。
「カメックス」の特性「パワースコール」でエネルギーを引きやすくなります。
「ハイパーボール」でトラッシュしたエネルギー、きぜつした「フリーザーGX」や「アローラキュウコン」についていたエネルギーを山札に返せます。
一枚採用するだけで、周り方が大きく変わります。必須カード級です。

3.レスキュータンカ


かなり優秀。「アローラキュウコンGX」の特性「ふしぎなみちびき」→アメとタンカをサーチ→タンカで「ハイパーボール」のコストにしていた「カメックス」をサーチ→アメで進化の流れを可能にします。
トラッシュから「カプ・テテフGX」を引っ張って「ワンダータッチ」、「グズマ」を持ってきて有利対面を作るなどもできます。様々な可能性を生み出してくれるカードです。

4.せせらぎの丘

実質毎ターンネストボールを打てます。「ゼニガメ」の特性「こうらフロート」でにげるために必要なエネルギーが0になり、潤滑油的な役割も果たしてくれます。

5.サポート枠

なるべく簡易的にしました。ここがこのデッキのミソだったりします。

「マサキの解析」等を入れても良いのですが(実際最初は1枚投入していましたが)、ただでさえ「カメックスにするか、カメックスGXにするか」、「アローラキュウコンを立てるか否か」、「エネルギーはどうやってつけていくか」などの選択肢が多いデッキにさらに択を与え、何をしたらいいのかわからなくなり、そのまま負ける事態が起こってしまいます。
また、山札を縦引きし過ぎて水エネルギーが山に残っていない!という事態も避けたいので、単純ドローソースの「リーリエ」、入れ替え要因の「シロナ」を4-3で採用しバランスを取っています。「エリカのおもてなし」は1枚だけ。その他倒したいポケモンを狙い撃ちできる「グズマ」を2枚投入しました。

デッキの回し方

先攻、後攻問わず、初ターンは「ゼニガメ」と「アローラロコン」を2体ずつ立てることを目標にしましょう。
「ハイパーボール」→「カプ・テテフGX」→「リーリエ」の流れや、「せせらぎの丘」を使えば比較的簡単にそろえることができます。

2ターン目で「アローラキュウコンGX」に進化させて「ふしぎなみちびき」を絡めながら「カメックスGX」「カメックス」を立てていきます。
デッキ次第で「ミュウ」「アローラキュウコン」を立てて、試合の流れを引き寄せていきましょう。

中盤で「フリーザーGX」を出し、ダメージの蓄積したポケモンをベンチに下げて、「フリーザーGX」で攻撃 or GX技でエネルギートラッシュ。
「エネルギーリサイクル」を使ってエネルギーをなるべくポケモンにつけて圧縮をしていきます。

終盤にもなると、「パワースコール」でつけることのできるエネルギーが3~4枚になります。一気に勝負を決めましょう。

カメックスGXは構築とプレイング、どちらも重要になってくるポケモンだと思いました。
エネルギーのつけ方だったり、展開の仕方を少しでもミスするとあっという間に相手のペースに持ち込まれてしまうため、精密な構築、プレイングが要求されます。

コンセプトとして、「どんなデッキにも勝てる」「一枚で詰まない」「型がバレていても強い」デッキを目指していました。あらかたそのコンセプトは達成できる構築になったと思います。

この構築を軸にしていただけるのであれば、サポート枠を使いやすいように調整したり、「フェローチェ&マッシブーンGX」に強く出れるように「フェアリーエネルギー」を1枚入れて「アローラキュウコンGX」のGX技「サプリメイションGX」で倒せるようにしたり…。好きなようにカスタマイズしていただければと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事