三体タッグの三鳥さん

アローラ、紫電です。

スカイレジェンドの看板ポケモンを紹介してなかったので今更ながら紹介します。

ちなみに、好きな伝説の鳥ポケはルギアです。スンマセン!

なお、ここからは名前の長いこのポケモンのことをサントリーといいますので、ご了承下さい。

サントリーの基本スペック

恒例の基本スペック解説です。

タイプとHP

無色のたねポケモンでHP300と最高ライン!

HP300といえば、コイホエことコイキング&ホエルオーGXさんと同じですね。

はい、今『あっちは二体タッグやん』と心の中で言った人はトリニティバーンね。

無色なので弱点をつけることはありませんが、安定した火力は期待できる(はず)

ワザ

無色ポケモンなんだから無色だろ!HAHAHAHA……

炎水雷無 トリニティバーン 210

トリニティバーン

なんだこれは……たまげたなぁ。

って、4エネ(ダブル無色不可能)じゃん。

デメリット一切ナシで210連打が許されるワザとしては革命的ですが、専用構築でしか許されないロマンの波動を感じますね。

まぁ、流石にGXワザは、もうちょっと使いやすいやろ!HAHAHAHA……

無+ スカイレジェンドGX
このポケモンと、ついているすべてのカードを、自分の山札にもどして切る。追加で炎水雷エネルギーが1個ずつついているなら、相手のポケモン3匹に、それぞれ110ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力をそれぞれ計算しない。]

スカイレジェンドGX

Oh……ユニークなGXワザですね。

基本効果追加効果でそれぞれ解説した方が良さそうです。

基本効果は、無色1エネ起動でサントリーWithついてるカード全部を山札に戻すという効果。

これは完全に耐久ループ系のGXワザと言えますね。

HP300と合わせてLO戦略を意識しているのでしょう。

追加効果は、トリニティバーンの発動エネを満たした状態で使うことで、相手のポケモン3匹に各110バラマキ。

110バラマキというのがどうもくせ者ですね。

同じ相手を選べないテキストですから、純粋に相手のベンチに2体並んでないとバトル場含め合計330ダメージが出せません。

また、非GXの1進化ポケモンやよく見るたねポケモンアタッカーは、120-130ラインばかりです。

つまり、アサルトサンダーやブリザードヴェールフリーザー、カラマネロ、ジラーチ辺りしか刺さらないです。

コケコのかいてんひこうなど別のバラマキ手段が無いと真価を発揮しづらいですね。

基本効果と追加効果は、別々の戦略として使うべきでしょう。

弱点と抵抗と逃げ

弱点は……雷タイプ。

HP300……雷弱点……あっ(察し)

ピカゼクのフルドライブでサントリーの焼き鳥が完成します。

そうだ、弱点保険を積もう。

抵抗は闘タイプ。

ピカゼクピカゼクと言われていた時代もいまは昔。

闘タイプはピカゼクメタですら見かけなくなりました。

逃げエネは3。

ムキムキパッドを使わせてくれない。

素で逃げるのはエネ問題的にも苦しいですね。

スポンサーリンク

サントリーの相棒

明らかに弱点としてあげられるのが2つありますね。

1.エネ問題

2.雷弱点問題

この2つをクリアしないことにはサントリーを使うのは非常に厳しいです。

新ビクティニ

新カードであり、公式コンボその1。

ワザ【ビクトリーサイン】でベンチに置いたサントリーへ基本エネを2枚つける。

ワザを使うこと、バトル場に非GXのHP70ポケモンを放置すること、という2つの懸念がありますが、現実的にサントリーを起動できるようにします。

中盤から終盤に、後続=2枚目のサントリーを準備するのには、ちょっと使いにくい(非現実的)なことに注意。

溶接工

公式コンボその2。

トリニティバーンの炎と無の部分を炎2枚にする方向性。

普通に強い。

カプ・コケコ◇

トラッシュにある雷エネルギーをベンチに置いたサントリーにつけてウェイする。

エネルギーつけかえやポケモンいれかえを積んでおいた方が安定する。

レインボーブラシ

加速したエネルギーを無理やり基本エネに変えるグッズ。

3エネ搭載=エネ事故率が高いなので、運のない人、ポーカー苦手な人は差してもさして問題ではない(だじゃれちゃうぞ。)

そんなにいらない。

クレイジーコードポリゴンZ

基本エネなんてなかった。イイネ?

レインボーやらユニットやらを加速しつつ基本エネもちょっと混ぜ混ぜした型なら割とありかもしれない

シルヴァディGX

シルヴァディGXの特性ジャイロユニットで、ビクティニやサントリーの逃げエネを0にすることが出来る。

また、ターボドライブでトラッシュにある基本エネをサントリーにつけることも出来る。

割とシナジーが取れてるので型としては十分だと思ってます。

エネルギー循環装置

炎の結晶+ヒートファクトリー◇だけ積むのではなく、このカードをピン指ししておくことで不意のLOにも対応できるようにします。

割と便利ですよね。

じゃくてんほけん

ピカゼクを許すな

ねがいのバトン

基本エネを使うサントリー最有力候補のどうぐ。

なのだが、フィールドブロアーされた直後にサントリーを倒されると、相手はサイドを3枚取るわ、こちらは立て直し利かないわでジージーエンド。

最有力ではあるけれど、最適ではないポケモンのどうぐ。困ったら入れておきましょう。

ポケモンセンターのお姉さん

かわいい。

LO軸だけでなく、サントリーをメインアタッカーとして使う場合でも重宝します。

サントリーにアセロラやまんたんのくすりを打つと、エネ問題が発生するので、回復手段に彼女を選ぶのはかしこい選択です。

トキワの森

ご存知エネサーチ。

サントリーは炎軸のトレーナーズを生かして戦うデッキが主流になるでしょう。

しかし、だからこそビクティニ以外の水エネと雷エネのケアをしておくべきです。

炎のトレーナーズの皆さま

ビクティニ溶接工軸なら入っていて良いカード。

ただ、炎エネをたくさん入れられない関係から、炎の結晶はあまり搭載しない方が良いだろう。

カキは炎エネを4枚も使うわけではないので入れない方が良いです。

スタジアムがかまどではなくトキワを軸にする方が安定するので、火打石を溶接工と組み合わせるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

サントリーの天敵たち

サントリーでは不利であろうカード達を紹介していきましょう。

雷の皆さま

どうやって勝てばいいんだ……

LOの皆さま

お、おぉぉおん。

HP210以上のポケモン

2パン同士の戦いは、先手をとった方が有利です。

しかし、サントリーは用意するカードがちょっぴり多いので先手を取りにくいです。

また、バトンなどのケアがなければ後続が立ちにくいことも不利ぎみである理由です。

打点300を叩き出すポケモン

……ウルネク、きみだよ。

まとめ

何だかんだと言いましたが、耐久に関してはやはり天下一品です。

弱点とエネルギー問題、そしてバトル場に居続けるためのダメカンケアの手段を豊富に揃えることで、居座り型のアタッカーとして活躍してくれます。

ユニークなGXワザも、ダメカンを受けるだけ受けてトンズラすると考えたら割と強いように感じます。

つまり、限界までダメカンを受ける→GXワザ→後続を投げるというコンボです。

ピーキーな分、扱えれば看板ポケモンとして十分に活躍してくれるでしょう。

それでは今日はこの辺で。サラダバー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事