ポケモンカードニュース.com
こんにちは。ポケモンカードニュース.com管理人のタクミです。
今回は飴降ラシ選手@Dropped_Candy のグランブルデッキを解説していただきました。
Youtuberであるマッシ族のu.u氏との対戦動画も掲載させていただきましたのでデッキの動かし方を含めてぜひチェックしてみてください。

2019年版グランブルすっからかんデッキ【飴降ラシ選手解説・動画あり】

はじめまして、飴降ラシと申します!

今回は、私の使用しているグランブルデッキを記事にして頂ける、ということで書かせていただきました。

初めての記事で至らぬ点はあるとは思いますが、その点はご了承ください。

グランブルーファンタジーデッキ

【デッキコード】MXUpX3-KtEgcI-SMXSM3

デッキ名については、沢山の仲間で戦う、という点で某ソーシャルゲームから頂きました(笑)

スポンサーリンク

デッキコンセプトの解説

参考にしたデッキは知る人ぞ知る、東京CLで世間を騒がせたスッカラカンデッキです。
そこから自分なりに改良を加え使い続け、この形に至りました。

基本的な回し方としては、対戦動画が上がっておりますので、良かったらそちらを参照していただけると幸いです。

ダブルブレイズで登場したレッドの挑戦やミュウツーが強力なサポートをしてくれるので、安定して160点を叩き出せます。
限定的な条件下ではありますが、1エネで160点は魅力的ですよね!

スポンサーリンク

キーカードの採用枚数、理由について

ブルー、グランブル

こちらはメインアタッカーなので、当然4枚ずつ採用しています。
エネルギー1枚貼るだけで160ダメージは、決まるとすごい気持ちいいですね!

ヤレユータン

採用数は2枚にしています。
じならしからのさいはいコンボもさる事ながら、特性で無条件でドローできるのはかなり強いカードです。
基本的に1枚置いておくだけで良いので、採用枚数はサイド落ち、タンカ切れを考慮した2枚にしています。

マグマッグ、マグカルゴ

どちらも2枚ずつ採用しています。
好きなカードをデッキトップに持ってくることができるじならし!
これがないと始まりません。
こちらも1体立てるだけで十分です。

メタモン◇

5体目のブルー、3体目のマグマッグ、といったところですね。
あとは後ほど解説致しますが、オクタンに進化させることもできます。

ミュウツー

採用数は2枚です。
ダブルブレイズで登場したカードですね。
特性のマインドリポートでトラッシュにあるカルネやレッドの挑戦、または先攻初手でぼんぐり職人を山札の1番上に返すことができます。

ミステリートレジャー

2枚採用しています。
手札を減らしつつミュウツーやバリヤードにアクセスすることができるので、とても便利です。

ぼんぐり職人

このデッキの採用枚数は3枚です。
持ってこれるものがネストボール3枚、ハイパーボール4枚と後半に腐りやすいので、4枚採用はしてません。

カルネ

ピン刺しです。
2枚あっても良いかな、と思う場面はありますが、ミュウツーの登場で使いまわせることができるようになったので1枚での採用です。

サカキの追放

同じくピン刺しです。
場に出しすぎてしまったヤレユータンやミュウツー、役目を終えたマッシブーン、カミツルギなどをトラッシュしてベンチの枠を増やすことが出来るカードです。
トラッシュした後にタンカでミュウツーをまた出すことが出来るので、かなり重宝してます。

レッドの挑戦

2枚採用をしています。
5、6枚目のハイパーボールとなり、更にはエネをサーチすることもできます。
ミュウツーで使い回すことも出来、とても使い勝手の良いカードです。

グラジオ

ピン刺しです。
サイドに落ちているエネルギーやポケモン、ボール類を回収して手札を減らすことができます。
また、このデッキはピン刺し採用が多いので、その点でもとても活躍してくれます。

その他、採用理由をよく聞かれるカード

オクタン

環境を意識したカードです。
メタモンから進化することが出来、ハチマキを付けた状態でカウンターエネルギーをトラッシュすることで150ダメージを叩き出せます。
つまり、レシラム&リザードンのワンパン要員です。

イリマ

誰もが持っているであろうスターターのお供のドローカード。
残りの手札がグランブル、グランブル、マグカルゴ…といった消費できない時に発動することで、かなり有利な状況に持っていけます。
ジャッジマンではない理由は、ハイパーボールで消費したり采配で調整しやすい奇数枚に減らせることと、個人的な趣味からです。

不採用のカード、その理由

スーパーボール

最初は入れていましたが不確定要素が多く、あってもなくても変わらないので不採用です。

ロストミキサー

スーパーボールと同じく、使い勝手が悪いため、不採用です。

ワンダーラビリンス◇

基本的にはグランブルで攻撃しますが、オクタンやマッシブーン、場合によってはミュウなどが攻撃できなくなるため、不採用です。

デッキの立ち回り、回し方

ここまで長々とカードの説明をさせていただきましたが…ここでようやく本題のデッキの回し方について、です。

まず、肝心な初手。

ぼんぐり職人が手札にある場合

ぼんぐり職人が手札にある場合は、まずネストボール、ハイパーボールを持ってきます。

手札に既にハイパーボールがある場合や、消費できそうな手札であればネストボール2枚でOKです。

山札を確認しつつ持ってきたボールでヤレユータン、マグマッグを立てます。(ここで、各ボールの数とエネルギー、レスキュータンカの枚数を数えておくと尚良しです。)

