ポケモンカードニュース.com

今回は新弾バトルにチャーレム道場デッキで見事優勝したおいかつお選手にデッキレシピの解説をしていただきました。

非GXながらも格闘道場+くろおび+1エネ+ディアンシーで180ダメージの高火力を出すデッキをぜひチェックしてみてください。ククイを追加すればさらなる200点もみれる所も非常に優秀ですね。

チャーレム+格闘道場+くろおびデッキ【新弾バトル優勝・おいかつお選手解説】

おいかつおと申します!
主に大阪でポケカをプレイしてる者です。
今回、ジージーエンド環境下での新弾バトルにて発売前から使おうと決めていたチャーレムで優勝することができたので記事を書く機会を頂けました。
よろしくお願いします。

チャーレム道場デッキレシピ


【デッキコード】xGcxYJ-xW4332-x4DK4c

スポンサーリンク

デッキコンセプトの解説

自分のサイドが相手より多い時に効果が発揮される格闘道場とくろおび、さらにチャーレムは黒帯が付いてる場合闘エネルギー1枚で「たつじんのいちげき」を打つことができます。

これにより最低でも120点、ディアンシー込みで140点、格闘道場がありサイド数が相手より多いもしくは同じであれば150点、負けていれば180点まで出すことができるので大概のたねポケモン、進化ポケモンはワンパンで倒すことが可能となってます。
条件付きとは言え、1エネでサポート(ククイ博士)無しでも180点出せる訳ですから弱いわけないですよね笑

スポンサーリンク

キーカードの採用理由と使い方

チャーレム


このデッキの主役
サイドが負けてる状態なら闘エネルギー+くろおび+格闘道場+ディアンシーで180点まで出せます。
筆者は使いませんでしたが、「ヨガパワー」でダメカンをバラまく動きも可能

ランドロス


サブアタッカーその1
どこでも最低30点与えれる「ちょくげきだん」と後ろにエネを移しながら攻撃できる「パワーサイクロン」が強力です。序盤から使いたいので3積み

マーシャドー&カイリキーGX


サブアタッカーその2
前のターンでポケモンが気絶したら最低でも120点出せる「リベンジ」でサイドレースに食らい付くことが可能。
最初に出たとしても高体力+高火力による場荒らしとサイド3枚取られることにより黒帯や格闘道場の効果を能動的に発動できる点が採用理由です。

ジラーチ


トレーナーズを引っ張ってくる為に採用その1。トレーナーズならなんでも手札に加えれるから採用しない理由がないです。

マサキの解析


トレーナーズを引っ張ってくる為に採用その2。ジラーチとの違いはサポ権を使う代わりにトレーナーズならなんでも2枚手札に加えれる点です。

格闘道場

闘タイプの闘タイプによる闘タイプの為のスタジアム
サイド負けている時に+40はもちろん、サイドが負けていなくても+10は優秀

くろおび


闘タイプ版カウンターゲイン
基本チャーレムに使うが、状況によってはランドロスやマーシャドー&カイリキーにも使えるため4枚採用。
但しサイドが負けてる時にしか効果が出ないので注意

ぼうけんのカバン


ジラーチやマサキの解析でサーチできればポケモンの道具2つになる点とノーコストでデッキの中を見れる点が強み

ククイ博士


+20点に注目。
これによりチャーレムで出せる火力が最大200点になるのでウルトラネクロズマやルガルガンを倒せるようになるため採用

採用検討・不採用カードに関して

バルキー
先行1ターン目でダメージを与えれる可能性がある、逃げエネが0、簡単にやられやすいことから最初は採用していたが、闘エネルギーを増やした方がいいと思ったため不採用

ムウマ+ムウマージ+闇の石+ブルーの探索
能動的にサイドを相手より多くできること、初ターンから使えること、ドロソとして考えたが、特性が場にあると使えないことから不採用
ジラーチやディアンシーを抜くならこのギミックはありかもしれない

カウンターエネルギー
サイドが負けてる時に2個分のどんなエネルギーにもなる点は優秀だが、格闘道場に対応してなかったため不採用

フィールドブロア
フェアリーチャームやフラダリラボを見るなら採用しても良かったがスペースが作れなかったため不採用。
1枚入れてもいいかもしれません。

デッキの回し方

1ターン目でジラーチかランドロスがバトル場にあり且つベンチにアサナンがいるのが理想。
バトル場のポケモンが倒されたら、アサナンをチャーレムに進化させて黒帯を付けて「たつじんのいちげき」で返していきます。
この時にできるだけ格闘道場とディアンシーを立てて置くことがダメージレースで重要になってきます。
1対1交換で最後は相手のGXを倒すか、マーシャドー&カイリキーで後の2体を倒すのが理想ムーブです。

最初にバトルポケモンが倒されなければ、ランドロスやマーシャドー&カイリキーでサイドレースを考えながら相手のポケモンにダメージを与えていきましょう。
いざとなればチャーレムに闘エネルギーを2枚付けて「たつじんのいちげき」で攻撃してもいいです。

このデッキの有利不利について

闘弱点はもちろん、闘抵抗があったとしてもディアンシーで打ち消すことができるため、ほとんどのデッキに対して互角以上に闘えると思います。
ただ、このデッキで勝つことが厳しい状況として

  • サーナイト&ニンフィアTAGTEAMのような高耐久と回復を合わせたデッキ
  • ポケモンの道具とスタジアムをロックできるドンカラスGX
  • ポケモンの道具の効果が無くなるフラダリラボ

が挙げられます。

実際にバトルで使った感想

最初の方はサイドレースに負けてる状態にして最後逆転するのをコンセプトにしてましたが、実際は自分が先に攻撃してサイドレースに勝ってしまうことの方が多かったです。
それでもランドロスの「パワーサイクロン」でベンチにエネを供給しつつ闘えたりするので困ることはありませんでした。
また、相手がサイドレースで勝ってる場合次のターンでチャーレムから1エネで180点飛んでくるためチャーレムが攻撃できなかったとしても相手の行動を抑止する働きはしてくれたかなという印象でした。

まとめ

1エネで高火力が発揮できるチャーレムを皆さんも使ってみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事