衝撃的な新シーズン幕開け!!

2019年の新レギュレーションを占うチャンピオンズリーグ東京が終結しました。

 

結果としてはヒラノ選手のギラティナカラマネロバレットデッキが優勝しましたが、群雄割拠の環境であり今後も考察が続きそう印象を受けました。

 

新レギュレーションになり特性が強くなった反面、ドローサポートが弱くなりサポートカードがはっきりと決まっていないという問題があります。

 

今回はチャンピオンズリーグ東京で明らかになったサポート事情を考察していきます。

方法

チャンピオンズリーグ東京のトップデッキのサポートの内容を確認し採用枚数を計算します。

 

現在公開されているデッキは優勝者のみですので随時更新をおこなっていきます。

スポンサーリンク

結果

現在公式に発表されているデッキレシピはそれぞれのリーグのトップ1位ですので情報が少ないですが、公式の発表・新たな公開に伴い情報は随時更新させていただきます。

評判からわかっていたことですがグズマ・シロナの採用枚数が非常に多い

グズマ グズマは対戦の積みの段階で効果を発揮する強力なカードです。バトルサーチャーがあった旧レギュレーションとは異なり手札から使う必要があるため多めの平均3枚の採用となりました。サイド落ちやバトル中に終盤に手札に入れておくための採用です。

シロナ 平均3.5枚とすべてのデッキに3~4枚導入されるカードであることがわかります。山札に戻して6枚ドローなのでデッキ圧縮が非常に盛んであった本大会でも引きたいカードを引けるカードになってきたと言えます。前予想通りのキングオブドローソースだと言えます。

 

リーリエは大躍進です!!

リーリエ リーリエは初手ならば8枚まで手札を補充することができる強いカードです。旧レギュレーションではプラターヌ博士という万能で強力なカードが存在したため採用率は低めでしたが、新レギュレーションでのトップデッキにおいて平均で2枚も採用されるカードであることがわかりました。ノーマルカードは非常に安く手に入るカードですが、SRは二種類とも非常に高騰しています。今回デッキの必須サポートとして認識されればさらなる高騰を起こす可能性を秘めています。トッププレイヤーたちの間でもばらつきはありますが好みで分かれそうです。

 

ジャッジマン ジャッジマンは相手の手札に干渉できる新レギュレーションでは数少ないサポートの一枚です。急レギュレーションではNが相手の手札に干渉するカードとして非常に重宝されていましたが今大会では0.33枚と非常に少なくなっています。ドローできる枚数が4枚であるためお互いあまり負担にならないところが採用率の低下に繋がったかもしれません。また、非常に特性が強い環境であり相手の妨害を行うよりも自分のデッキを回すことに力を入れることが結果として勝利に近くというトッププレイヤーの判断だと言えるでしょう。

 

ピン挿しサポートの激減!!

旧レギュレーションではバトルサーチャーの存在もあり一枚デッキに入れておきここぞという時にサーチャーを使って使うという動きができたためアセロラの汎用性が高い状態でした。

しかしながら新レギュレーションでは使いたい時に使えない問題が発生るす可能性からかアセロラの採用が非常に下がっていることがわかりました。(ピン挿しの定番だったオカルトマニアはレギュ落ちしたのでピン挿しサポート自体が少なくなっています)

とは言え、ピン挿しのドローサポートにそれぞれのプレイヤーの研究の成果が出ており優劣がつけがたい城田であると言えます。

また、カキ、デンジ、ルチア、プルメリ等ここぞというところでピンポイントで仕事をするサポートは最低限の採用としてデッキに入っているようなのでデッキタイプと作者の思い次第なのではないかと思われます。

スポンサーリンク

考察

シロナグズマに関しては予想された通りの結果でした。この二枚に関しては現在入手難易度・値段が上がっておりウルトラシャイニー及びプレミアムトレーナーボックスでどこまでプレイヤーの手に届くかが木になるところです。

 

一方でリーリエの採用が目立ったことが驚きです。旧レギュレーションではあまり採用が見られませんでしたが、新レギュレーションの必須カードになりそうです。すでにイラストアドから高騰中ですが今後も高止まりするかもしれません。

 

ジャッジマンは新レギュレーションのNになるのではという予想でしたが、本大会での採用率は現在のところ高くはないようです。

 

この記事は随時更新を行います。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事