はじめに・自己紹介

はじめまして、あることと申します!

今回新弾バトルで優勝したドサイドンLOの記事を掲載してくれるということで書かせて頂きます!

初めての記事になりますがどうぞよろしくお願いします!

新弾用ドサイドンLO


【デッキコード】Ff5Fbk-kvt3Co-kVvFwV

スポンサーリンク

ドサイドンLOを使おうと思った経緯について

新弾バトルは3月のシティリーグで結果を残したズガドーンやレシリザ、安定したエネ供給ができるウインディバクガメスが多いと予想しました。

これらのデッキは火打石や溶接工で山をかなり削ってくれるのでかなり有利になると思いLOデッキを組むと決めました。

最初はサイドンLOを使おうと思っていましたが、サカキの追放を毎ターン打つのが非常に難しいと感じたので大阪のシティリーグで上位をとっていたドサイドンLOのレシピを丸パクリして回してみて個人的に必要だと思ったカードと不要だと思ったカードを入れ替えてデッキを作成しました。

スポンサーリンク

キーカードの採用枚数と理由

チコリータ4 メガニウム3


チコリータは初手で2体は立てたいので最大枚数。
メガニウムは最低でも2体は場に置いておきたいのでサイド落ちも考慮して3。仮に2枚落ちていた場合はグラジオで拾いにいきます(優先度1)。

ミズゴロウ ラグラージ 各2

サポート+αで引けるのが強力!立てすぎるとこっちが山切れをおこすので2枚ずつ。

サイホーン3 ドサイドン2


今回のメインとなるカード!これも1体立てればよし。サイホーンは本当は2の方がいいですが、今回は新弾バトル用に3枚入れています。

ヒトカゲ リザードンGX各1


〆に絶対欠かせないカード!終盤、中盤以外にきても邪魔なので1枚ずつ、サイド落ちしていたらタイミングをみてグラジオで回収します。(優先度2)

アローラロコン2 アローラキュウコンGX1


後攻1ターン目などにみちしるべを打つために1枚欲しい時が多いのでサイド落ち考慮して2枚、キュウコンはブルーが手札にない時の飴サーチ要員で必要じゃない時も結構あるので1枚

ナゾノクサ ラフレシア各1

最近種ポケのデッキが流行ってるので足止め用に1枚ずつ。ルガゾロなどの進化デッキと当たった場合はパワードローのコストに使います。

退化スプレーZ 3


キュウコンを退化させてみちしるべを使ったりドサイドンを退化させたあと通信やタイマーボールでサーチしてきて再び早熟ハーブで進化するなど様々な形で活躍してくれます。使ってて4は邪魔だと感じたので3枚

ポケモンいれかえ2


ベンチにいるロコンやリザードンを前に出して技を使う時に必須!サイド落ちした時グラジオでもってくるのは勿体ないし、2回使いたい時もあったので2枚。

ポケモン通信3


前に書いた通り退化スプレーとの相性が抜群!それ以外にも序盤にきたリザードンや進化デッキに当たった時に手札にきたラフレシアを山に返して他の必要ポケモンを持ってくる時に便利です

シロナ 1


何回か練習した時にドローしすぎて山切れを起こした事があったのでドロソというより山回復という目的で1枚、勿論初手にシロナがきて使った方がいい時は使います

不採用カード

ダート自転車
めくった2枚が両方必要なカードという時が多かったのと初手で何かしらのサポートは大抵くるので採用を見送りました

マチスの作戦
サイドは常に負けているので相性は良さそうですが、初手にくると邪魔なのと2回もサポートを打ちたいことがあまり無かったので不採用にしました

マサキの解析
ブルーと違ってメガニウムなどがいる時も使えますが、欲しいカードを触れるかは不確定なので不採用にしました

有利なデッキと不利なデッキ

山を削って展開するデッキ(ウルネク、ズガドーンなど)や中打点がメインのデッキ(ジラサン、ゾロアーク系統デッキなど)にはかなり有利です。逆にノーリスクで160以上のダメージを安定して出せるデッキ(ベトンダストダスやエンペルトなど)はかなり不利です。

主な立ち回り

1.ブルーの探索などを使って土台となるポケモンを並べます。初ターンでチコリータは2体以上、アローラロコンとミズゴロウは1体ずつくらい立てるのが理想です。サイホーンは出すとLOだと悟られてあまり山を掘ってくれなくなる可能性が高いのでここという時まで出さない方がいいです。

2.同じくブルーなどを使ってたねポケモンをどんどん進化していきます。進化するとブルーが使えなくなるのでタイミングを間違えないように注意しましょう

3.盤面がある程度揃ってきたら
ドサイドンを立てる→退化スプレーzで退化→通信やタイマーボールでまた持ってくる早熟で進化
またはドサイドンを立てる→レインボーエネをドサイドンにつける→アセロラで回収→サイホーンを出し直して早熟で進化
を繰り返して山を削っていきます。相手の山の枚数は常に気にするようにしましょう

4.相手の残り山が13枚以下(やまおろし1回とリザードンのGX技範囲)になったらヒトカゲを出してリザードンを進化、入れ替えをつかって超ブーストエネをはり、GX技でフィニッシュ
というのが基本的な立ち回りです。たねのデッキと当たった時は2から3の時にラフレシアを挟んであげると勝率があがります

当日のマッチング

1戦目ウルネク後 0-2〇
相手がウルネクを立てずにベンチを埋めてくれたので進化ポケモンがワンパンされる心配が無くなったため基本的な立ち回りをしてLO勝ち
2戦目 エルフーン後 0-1〇
先1でジャッジマンを打たれましたが、ブルーとホイッスルがきてくれたのでこちらは特に影響なし、逆に相手が事故ってくれたのでその間に場を整えてLO勝ち
3戦目 ウルネク先 0-5〇
序盤でグズマをすべて山から回収されて、かなりリードはされましたが、サーチするためにかなり山を削ってくれていたので途中でラフレシアを立てて時間を稼ぎつつ、その間に場を整えてLO勝ち

最後に

まだデッキの存在は知られていても対策方法があまり認知されていないLOデッキは今が使い時だと思います。

最初はプレイミスもしやすく難しいですが、慣れれば凄く楽しいデッキなので機会があったら是非使ってみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事