理想の盤面はブルー、マグマッグ、ヤレユータン、メタモンです。
初手に采配を使う事ができれば、次のターンはかなり安定して進めることができます。

ぼんぐり職人が手札にない場合

手札にあるボール類で理想の盤面を整えていきます。
手札にもよりますが、こちらも初手で采配を使えるぐらいまで手札を減らすことが出来れば言うことなしです。

2.このターンからは積極的に攻撃していきます。
マグカルゴとグランブルを同時に立てることが出来ればかなり安定しますが、最優先はグランブルで。
最悪マグカルゴは捨てても大丈夫です。

中盤は

・グランブルでひたすら攻撃、倒されそうなターンにはじならしかマインドリポートでカルネをトップに固定しておくこと。
・ベンチ管理をしっかりして、ベンチに4体並べた時点からサカキの追放を意識すること。
・手札が事故を起こしていたりした場合は、無理矢理にでも手札を削って攻撃の手をとめないこと(最悪カルネで回収できます。)

です。
グランブル、ブルーは場に常に2体、残りはマグカルゴ、ヤレユータン、ミュウツーですね
マグカルゴとヤレユータンは1体ずついれば十分戦えます。

終盤は

・戒めの祠、こだわりハチマキなどを含めてどれほどのダメージを与えられるか
・相手が一気に2枚以上サイドを取る術を持っているか
・相手の手札の枚数、消費したグズマの数を意識(2枚使っていれば、もうほぼないと思っても大丈夫です。)
・山札のエネルギーの数を意識

です。
エネルギーは基本エネルギーが4枚、ユニットエネルギーとレインボーエネルギーが1枚ずつの計6枚(カウンターエネルギーは除外)しか入っていないので、サイドに何枚落ちたか、トラッシュに何枚あるかを数えましょう。

相手次第ですが、ここをしっかりと意識していれば終盤も有利に進めることができます。

デッキが上手く回らない時

初手にぼんぐり職人が手札にない
場が埋まってしまっている
手札にカルネがあり、切りたくない

と、トラブルはよく起こります。
そういう時は、レッドの挑戦などで無理矢理にでも手札を消費して下さい。
なんならサポートはミュウツーで使いまわせるので、優先的に切ってもらっても大丈夫です。

場が埋まっている場合は、サカキの追放をすぐに持ってきましょう。
先程も述べましたが、ヤレユータンとマグカルゴを2体も立てる必要はほとんどありません。

環境に対して

ダブルブレイズ以降、レシラム&リザードンや非GXズガドーン、ねこびより、ギラティナデスカーンをよく見るようになりました。

これらに対しては、大体強く出ることができます。
最近増えてきているジュゴンに対しても、メタモン◇以外はベンチにいる限り、1発は耐えることができます。
ミュウも出しておけばほとんど怖くありません。

非GXデッキという性質上、よっぽどひどい事故さえ起こさなければサイドレースに遅れを取ることはほとんどないので、挫けずに粘りましょう。
困った時はイリマで相手の事故を誘発しつつお茶を濁す、といった感じで。

バトルでの使用感

よく見られるデッキとして、レシラム&リザードンGXはオクタンでほぼ確実に一体落とせるので、全く恐れず相手をすることが出来ました。

その他にも水バレットやルガゾロ、ギラティナデスカーンに対しても恐れることなく立ち回ることができました。

当たって辛かったデッキは
・エンニュート型ではないLO、HAND
・ベトベトンタッグ
の2種類です。

まず、エンニュート型ではないLO、HANDについて。
レジギガスが倒せません。
どう足掻いても最高160ダメージしか出せず、一撃で倒すことができません。
その間にグズマやカウンターキャッチャーを使用され、入れ替える手段がなくなり負けます。

次に、ベトベトンタッグについて。
毒で倒されるため、カルネが使い物にならなくなります。
それによってトラッシュからリソースを得ることが出来なくなり、ジリ貧のまま負けます。
こちらはプレイングによってなんとかすることは出来ますが、正直かなり辛いです。

まとめ

このように色々語ってきましたが、このデッキにはまだ色々とカスタマイズできる点があります!
私の使いやすいようにイリマやオクタンなどが入っていますが、その辺りを変えることで、また自分だけの新しい形のデッキへとなるでしょう……!!

メタモン以外のパーツは割と安価で組みやすいので、ぜひ組んでみてはいかがでしょうか?
そして、「スッカラカン、160点で!」と言いましょう(笑)

ご拝読、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事