ハウとリーリエの再録が止まらない

ポケモンカードゲームにおいて再録は過去カードが使えるようになったり、強力なカードが手に貼りやすくなったりといいことが多いのが基本である。

 

しかしながら、サンムーンシリーズに入ってから妙に再録が目立つカードがいくつかある。

 

今回は再録同じカード多すぎ問題について考えて行く。

サポート編

まずはサポートの再録について考える。

 

圧倒的に何回も再録されているカードはハウ・リーリエでしょう。

 

リーリエに関しては初期は初手で8枚まで引け、SRはかわいいと非常に評判の高いカードであった。

 

しかしながら、ひたすら再録を続けノーマルカードのリーリエは市場で飽和した。途中でがんばリーリエの姿のカードも登場したがこちらも再録がすすみ飽和していきました。

 

ハウに関してはポケモンカード伝統の3枚引くカードです。BWではイケメンチェレン、XYではダンスデ○ことティエルノとして登場したカードです。

 

どちらも再録されまくっていましたが、基本は構築済みデッキへの封入であったため、拡張パックのアンコモン枠を潰しませでした。

 

はうに関してはパックに収録されるので問題ありのカードです。もういらないと言っていましたが、最近になって覚醒ハウのイラストに変わりました。

スポンサーリンク

サポートにグズマ、シロナは再録できないの?

ハウの再録枠をシロナやグズマに変更すればカードの需給が調整でき多くのプレイヤーが満足できる環境になると思う人は少なくないでしょう。

 

クリーチャーズの過去パックを売りたいという気持ちもわかりますが、シロナ・グズマの解放を進めても良いかもしれません。そもそも以前の構築済みにはプラターヌ博士・N・フラダリといった環境サポート入ってましたし。。。

スポンサーリンク

グッズ編

グッズに関してはサンムーンシリーズの多くのパックでハイパーボール、ふしぎなアメ、こだわりハチマキが再録され続けています。

 

こだわりハチマキに関しては当初強化拡張パックのミラーのみで一枚500円ほどで取引される高価なカードでしたが、再録が進み現在は100円を切ることも珍しくありません。

 

しかしながら、あまりに毎回再録され続けることも問題です。鉄のフライパンやビーストリングそしてミステリートレジャーといった強力なグッズもそろそろ再録をし始めても良い気がします。

 

ウルトラシャイニーではグッズ・サポート枠を3枚分ぐらい大盤振る舞いして再録に励んでもらいたいですね。頼むからウルトラシャイニーに今回紹介したリーリエ、ハウ、ハイパーボール、ふしぎなアメ、こだわりハチマキの収録は控えて欲しいですね。

 

ウルトラシャイニーには現在のところグズマ・シロナの新規SRの再録は決まっているとのリーク情報があります。ウルトラシャイニーの最新情報はコチラをチェック!!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事